ハッピードッグ Happy dog

IMG_0435.jpg

「ハッピードッグ」 Happy dog、Gakken、A.R.Moon作、2-5人、8歳以上、30分

 レビュー書いたと思っていたら書いていなかったゲームなのでご紹介。
 今でもたまにプレイしては楽しんでます。

 さて、このゲームは学研から出たアラン・R・ムーンのゲームということで、ゲームファンの間では一躍有名になったゲームです。あと学研のゲームが非常に注目され始めたのもこの辺かもしれません。もっと前から見てた人は見てたと思いますが、見ているだけの人が圧倒的に多かったという事実はあるのでは無いでしょうか。

 ゲームの概要は、バトルラインのようにライン毎に狛犬チップ(かわいい)が置いてあり、それを獲得することを目指します。あ、このルールは2-3人ルールで、4人ルールは得点となります。
 うちはこの狛犬チップを集めるルールの方が好きなのでそちらをご紹介。4人ルールはどこかで見てもらうとしましょう(というか、ここを見ている人に取ってはそっちの方が知っているのかな?)

 各プレイヤー同じカードデッキを持ちます。1-9の各数字1~2枚ずつ+特殊カード3種類です。
 それらをよく混ぜ、左プレイヤーに渡して、渡されたデックがそのプレイヤーの色となります。ドイツゲームの基本がこの辺からにじみ出ています(笑)
 場には狛犬チップの下に1、2、3… と1枚ずつカードが置かれています。

 手番プレイヤーは配置制限に従い、手札を1枚場にプレイして、自分のデックからカードを1枚引きます。こうして、全てのプレイヤーのデックが無くなるまで続けます。あ、デックから最初に数枚抜いた気がする(よく覚えてません 汗)
 配置制限は簡単。場に置いてある各列の一番上のカードにカードを配置するのですが、その一番上の1つ上か下の数字のカード、もしくは特殊カードしか配置出来ません。
 そして、どうしたら狛犬チップを取れるかというと、ゲーム終了時に各列で得点チェックを行います。そこに出されている数字の合計が最も多いプレイヤーが狛犬チップをもらえるってことです。
 こうして、もっとも狛犬チップを集めたプレイヤーが勝者となります。

 ちなみに特殊カードもドイツらしさがあって、すでにプレイしたカードの回収や、オールマイティーの「ような」カードといった感じです。プレイ感からは日本ゲームのニオイが全くしません(笑) さすが。

 さて、こういう刃一ゲームなので、手番順の有利不利があるかと思いきや、あんまり感じません。それもこれも、±1違う数字を置かなければならない制限が非常に効いているのです。あそこ置きたい~ けど置けない~ って感じです。

 個人的には学研のあのシリーズ(頭の良くなるシリーズ?) では飛び抜けて出荷されているのではないかと思います。だって、結構な数のゲーマー、このゲーム持ってません?
 特にゲーム内容も面白いですし。

 余談にはなりますが、海外のどっかのレビューで「何故日本でしか売ってないんだ!」 と書かれていたり。うらやましーだろー(ここで言ってもしかたないだろう(苦笑))

 ちなみにこのゲームはうちも結構気に入ってまして、3人でゲームする時なんかは重宝してます。3人ゲームで面白いの、結構増えたよなぁ。

スポンサーサイト

羊パニック Shear Panic

IMG_0431.jpg

「羊パニック」 Shear Panic、Mayfair Games、Gordon Lamont、Fraser Lamont作、3-4人、30分、8歳以上

 この時はプレイしていないのですが、後日別の場所でプレイする機会が出来たので、それをあわせたレポートをば。

 概要は、「ガチパズル」。ガチをこうやってこう合わせて…… はい、説明します(自分のボケ投げやがった)
 ボードはありません。その代わり、陶器製の良くできた羊コマが4色×2つずつと黒い羊、後形が違う雄羊コマ、刈りバサミコマがあります。後は各プレイヤーにアクションボード(12種類書かれていますが、アクションは大きく5種類)、スコアトラック兼ラウンドトラックボードがあります。後、各プレイヤー 12個のディスクを持っています。

