Wings of War ウィングオブウォー

IMG_0213.jpg

「Wings of War(ウィングオブウォー) Famous Aces、Watch your Back」 Nexus、P.G.Paglia, A.Angiolino作、2~(シナリオによる)人、6歳以上、10分

 本日、これをプレイしに行ったと言って過言ではないゲーム。ずっと気にはなっていたんだけれど、Boardgamegeekにある13人ドッグファイトの画像を見て、やりたい熱が急上昇(笑) リクエストさせてもらって漸くプレイとなりました。

 さて、概要ですが、最近で言うとメイジナイトに代表される ボードはなく、テーブル上で行い、実際のコマとコマとの距離を測って行うシュミレーションゲームです。
 こう書かれると結構敷居を高く感じる人もいるかもしれません。

 これをライトゲーマー(マニアゲーマー?) として書いた場合、ボードの無いロボラリーのようなゲーム、もしくはボードの無い3手番プロットゲームです。
 ほら、少し近くなった(笑<ほんとか?)

 ちなみにうちが受けたインストは30秒程度でした(笑) 持ち主の方が完璧にルールを理解していたことと、細かいところのルールはあれど、常識的に判断・理解できる物だったためです。

 あ、全然言ってませんでしたが、第一次世界大戦 つまり、プロペラ機全盛期の時代の空中戦をやろうっていうのがこのゲームの趣旨です。ちょっと時代はずれますが、「紅の豚」(ジブリ) が好きな人なんかはかなり楽しめます。後、PS2のエースコンバットとか。

 ルールは簡単。まず、いくつかあるシナリオ、もしくはドッグファイトを選ぶ。
 プレイヤーはそれにあったプロペラ機の中から、チームに分かれて、もしくは個人戦で戦う。
 各プロペラ機(カード)にはそれぞれ対応する山札があって、各自それを全て手札として持ち、同様に対応したボードを持つ。
 ダメージの山札をAとBと作る(これはプロペラ機の攻撃力によってダメージを食らわされた方が引く。もちろんだけど、プロペラ機それぞれにHPがあり、これを超えると撃墜され、ゲームから抜けなければならない。
 全員同時手番で3枚好きなカードをボードに順番に置く。
 そして、1枚ずつ全員でカードを処理する。
 カードには飛行するライン(手前から奥へ)と、矢印が書かれており、プロペラ機のカードにも矢印が後部に、飛行ラインの初めが前部に書かれています。つまりは、飛行ラインをプロペラ機カードの前部に合わせるようにプロットカードを置き、プロペラ機を移動させ、矢印が重なるようにしてプロペラ機カードと置き換えます。これを3回行って1飛行です。

 プロペラ機とプロペラ機が接近したら射程ボード(細長いボード)を使って当たったかどうか判定。
 あとは撃墜されるまで跳び続ける(笑)

 いやね、カードの山札がこれまた良いのです。
 小回りの効くプロペラ機から、すごいスピードは速いのだけれど、小回りが効かないのがあったり、方向転換のカードがあったりと結構やりたいことが出来ます。
 実は今回のプレイでは「高さ」のルールが無かったんだけども、次の拡張ではあるという話。是非!

 次の拡張の話が出たのでついでですが、次の拡張 飛行船があるとのこと(悲鳴) ぎゃー、つ・か・い・た・い~(このマニアめ)

 さて、プレイ風景なのわけだけれども、結構みんなラフ。そして、シナリオをやったんだけど、覚えてません(汗) 第一次大戦の初期のやつっぽかったけど。
 カードを置く時、若干手でぶれてしまうのも仕方がない訳でそれをきっちりやるのはゲームとしても不可能、というか、作者も誰も求めちゃいなさそう(笑) そう言う点でかなり敷居が低め。
 手番もそう。場が広いので、最初は結構枚数関係なく移動。
 けども近寄って来るとそうはいかず、近い者同士(笑) 1枚ずつ公開、移動。そしてそこらここらで飛び交うダメージ。玉詰まりする機関銃、方向転換すると前後が逆になってお互いぎゃーな展開な二人等々。悲喜こもごもで大分肩の力を抜いてプレイできるゲームです。
 プロット系にありがちな時間のかかる処理、機械的な処理という感覚は3枚という少なさ、遠いというラフさでほとんど感じられません。個人的にこういうところが今回すごい感動。

 ちなみに、そうこうしているうちにうちのプロペラ機がダメージの蓄積したところで、1撃死(トーナメントルールでは抜くように設定されていたようですが、今回は入ってました(汗))のダメージカードを引いて、撃墜され、相棒もダメージカードのその数字の大きさ(ほぼ毎回MAXのカードを引いていたような) で撃沈。特に最初の玉詰まりがいたかった模様。何故ならその後の鬼神のような働きを見せていた(笑) うーん、かっこいい。

 という訳で30分程度で終了となりました。
 いやー、楽しかった。是非、もう一度プレイしたいです。というか、買うかどうか本気で悩んでますよ(笑)
 問題は一作目のFamous Acesがもう手に入りにくいことと1つ4000円強するところですか。むむむ。
 ちなみに、拡張のみでも遊べるので、どれを買っても問題なかったりするところがかなり嬉しい。

スポンサーサイト

マジカルアスリート Full Nelson

IMG_0201.jpg

「マジカルアスリート」 Full Nelson, Grimpeur、T.Ishida作、4-5人、10歳以上、45分

 和製ボードゲームです。

 特殊カード系のゲームで、6面体サイコロを使うレースです。
 そういう意味で日本に良くあるゲーム、アメリカの初期に出ていたゲームを思い起こさせます。
 問題はここからで、その特殊能力。実はこれが上手くまとまっていれば、それなりに傑作と言えるゲームともなり得ますし、ゲーム自体をぶちこわしにすることも出来ます。
 このゲームから言えば、どちらかと言えば前者側です。とはいえ、成功しているともちょっと言い難いですが。

 レースは5レース。キャラクタはレース前に競りで落としていきます。
 競りは0-4の書かれた数字の下にカードが置かれ、購入はその数字で、空いた欄には高額なキャラクターから価格が1つずれ、落ちていきます。そして、最も高い場所に山札から引かれたカードが置かれます。

 ちょっとチップが多いのか、結構簡単に望むカードが手に入ります。チップ10枚なんですが、何故でしょう?(苦笑)

 後は一斉にレースで使うカードを公開し、レースをします。
 手番には特殊能力を使うか、サイコロを振るか。特殊能力の中には他のプレイヤーの手番の時に自動実行されるものもあり、有利になりやすいキャラクターもいます。
 そうやって、トップと2位に得点が入っていきます。
 もちろん、後半のレースほど得られる得点は大きくなっていきます。

 しかして、このゲームの問題は各レースのキャラクターの選択に思った以上のバッティング要素が無いことです。
 つまり、別にバッティングがある程度外れていようが、自分の構想が外れようが、サイコロの出目が良ければそれで勝ってしまえるところです。敗者に優しいのがゲーム慣れした人間にとってちょっと甘い作りになっているように感じました。
 そう言う意味ではもう少しキャラクターの能力を鋭敏にしてほしかったかも。刺激が足りないんですよ。本音をいうとね。

 日本特有のキャラクターゲームという枠内では結構ちゃんと考えられているのですが、TCG等に置ける強烈的な何かがバランスの崩壊を恐れるが故、甘くなっているのかなと。ゲーム慣れした人にはこういうのが足りないと文句が出てしまう訳です(笑)

 ちなみにこの時はShi.Ma.Chu.さん、にぃさん、リーダーさん、うちの4人でのプレイでしたが、リーダーさんの出目が走りまくってました。キャラクターの能力としては、リーダーさん、にぃさんがすごく上手く波に乗れていたようですが、うちとShi.Ma.Chu.さんが逆におぼれていました(苦笑)
 だって、あの二人、すごい勢いで進んでいくんですから。ダイスパワーで(笑)

 そういう訳で、出目の調子の悪いことが無かったにぃさんがダントツ優勝。サイコロパワーが強すぎです。このゲーム(苦笑)

 そういえば、新版も出ているということですが、そっちはどうなんじゃろ?

Sphinx スフィンクスの謎掛け

IMG_0195.jpg

「Sphinx(スフィンクスの謎掛け)」 Ravensburger、2~4人、30~45分、8歳以上、Gunter Baars作

 翻訳を終えた時点ですでにうすうす感じてはいましたが、これ、「日本人には全く向かないメモリーゲーム」だわ。ってことです。
 とはいえ、うちは嫌いでは無いのですが。

 最近、ロスマンフォスというZochのゲームが出てまして、このゲームもメモリー系。3つのロバにエサをやるんだけど、どれに何色のエサをやったか覚えなければ行けない。そして、何故かロバはボードを回るという。
 この回る というのがミソということに気づくのはプレイしてからのこと。

 っていうのがあったんですが、これもまさにそんな感じ。
 基本は順次明らかにされる(手番中にこそっと見れる) 6つのスフィンクスの色を覚えないと行けないのですが(実は最低3つで良い)、そんな中で自分のコマがコースを移動して、そのコースの指示に従わないと行けないのですね。しかもサイコロを3つも振るという。
 頑張って脳がスフィンクスの色を覚えているのに、手番には自分のコマの行く先と、集めなければならないチケットの場所との計算と、その移動を惑わせる回転扉とが邪魔をします。そう、頭が見事にこんがらがってくるのです(笑)

 さて、こう、プレイしたことのある人しか分からないことを言っていてもアレですので、概要をば。

 ボード上にはスフィンクスが6体いて、裏には色が塗られたタイルが張り付いています。そして、そのうち3体が宝箱を守っています。プレイヤーの目的はこの宝箱を取ることです。
 しかし、そこはスフィンクス。宝箱に近寄る者に謎かけをしてきます。
「わしら3体の色は何色じゃ? 道で拾ったであろうチケットで示せ」

 ってーことで、プレイヤーコマが登場します。プレイヤーコマはスタート位置からサイコロ3つ振って移動していきます。途中マスを通過すると効果が得られるマスがあります。
 1つはマミーマス。これは1体のスフィンクスの色をこっそり見れます。2つ目は6色のチケットマスです。これはチケットを得ることができますが、持っていた場合、捨てなければなりません。つまり、チケットをいっぱい持っていた場合、通りたくないのです<これもミソ。

 さらにサイコロにはスフィンクスを入れ替えてしまう目も存在し、てんやわんやさせてくれます。

 あー、今思いましたけれど、これって「脳を鍛える~」 っていうテストに似ている気がする。1つをしながら、もう一つをさせらるという。

 これらに加えて、この作者 Gunter Baarsさんらしく、ボードにギミックが仕込まれています。そう、すぐ分かりますが(苦笑)、回転扉です。回転扉のマスに止まると強制的に回り、プレイヤーの計算の邪魔をしてくれます(笑)

 そうやって、数々の記憶を邪魔するものを押しのけ、スフィンクスの謎掛けに勝たなければならないのですが、負けてしまったらさあ大変です。チケットを全て失い、スタートマスに戻されます。これは大分辛いです(汗)

 後、このゲーム。最初のインストが全てです。
 メモリーは嫌じゃー と思うのは仕方ないとして、なんとかして終わらせないと と思わせた瞬間、ゲームとしては終わります。楽しむより苦しむゲームにしかなりません。
 それをメモリーは嫌じゃー ぐらいでプレイすれば、脳トレのノリで遊べるんじゃないかと思います。
 問題は日本人に30分ぐらいそれを続けされることですが(苦笑) 頭っからダメだと思えば絶対にこのゲームはオススメできません。今回もあったようですが、「終わらすためのゲーム」 になります。

 とはいえ、それもメモリーが苦手である限り仕方ないのですが(苦笑)

Paris Paris(パリパリ) Abacus

IMG_0194.jpg

「Paris Paris(パリパリ)」 Abacus、M.Schacht、2-4人、9歳以上、45分

 非常に個人的な話になるのですが、「メビウス便をプレイできていない」状況にあります。うち。

 問題は回りでメビウス便を取っている人がほとんど折らず、いても、「プラッツだし」 ということで、珍し目、実験的、前からやりたかった そういうゲームが優先されているのか、ゲームを一番持ってきていると思われるうち自身のチョイスが大変おかしいのか(当然) 持ってこられる方もほとんどいなかったりします(笑)

 そう言う訳で、漸くプレイできた「パリパリ」です。このころからほとんどプレイできて無いんだよなぁ。したいんだけど。

 このゲームの事前情報としては、「地味」 だってことでした。
 うちのプレイ後の感想もそんな感じでしたが(苦笑)

 ゲームのテーマは観光バスを目当てに観光地の商業施設を開店しようってことです。観光バスが止まるところ、必ずお金が落ちる物です(笑)
 ボード上には観光バスの路線が5種類描かれ、それぞれに駅があります。他の観光バスの路線と重なる駅もあったり、無かったり。
 そして、各プレイヤーには商店用のコマが配られ(各プレイヤー色違い)、バス停に対応したタイルが色分けされてごっそりあります。1つのバス停に着きそのバス停から出る線の数分の同じタイルがあります。
 さて、それらを人数+1枚分の山札に分け(つまり、4人でプレイする場合は5枚のタイルの山札が大量に出来ます)、1ラウンド1つの山札を使います。
 ラウンドにはまず、1つの山札を選び、全て表向け、対応した駅にタイルを置きます。そして、スタートプレイヤーから順にタイルを選んで、そこに商店を建てます。
 バス停には基本1つしか建ちません。後から建てられた商店は先にあった商店を壊します(笑) 後からの方が強いのです。交差点は2つ建ちます。壊す場合は選べます。
 そうやって、行くとタイルが1枚余ります。これはボードの上の左上に置きます。これが決算を示すんだから、よく考えたなぁと思わされます。
 どうやったら得点が入るのか。
 2つあって、1つはさっきの余ったタイル。そのタイルから最も近い商店のプレイヤーに1点が入ります。ちなみに同じだけ近いプレイヤーに全員入ります。これが小決算。
 もう一つが、余ったタイルを集めていった時に、色が重なることがあります。これが大決算。バスが他の観光バス路線との交点だけに止まって(オイオイ)、そこに建っている商店のプレイヤーに得点が入ります。隣接したバス停に商店を建てている場合、さらにボーナスが入ります。

 こうやって、最後の山札まで行って最も点数の高いプレイヤーが勝つんですが、プレイした感想として、「チャンスが非常に少ない」ということ。つまり、手番で取るべき場所は我慢せずに取らなくてはならないと言うことです。変にひねると同じようなチャンスは二度巡ってくることが少ないです。
 さらに、大決算の時の収入が大分大きいので、一極集中で取った方が断然得点が高く、大決算が発生するのも結構コントロールが効かないため、運が高めかなