盗賊騎士 Robber Knights

IMG_0300.jpg

「盗賊騎士」 Robber Knights、Queen Games、R.Dorn作、2-4人、8歳以上、30分

 R,ドーンさん。最近のお気に入り作者です。ちょっと前に出たルイ14世も好きですが、こちらも好き。

 よく言われる話で、ルイ14世の足跡システムを発展させた物 とかありますけれど、システムは近いけど、あれとこれとは結構別テイストだったり。

 さて、概要。やること簡単、説明むずい(汗)
 各プレイヤーはそれぞれウラ面がA~Eまで書かれたタイルを複数枚持っています。それらをアルファベット毎に分け、シャッフルします。でもって、Aが一番上になるように山札として重ねます。後、各プレイヤー、自分の色のチップを持っています。
 で、初期配置があり、後は手番が来たら、1~3ラウンドして、次のプレイヤーに手番が移ります。1ラウンドは1プレイ、1ドローのセットです。

 さて、その配置するタイルですが、大きく3種類に分かれています。地形のみが書かれた地形タイル(山、湖、平地)、城が書かれた城タイル(平地城、森城)、村や街が書かれた得点タイル(平地村・街、森村・街)と言ったものがあります。
 この中で特殊な動作をする物が城タイルです。
 城タイルを配置したら、城タイルから十字の方向のうち、一方向にチップを配置できます。もちろん、配置制限があったりします。
 まず、城に置けるタイル(出発前)は最大5つ。その後、方向を決めたらその方向に真っ直ぐに「チップの足跡」が残るように1つずつ減らしながらチップを進めます(1つでは無くて任意の個数も残せます)
 このチップ、なんの役割があるかと言えば、そのタイルの所有権を現すために使います。先に書きましたが、タイルの種類によって勝利点があるのです。それは得点タイル(村・街)と城タイルです。もちろん、得点タイルの方が得点が高かったりしますので、狙いに行く訳です。
 ここでのポイントが、最後にこそっと書いた「足跡の部分に任意の個数残す」 という行為。一見無意味に見えますが、「1つのタイルの上に最大4つまでしかチップを置けない」 というルールがあるために、かなりな効力があります。つまり、どういうことかといえば、1つのタイルに4つ自分のタイルを乗せきってしまうと、他のプレイヤーに取られることがないということが言えますよね?
 おまけですが、そのタイルは「壁」として扱うことが出来、チップを置く時の障害とすることが出来るのです(チップを置けない場合は、それ以上進めないのです)

 一番ルールで驚かされたのが、タイル配置の限界ルール。カルカソンヌで代表されるタイル配置ゲームは縦に長く伸びたり、横に長くのびたりすることなんてしょっちゅうある訳ですが、この盗賊騎士の場合、人数によって縦・横の大きさが制限されています。つまり、それら「見えない壁」も戦略の足かけ、パズルの足かけに使えるのです。
 さらに注意しなければならないことながら、城が8枚あるのに、チップが30個しかない事実。つまり、5個ずつプレイすると足りないのですよ(苦笑)

 ジャンルとしては「叩き合い・パズル・陣取り」 ということが言えそうですが、「叩き合い」の要素はあまり大きいとは感じません(感じませんが、結構なウェイトを占めていると思います) 思わないのが、「自分が取りに行った得点が結果的に「叩いている」 ことになっている」 からだと思います。あと、他のプレイヤーを指名している訳ではないしね(苦笑) 後は、最善だと思われる手を探すことで手一杯になりやすいので、そこまで考えが及んでいない場合もありますが(苦笑)

 さて、この時はゲームを余りやったことの無い柴宮さん、キトウさん、TTBさん、うちというメンツ。
 うーん、初めは勘所つかみにくいのか、結構な点差を付けて勝ちました。「分からない」 とおっしゃられていたプレイヤーもいたので、ちょっといらんことを言い過ぎたのかも(汗)
 個人的には3人でプレイしても、4人でプレイしてもプレイ感が全く変わらない好ゲームなんですけどね(好きなゲームって意味で)

 小さなポイントとして、ちゃんとビニルのジッパが4つ入っていたことでしょうか。初めから。

スポンサーサイト

アッティラ Atiil

IMG_0292.jpg

「アッティラ」 Atiila、Hans im Gluck、K-H.Schmiel作、2-5人、10歳以上、45分

 うち的に今日のメイン。作者のカール・ハインツ・シュミールさんと言えば、「ア・ラ・カルト」で有名なMosquitの人。そして、ルールのどこかでもの凄いシステムを用意している人。

 さて、このゲーム。陣取りのようで、そうではないようで、陣取りのようなゲームです。
 まず、ボード上には地中海を中心としたヨーロッパが書かれており、そこに入植してきたゲルマン民族やらの民族コマがあります。もちろん、ボードはエリア毎に区切られています。
 ここまで言うと、各民族をプレイヤーに振って陣取りを行うのかと思いきや、そうでは無かったりします。

 手番には民族が描かれた手札をプレイして、場にその民族のコマを配置します(もちろん、既存の同じ色のコマと接している必要があります) そして、その民族に対するそのプレイヤーの「影響力」 をアップさせます。
 ある条件でラウンドが終了し、その時、各民族に対して最も多くの影響力を与えていたプレイヤーと2位のプレイヤーにボーナスが入ります。トップにはボード上にある全てのコマの個数分点数が入り、二位にはそのコマがあるエリアの数分得点が入ります。つまりは、1つのエリアに複数の同じ色のコマが置けるんですね。

 こうやって、4ラウンド終了後に最も得点の高いプレイヤーが勝つ訳ですが、手札補充による民族カードの引き次第で、「出したいカード」がなかなか手に入らなかったり(もちろん、誰かががめている(手札に貯めている)ことも考えられている訳で)、数少ない特殊タイル(各プレイヤーに最初に配られます)の使用タイミングがものを言ったりと、いい意味で「古めのゲーム」の良いところを集約している好ゲームです。

 個人的には勝利したこともあって、結構好きなのですが、トップの得点方法、2位の得点方法の差のため、様々なことをするプレイヤーが出るのも面白い点では無いかと思います。
 今月最初にレポートした「コロッサルアリーナ」と同じように、手番にはカードを1枚しかプレイしないのですが、次の手番までに大きく変わっており、計画が全く立てられないという訳ではなく、よっぽど集中されない限りは問題ないという点が好きな点でしょうか。

 ちなみにルールのキモはもう一つあって、「戦争」が起こる点です。これは「叩き合い」 という訳ではなく、「脱落者の決定」 という処理になっているため、殺伐とせず、「そこは負けてもいいから」 的な考えまで浮かぶことがざらにあったりします。得点影響が少ないことがあるからでしょうか?

 問題は絶版の上、妙に高額になってしまっていることでしょうか。流通在庫もあるみたいなんですけどね、何故だろう……(傑作だから?)

スルッと関西カードゲーム NoriNori

IMG_0289.jpg

「スルッと関西カードゲーム」 NoriNori、関西私鉄?、作者不明、何人でも出来そうだけど?、鉄道年齢1歳~、10分(もしくは終わらない)

 関西限定発売のカードゲームです。
 というか、舞台が「関西私鉄」なため、関西の人間しか理解できないためです。
 それよりも、関西人でも聞いたことのない様な路線・バス路線が多数ある訳ですが、その過半数を知っていることが多い(と思われる)ため、余り大きな問題になりません(嘘) ……正直てっちゃん以外ですっとカードをプレイできている人を見たこと無いです。

※てっちゃん…… 鉄道マニア
※路線…… 京福電鉄はいいとして、和歌山市営バス那須とか京都市営バス田辺 とか……(手元にカードが無いのでちょっと違うかも)

 ゲームは場札(最後に出されたカード)から実際に「乗り換え」出来る「スルッと関西カード」で行ける私鉄・バス路線のカードを出すという、手札を無くした者勝ちのゲームです(カードに乗り換え対象が全て明記されています。というかこれが無いとパンピーではプレイできません)
 後はテーマとカードで楽しんでください(笑)

 例えば、大阪地下鉄(場札)から阪急をプレイし「相互乗り入れで乗り換え不要なんだよね~(これは関西では常識)」とか、ニュートラムってカードあるけど、この前合併されたから大阪地下鉄と一緒だね(これはマイナー情報)だとか、阪急(場札)から神戸高速鉄道をプレイして「何でこれ、駅名だけなの?(他は列車がカードに描かれている)」「それは、数少ない列車を持たない私鉄だからだよ。阪急の列車がそのまま走ってるの(これもマイナー情報、というか関西の歴史)」 だとかいいながらプレイしてこそ面白いと思います。

 詰まるところ、「てっちゃんと一緒にプレイすると楽しさ百倍(これは本当)」です。 是非回りにてっちゃんがいる方は購入してみては…… あ、網絶版だった(汗)<駅の売店で売られていたんだが……

 しかし、売れ残った様子も無かったことから、「かなり売れた」んじゃないかと思ったり。500円だったし…… 今になって「ネタ」としてほしいなぁ。

クレタ Kreta

IMG_0285.jpg

「クレタ」 Kreta、Goldsieber、S.Dorra作、2-4人、8歳以上、45分

 リクエストしてまでプレイしたかったんですが、ほぼ期待通りの内容でした。プレイ内容は思っていた物とは全く違っていましたが、アレをこうしてこうしたいなど色々考えさせられましたよ。