 手番の進行は簡単です。
 スタートプレイヤーから順に手元にあるパーソナルボードのアクションを1つ行って、そこにディスクを置く。もちろん、ディスクの置かれているアクションは二度とプレイ出来ません。というか、全てのアクションを行う前にゲームが終了します。アクションを行うと、そのアクションに応じてラウンドコマが移動します。ラウンドコマがある一定まで来ると次のラウンドという形でゲームが進行し、終了します。
 で、ゲームの目的は前述したようにスコアトラックがある=得点を競います。ただし、ゲームは4つのラウンドに分かれています。ラウンド毎に得点方法が違うんですね。
 1つ目は黒い羊に注目。手番終了時に自分の羊コマがその黒い羊に隣接していたら得点が入ります。
 2つ目は雄羊コマを縦横四方で羊コマが向いている方に置きます。この雄羊コマは言ってしまえば「及川光博」みたいな王子様で、プレイヤーの羊コマである雌羊達は「及川」を追いかけます(ファンの方がこれを読んでいたら本当にごめんなさい) ラウンドコマがある一定まで来た時に決算があり、近いとより点数が高くなります。
 3つ目が…… 覚えてないぞ(汗) 自分のコマ同士だっけ? 近いと得点が入るかもしれません(信じないでください)
 4つ目が刈りバサミを持った羊コマが「及川」コマのように配置されるので、出来るだけ遠い方が得点が入ります。

 ざっとこんなところです。移動については……押し出しとかまあ、そんな感じ。ダイナミックな動きが見れるので色々出来そうで色々難しい感じと思ってもらえればいいです。

 とここで疑問に思うかもしれません。
 「群れが分断されたり、接さなくなった羊が出たらどーするの?」

 ご心配なく。はぐれた羊は羊ランダム移動ダイス(今勝手にネーミング)や斜めで接していれば、縦か横になるように手番プレイヤーが決めるというルールで補われています。まあ、そのランダム移動ダイスに若干の仕掛けがありますが(苦笑)

 ゲームの見所はその良くできた羊コマと非常にかわいいイラストです。その見た目のかわいさと裏腹にガチなゲームに仕上がっているところから元々発売していたドイツのゲームメーカーの根性が伺えます。
 や、ガチ過ぎですから(汗)

 後、若干得点計算前のプレイヤーが非常に有利な感じもしました。
 とはいえ、最初10点差以上差を付けられていたうちが、最後にはトップと3点差ぐらいまで追い上げられたのですから、結構バランスはしっかりしているのかもしれません。
 1プレイが命取り……とは直結はしませんが、若干アメリカゲームナイズな動きを示すコマに動揺する場合も考えられます(苦笑) その辺はコマのかわいさで許して上げましょう(笑)

 しっかし、ドイツはこんなゲームまで量産してしまうのか……すげぇ。

古代 Antike

IMG_0438.jpg

「古代」 Antike、Eggert Spiele、M.Gerdts作、2-6人、12歳以上、120分

 まんまウォーゲーム という噂は聞いていたんですが、「二時間で終わる」 というふれ込みでレッツプレイです。
 先に感想を書くと「ウォーゲームじゃないなぁ。激しい陣取り?」 と言った感じ。好きな人は好きかもしれませんが、うちは微妙。期待感が大きかったのもありますけどね(手番の処理がすごい魅力的だったんで)

 さて、概要。書いた通りウォーゲームライク。
 各プレイヤーはスタート位置として、3つのエリアを占領しています。
 各エリアにはその地域で取れる産物(ゲーム中合計3種類しかありませんが)が書かれています。そして、写真手前に見えるラウンドテーブルがあります。自分の色のコマを1-3移動させて、そこにあるアクションを行い、自分の陣地を広げていきます。広げるのが目的じゃないけど(苦笑)

 順番に説明。ラウンドテーブルの効果は大きく3つ。1つは収入。各エリアに沿った収入を得ます。ただし、1種類毎マスが違うので、「今ほしい」ものを優先させたいところが移動の制限(お金を払えばより移動出来ますが)によりあまり叶わず、といった感じ。
 2つ目は生産。生産出来る物は白いチップを使って、生産量・キャパシティを上げる「神殿」、人コマ、船コマで表される「軍隊」、ゴールドを使って得られる「技術」です。技術については後述です。
 最後に軍隊の移動。移動力は「各コマ1つずつ」です。
 そして、ターンの最後に軍隊のいる場所を占領することが出来ます。もちろん、他の軍隊がいたり、領地だったりすると戦争になるのですが。

 その戦争ですが、すごい処理が簡単。
 同数の軍隊を取り除き、占領チップも1つの軍隊と数える と言った感じ。足し算、引き算です(苦笑)

 さてさて、最後に回していますが、「勝利条件」です。
 これについては、複数の方法がありますが、基本的に「得点カードを規定点数まで集める」ことになります。
 1つはエリアボーナス。エリアがある一定の数毎に1枚得点カードをもらえます。
 次に海軍ボーナス。海沿いのエリアが規定数になれば、得点カードをもらえます。
 で、おいといた技術ボーナス。これはボードの右上にある技術チャートを使用します。
 といってもお金を払って、自分に特殊ボーナスを付与する物。領地の防御力を1上げたり、軍隊の移動力を1つ上げたり、まあそんな感じ。この時、最初にその技術を得るプレイヤーのみ倍のお金がかかるのですが、おまけとして得点カードを得られます。これも勝利条件に近づく一歩なのです。
 後は、他のプレイヤーの神殿壊したボーナスとかもあります。

 ルールはざっとこれくらい。細かいルールはありますが。あとわざとピンポイントでルールを書いていませんが、大きなものでは無いので(展開としては大きいですが、概要としてはあまり大きくないかなと)

 ゲームもそう言う風にデザインされているのですが、全員序盤は、自国開発に。
 最後辺り、取れる得点カードが無くなって、神殿を壊すために戦争が始まるといった展開になります。
 序盤、領地を広げる組と神殿を建てまくって、生産効率を上げるグループに分かれました。まあ、案の定、中心にスタートエリアがあるプレイヤーが非常に辛そうでしたが、この辺のバランスは考えられているんでしょうかね(汗)

 うちの戦略としては壊しにくい領地で、壊してもメリットのない領地を作ることでした。
 どういうことかと言えば、「先行で領地を押さえまくりながら、神殿を一切建てない。さらに領地の防御力を優先的に上げる」といった風です。

 プレイ感として、今思えば結構スピード感のあるゲームだと思います。他の国よりもいち早く、領地を広げ、技術を向上させ、好きあらば無理矢理にでも神殿を破壊してしまう。

 そうやっていち早く規定点数をかき集めると言った感じになります。正直戦争を仕掛けられようが構うことじゃないです。1つの領地よりも、1つの得点カードなのです。
 そういう集中をしているといつの間にかウォーゲームらしさは何処へやら。ドイツゲームらしくなってきてました。

 最後に1手番差で負けたんですが、これはうちの見誤りで、ラウンドテーブルの関係上、明らかに狙い目な神殿があったにもかかわらず、軍隊の招集をしていなかったということがありました。ひーん。
 一度やると色々な戦略が見えてきます。後一度ぐらいはしてみたいかな。今度は最初っからぶっとばしていきたい! というか、多分それが楽しそうだぞっと。

五番街 Fifth Avenue

IMG_0434.jpg

「五番街」 Fifth Avenue、Alea、W.Manz作、2-4人、12歳以上、120分

 回りから諭されること十数回、漸くプレイ出来ました。「プレイしたんだ」 とか言わない(苦笑)
 最近のAleaのゲームで「無かったこと」にされている感もある五番街です。

 概要は…… なんだろう。えーと、5番街というアメリカの都市の再開発なのかな。ここまで聞くとチャイナタウンとテーマは一緒。
 ただ、ルールは全く違います。しかも説明しにくい(汗)

 ゲーム盤上には7つの区画があり、そこに各プレイヤーはビルを建てていきます。また、ビル以外にも全員共通で使える「商店」も建てることが出来ます。
 このビル建設にはラウンドコマ(後述)がある条件を満たした時に発生する競りに勝たなくては行けません。その競りに使用するのは6色の4-6の数字が書かれたカードです。さらに各区画には6つの色に分けられたビル建設予定地があります。
 まあ、大体感じ取れそうですが、一色の色で競りに勝ち、勝ったプレイヤーは自分のビルをそのマスに建てると。
 ちなみに、手番終了時に、この競りのカードを2枚補充し、さらにラウンドコマを先に進めます。
 このラウンドコマですが、ボードを左から右に移動します。戻ったりはしませんし、必ず右に移動します。移動した後の場所に残されるチップがあり、ラウンドコマが一番右まで行ったら一番左にあるストックに戻ります。
 予想されていると思いますが、その時に決算が発生し、ラウンドコマが移動した後に残っているチップの各場所で競りを行うのです。

 ここまで書いていて「何が目的なんだろう?」と思われていると思いますが、それは「得点を集めること」です。
 これが厄介で、ビルを建ててもすぐには得点になりませんし、「商店」を置いてもすぐには得点になりません。
 どなれば、というと、「手番を使って、今ラウンドコマがあるエリアで得点計算を行うことが出来る」のです。得点計算はそのエリアにある自分のビルに隣接する商店の種類(ややこしいなぁ)による基本点×ビルの個数 です。
 ここが問題で、「下家の決算を起こしたそうなエリアにあるラウンドコマは必ず移動させる上家」が必ず存在することです。こうすることによって、下家に独占的に得点を渡さずに済むという訳です。つまり、作者の意図した通り「得点計算が行われない」 のです。多分。

