パトリツィア Patrizier

IMG_1651.jpg

パトリツィア Patrizier、Amigo、S.Schacht、2-5人、10+、45分

 最近のシャハトさんのゲームです。
 プレイ後の感想を先に書くと、「これ、なんでAmigoから出てるんだろうね?」 ってことです。Abacusから出ていれば全く違和感がなかったものを。

 ゲームジャンルは陣取りに入ると思います。
 ボードには8つ程度の場所があり、カードにその場所が書かれています。
 そして手番にはカードをプレイし、対応した場所に自分のタイルを置きます。補充は買う場所にカード置き場があり、表を向いて補充用カードが1枚だけ置いてあります。取られたたら山札から補充されます。
 まあ、つまりは陣取りで多数を取りたいんだけど、補充もしっかり考えてプレイしなければならないということです。
 さらにはプレイするカードに全て1つ特殊効果が書かれています。さらにコマを1つ配置できたり、好きな場所から補充できたり、もう一つの得点源となる貴族がかかれていたり。
 それらを操りながら得点を上げます。

 このゲームの酷く感心したところは、一番重要なのは「補充だった」 ということでしょうか。このゲーム、山札を使い切ったらゲームが終了します。つまり、山札分しかプレイできないということです。シャッフルが無いんです。カードは一期一会なんです(そんなにすごいものなのか)
 これ、かなり大事です。
 もちろん、自分と競い合っているプレイヤーとのカウンティング要素もあるのですが、それ以上に「限られた回数のプレイ」 の中で、それを実行できるというウェイトが非常に大きい。
 例えば陣取りなんだから8つ全てではなく3つ~4つほどへ目標を絞るとします。ただ、それでは補充がよほどうまくいかない限り、固めることは出来ません。それをさらにプレイ回数が限られている中で行うのですが、自然と補充の重要さが増します。
 そういった点が非常に良くできているなと感心させられるところです。

 とまあ、ほめてはいるのですが、1点。
 派手さが足りない…… キースリングさんでも手を貸してくれないものだろうか とか言っていた人もいたり(笑)

スポンサーサイト

マ・ニ・キ Ma Ni Ki

IMG_1648.jpg

「マ・ニ・キ」 Ma Ni Ki、Dominique Ehrhard、1-10人、8+、20分

 キ・キ・ロとか謎な言葉を発するゲーム。いや、パズルゲームなんですけどね。
 テーブルの中心にボードを置きます。ボードには2つの台が書いてあって、そこに木で作られた動物コマ(かわいいと思います) が置かれています。
 そして、ボードの横にはそれらのコマを動かすために発しなければいけない言葉と共に図があります。例えば右の台にいる一番上のコマを左の台に移すには「ロ」といいます。同様に「マ」、「二」、「キ」等があります。
 分かってきたかと思いますが、ラウンドの最初にお題カードがめくられ、それと同じように動物を言葉だけで移動させます。誰かが言葉を発した後、それの検証に移ります。
 正解していればタイルをもらえますし、不正解ならもらえません。

 このゲーム、慣れてくると同じような言葉続くのが減点される原因ではないでしょうか。その辺がゲーマーにとってマイナス要素なんだと思います。かといって子供にこのゲームは若干難しく、飽きられやすそうなイメージもあります。
 そういう意味で、ゲーマーは何らかの追加制限を、子供にはもうちょっと分かりやすくといった処置が必要かもしれません。パズルでかわいいのがいいのですが、ちょっと場が小さすぎたのかも。
 ま、ごちゃごちゃしていたらそりゃ、もうゲーマー専用になってしまうんですけどね。うーむ。

ブロックスデュオ Blokus Duo

IMG_1645.jpg

「ブロックスデュオ」 Blokus Duo、Sekkoia, Beverly、2人、7+、15分

 あのブロックス。なんかとうとう発売されたそうですね。ばかでっかいやつ。イベント用にほしいぐらいでしょうか(笑)
 さて、こちらはそれを縮小化して2人用にまとめたゲームです。
 ブロックスからの主な変更点は、1.開始位置が端っこじゃない。2人用に新たに作ったのでタイルのサイズが違う ってところでしょうか。
 まあ、このゲーム自体懐が異常に広くて、ちょっと変えるだけ(例えば開始位置) でかなり異なったテイストがあるのでその辺りをうまく利用した変更ではないでしょうか。
 今回はプラッツで2人用アブストラクト好きといえばこの人というほむさんと対戦。実を言えば単なる時間合わせだった訳ですが。
 結果はぎりぎり勝利。やはりこのゲーム、慣れた人ほど笑って絶望を味あわせてくれる手を打ってきます。その辺がやはり楽しいのですが。
 ブロックスは大きいからパス(置くところがないからとかであると思います) という方にはお勧めです。時間あわせとかでもプレイできますからそういう意味でサークル向きっぽいですが。

食器洗いゲーム

IMG_1644.jpg

「食器洗いゲーム」 4人

 一部では伝説のゲームですね。英語版…だっけ? あれってほとんど存在しないそうで。
 んで、こちらはフランス版。こちらはそこそこあるようで。って、日本に10個ぐらいってそこそこなのだろうか?(もう感覚が……)

 ゲームは非常に単純なんですが、いろんなジレンマがあってこうだったらあーでとか、カウンティングとか非常に悩ましく出来ます。悩ましいのが腰のラインとかどうとかいう話ではなくて。
 概要ですが…… とうーん、このレポート内の概要ってもう少し詳しく書くべきなんでしょうか。ルールが細かいところまで分からないようにわざと適当に書くことが多いんですが、分かりにくいだけかなぁとかとか。ふーむ。
 タイルには両面に皿の絵が書かれていて、表にはディナー(メインディッシュとかワインとか)、もう片方にはそれを食べた後の汚れた皿が描かれています。汚れた皿のほうには皿に四色のいずれかの色がついてます。
 これは全部で6種類4セットあって、表を向けられた状態で各プレイヤーに1セットだけ配られます。
 色は分からないように混ぜられた状態です。

 その後、各プレイヤーは手番時に 自分のタイルを裏向ける もしくは 自分の裏向けたタイルを同じ色・種類のタイルの上に乗せる を行います。こうして、自分の前から食器をなくして行き、最初になくなったプレイヤーが出た時点で終了。手元にあるタイルの枚数がマイナス点になります。翻訳されたルールには複数回の明記・減点などはありませんが、ものすごくあっさり終わってしまうので、何回かプレイして総合点を比べたほうが面白いと思います。

 さて、展開は簡単なので省略しますが(負けました↓)、戦略・手法等ボードゲーム特有のテクニックをいくつも秘めています。
 1つは簡単にカウンティング。各種類どんな色が残っていたかを気にすることは非常に重要です。んが、皿は複数種類あるのですが、似た形なので非常にだまされます(苦笑)
 もう一つはいつどの皿をどの上に載せるか ということ。カウンティングにも繋がるのですが、今これを何も考えず対戦相手に置いたら、自分に必ず帰ってくるだとかそういう場を読む能力も求められます。

 非常に単純な中にさまざまな要素が含まれているゲームです。ただ、KOSMOSのホーラムロマナムよろしく悩まない人にはつまらないゲームだと思います。そういう意味でゲーマーズゲームだと思います。

ゼロの恐怖 Null & nichtig

048.jpg

ゼロの恐怖 Null & nichtig、Amigo、R.Stockhausen、3-5人、8+、30分

 トリックアンドテイクの怖さを表現したゲーム。
 そう、「トリックを取らされる」怖さを。

 カードは配りきりです。多分。人数分だったかも?
 カードは0が2枚、10が2枚で、後は1-9の数字のカードが6色分?あります(記憶があいまい)
 後はメイフォローのトリックテイキングです。メイフォローなので非常に「取りやすく」、「取られやすく」出来ています。
 そういうわけなので「取らされてなるものか」とどっきどきです。特に「お、儲け」 と思ってトリックを取ったが最後、周りがにやりと笑います。リーダーはカードを取らされやすいんですよ(苦笑) 0も多いから、0リードで取らされることもあるしね(ニヤリ)

 そういう訳でタイトル通り「0が恐怖」です。

 ひえーとか言いながらプレイしてました。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告