 で、概要なんですが、BBSでリクエスト時にも書きましたが、「手札のキャラクターカードをプレイして、陣取り」をします。
 キャラクターカードは8種類ぐらいあって、全員同じものを持っています。

 と、ルールの説明をしかけたんですが、概要を先に書いた方がわかりそうなので、そちらを。
 クレタっていう名前を聞いたことがありませんか? ギリシャ沖にある横長(縦長かも(一緒だって))の島です。確か観光地だったか。
 で、ゲームはエリア毎に分けられた中世のクレタ島で覇権を握ろう! っていうか、エリア毎の陣取りをしようってことです。
 陣取り要素として、自分のコマ(司教、農民、船、家、塔(家以外は1点効果、家は2点))を配置して、影響力を高めるということにあります。
 各コマには特殊性があって、塔はエリアの境界(つまり、両方のエリアに影響力を及ぼせる)に配置できたり、農民はエリアに配置、同じく司教もエリアに配置するのですが、その場合、他のプレイヤーはそのエリアには「司教」か「船」しか配置出来なくなったり、家を建てるには農民が必須だったりします。つまり、コマだけでも絡みが多々あります。ちなみにコマ数は限られている上に(見た目)少ないです。

 もちろん、手札からプレイするカードでそれらを操る訳で、手札にも絡みが(笑)
 手札には各コマの配置をさせるカード、ボード上のチップを取るカード(これにもコマ配置の制限があります)、得点計算を起こさせるカードがあります。

 じゃあ、手番には何をするかと言えば、「手札からカードを1枚プレイ」 するのみという訳です。むぅ、悩ましや。
 ちなみにさっき説明した「コロッサルアリーナ」とは違って、1つの得点計算まで平均3枚程度とプレイできることが比較的多いので、結構色々出来ます。
 さらに、得点計算場所は「次の次」までしか分かりません。しかも、得点計算場所は「エリア」ではなく、エリアの境界(頂点)に置かれたマスの数字で表されているため、「その頂点」の回りのエリア全てに注意を置く必要があります。
 うち的にプレイする前に一番謎だったエリア毎の得点についてはボード上の各エリアに書かれていました。6角形の形で。

 という訳で、高得点のエリア(さらに得点計算場所と決まっていればなおさら)での取り合いが激しくなります。
 とはいえ、そこは陣取り。「1点でも」 という心理(というか勝利には必須?) が働いて、頑張らないといけないことこの上なく(笑)

 この時は連続決算やら、得点計算場所が右から左へ移動するような激しい展開が起こります。それゆえ、盛り上がっていたのかもしれませんが、最初から方針が必要かなと感じました。
 「島をどのように攻略するか」 右からか、左からか、あるエリアを中心とするか、真っ向勝負を避けるか等々。決算の場所によって「もろに偏った」ゲームになる可能性を秘めていますが、そこはプレイの仕方である程度補強出来る感じです。損して得取れって感じで。
 うちは「先行投資」して、どれくらい後でそれを生かせるかというプレイを行いましたが、「現行投資」を生かし切ったプレイヤーに負けたり。

 結構ゲームシステム的には好みですし、楽しいのですが、やはり流行らなかった理由が見えなかった訳では無く(汗)
 1つは「得点計算の集中」。
 運にせよなんにせよ、得点エリアをどれだけ生かせるかというものがあり、得点エリアでエリアトップが確定したプレイヤーは「決算」を行う訳で、次の次の得点計算のエリアは自分のコマが最大限生かせる場所が良くって、それがまたそのエリアになるともう一度そこの近くになろうとする訳で……
 大きなエリアで半数を取っているプレイヤーが強くなりすぎている気がしました(結局トップ3は各人主要な場所は押させていた訳で) このゲームを繰り返しプレイする上で、そう言う展開が重なれば、「同じゲームを同じ展開で遊ぶ」 ということになりかねず、それはそれであまりプレイしたいとは思わせず……  うーん、悪循環に陥りやすいような…… ゲームデザイナーのやりたいことは分かるのですが、それだけっぽくて……

 ちなみにもう一つ気になる点があって、ゲームが大人じみている割に絵が子供じみていました。うーむ。

コロッサルアリーナ Collosal arena

IMG_0276.jpg

「コロッサルアリーナ」 Collosal arena、Fantasy flight Games、R.Knizia作、2-5人、8歳以上、45分

 日本人的に余り合わないグラフィックとタイトル、メーカー(苦笑)で敬遠されがちなReiner Kniziaさんのゲーム。
 このゲームはリメイクのリメイクのリメイクなのですが(多いなぁ)、一番最初の「グランドナショナルダービー」 という名前とグラフィックで出していたらもう少しは売れているんじゃないかと思えるんですが(グランド~は障害乗馬レースですよ)

 さて、このゲーム。最初に感じたことは「Reiner Kniziaさんのゲームにしては「テーマ」がしっかりしているなぁ」 ということです。
 Reiner Kniziaさんのゲームは傑作が多いのですが、如何せんアブストラクト色が強く、テーマと沿わないことが多々見られます。それが無冠の帝王であるが故なのかもしれませんが(苦笑)

 で、ですね。このゲームはプレイしていてテーマがくっきりと見える割に、クニツィアテイスト(アブストラクト風味)を残しているのも特徴。
 ゲームのテーマは……タイトルと写真を見てもらえればある程度感じ取れそうですが、「怪物共のバトルロイヤル」です。実際に攻撃し合って戦う訳ではなく、数字比べな訳なんですが。
 あと、カードの上部(下部?)に置かれているチップは各プレイヤーの掛け金です。そして各プレイヤーには山札から補充される数字の書かれた怪物のカードがあって…… ルールが透けて見えてきそうだ(苦笑)
 えーと、手番プレイヤーは好きな怪物にチップを置き(早い者勝ち、1ラウンド1怪物1チップのみ。もちろん早いラウンドの方が配当が大きい)、手札を1枚場にプレイします。カードは各怪物の前にその怪物or観客しかプレイできません。
 そして、手札を山札から補充するんですが、その山札は参加している怪物+観客(無色)+数枚の特殊カードからなります。特殊カードは1%程度の含有率(しかも効力が低い)なので説明は無しで。
 カードの上に同じ種類のカードをプレイできたり、怪物毎に特殊能力を持っていて、その怪物にカードを置いた時、それを最も高い掛け金を持っていれば、そのプレイヤーが使用できたりします(これで逆転したり……はちょっと難しいけど、タイミングによっては……みたいなバランスが取られています)
 そして、全ての怪物が出そろえば、「生き残り判定」があります。ここで、一番数字の低い怪物が倒されたと見なされ、ドロップし、次のラウンドに移ります。
 こうやって5ラウンド後生き残っている怪物に掛けていたプレイヤーに得点が入って勝者が決まります。

 ってーことで、手番は1チップ、1プレイ、1ドロー。
 これがかなり悩むかと言えば、かなり(笑) 1プレイしか出来ない上に、プレイ人数分先にしか手番が回ってこないため、1プレイが非常に重要になります。
 とはいえ、選択肢は手札による訳ですから最大手札である8択となります。
 で、いらないもの順に削っていけば、2択ぐらいまで削られたり(苦笑) 何故なら掛けている怪物を生き残さなければならないので(苦笑) 結構すんなり決まったり、そうせざる得なかったり(苦笑) 最善手間での道のりは短そうなのです(特に後半)

 今回は最大人数の5人で、既にプレイされたことのある方が3人ぐらいいる中でプレイ。
 メンツはギガトンさん、ヤギさん、TTBさん、ワカノさん、うち。濃い(笑)
 「殺されてなる物か」 という意地と「生き残ってやる」 というひっそり感と、「やらなければヤラレル」 というバトルロイヤル特有の雰囲気が漂いながら(殺伐とはしてなかったです。強いて言えば「キン肉マンのマッスルトーナメントの敗者復活戦みたいな(分かるか!)」)感じでした)、ラウンドが進んでいきます。
 特殊能力は状況によって強いのですが、「あ、あいつ強いなぁ」ということを他のプレイヤーにアピールしてしまい、「息を潜める」とは逆効果になることも(笑) そして、弱いカードを出すとかで「息を殺していた」 らそのまま息の根を止められたり(目立たすぎて、つまり小さいカード過ぎて死んじゃう) とかで、その両立を上手くこなして行かないと生き残れないようです(苦笑)

 ちなみに、プレイでは前者がヤギさん、後者がギガトンさんだったような……
 最後の方は「色んな方にかんでいた」 うちが勝利(苦笑) うちを攻撃したいが、自分のチップがそこにあって…… みたいな(笑) ことで攻撃が薄かったです。

 うーん、やっぱり多人数過ぎた悪影響が出過ぎていたのかもしれません。
 1つは手番に回ってくるまでに怪物のほとんどにカードが置かれていたり、1ラウンドで1枚しかプレイできないプレイヤーがいたり。
 3~4人の方が白熱度は上昇しそうな感じ。

 あ、リメイクですが、「グランドナショナルダービー(Ravensburger)」、「タイタンアリーナ(Avalon Hill)」、「ギャラクシー(GMT)」です。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告