 そうすることによって、各プレイヤーは終了条件にもなっている「商店」を建て続け、競りを数回行うだけで、ゲーム終了を迎えてしまいます。

 ゲームの感想としては、「なにかボタンを掛け違えたゲームをプレイしているようだ」 というのが率直なところです。面白い、面白くない以前に、「何か違うんじゃないかな」 という思いが先に来ます。どうしたこったい。

 通常であれば、ゲームの面白いところを探すぐらいは考えてプレイしているのですが、もやもや感が募る一方でうーんという感じ。な、何故に……

ミッション:レッドプラネット Mission : Red Planet

IMG_0410.jpg

「ミッション:レッドプラネット」 Mission : Red Planet、Asmodee、B.Faidutti, B.Cathala作、3-5人、10歳以上、60分

 海外から輸入する機会がありまして、買う直前になって追加購入してみた、「完全に直感を信じて購入してみたゲーム」です。
 とはいえ、全く知らなかった訳ではなく、数年前のエッセンかニュルンブルクで発表されていたのを覚えていましたんで、「あー、フェドゥッティの自信作だったような、違ったような(イヤイヤ)」 とかいいながら、コンポーネントと概要をギークでチェックし、キャンセルした商品(秘密)より安かったので購入することに。

 ちなみに、ルールを読んでも「面白いかどうか」の判断は付かず、プレイしてから判断かな という訳で、持参してみました。さて、いかなる物か。

 といったところで、概要です。
 テーマは19世紀末の万国博覧会で「今のトレンドは火星。火星へ行くんだ!」 ってーことで、世界各国からロケット飛びまくり、邪魔しまくりで火星探索が始まった。という感じ。ツッコんではいけない。
 余談ですが、このゲーム。ルールより先にテーマがあったそうです。恐るべし、フェドゥッティ&カタラ。

 と、作者が出てきたので「あー、その系のゲームか」と思われた方。その通りですが、思った以上ですよ、多分。

 各プレイヤー9枚の同じキャラクターカードセットを持っています。
 毎ラウンド1枚プレイ(カードに描かれている数字順に処理)、ロケットの取り合い、火星の土地の取り合いをして、次のラウンドに移ります。規定ラウンドに合計3回決算があり、合計得点を競います。

 特筆すべきところだとうちは思っているんですが、キャラクターの濃いこと濃いこと(笑) イラストだけで結構楽しめますよ。さすがフランス産。
 こういうアニメキャラクターに準じないところでキャラ付けする辺りは日本の同人業界(それも一次創作)に若干似ているような気がします(超余談)

 キャラクターカードには基本的に「宇宙船に自分のチップ(人間)を乗せる」と書かれており、さらに特殊能力があります。ロケット爆破したり、火星で人を殺したり、人を裏切らせさせたり、ロケットの行き先さえ変えられたりします(笑) この辺が実にフェドゥッティらしさが出ているのでは無いでしょうか。

 さらにキャラクターカードは数字順に解決されるので、思った通りにならない…… というより、処理の残っているプレイヤーが困るように、自分が得するように如何にするかというのが楽しいです。まあ、やれることは限られているので長考までは行かないと思いますが。

 この時は奈Ra県民さん、ヤギさん、ギガトンさん、K'nnonさん、うちのMax5人でプレイ。
 作者の狙い通り? 序盤は特殊カードを引きながら、狙いを定めるK'nnonさん、ヤギさん、うち。若干物量作戦にも見えるギガトンさん。先行投資型の奈Ra県民さんという展開。
 途中、K'nnonさんが大幅に特殊カードに寄り、うちは3点集中。ばらまかないようにしてみたり。

 まあ、こういうことをするとどうなるかと言えば、見た目多そうに見えるうちが狙われる訳で(得点も多かったんですが)、結構な数の人が浮くことに(笑) この時は取れませんでしたが、特殊カードでしねば死ぬほど得点が上がるカードがあるので、それを引いた時の戦略としていいのかなぁといまさら思ったり(遅)

 後は展開が書きにくいっすねぇ(汗) 基本陣取りなんだけど、その場所にたどり着くのが80%ぐらいなんですが、20%落ちるのが楽しくて楽しくて(笑) 落とし落とされ、どこかに連れられ、ロケットからは追い出されやっているうちに最終決算を迎えていました。ちょうど1時間ぐらいでしょうか。

 結局ヤギさんとの競り合いに負けた上、ダントツで人を殺されていたうちが最後のボーナスカードを生かせず、ギガトンさんがその物量と、一貫性の上、勝利してました。
 特殊ボーナスは…… 連発とまでは行きづらいみたいです。簡単なボーナスから難しいボーナスまでありますから。

 ちなみにこのゲーム。バリアントとしてHPで公開されているルールがあって、「特殊カード」抜きにすることが出来ます。いやー、ガチだねぇ(笑)

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告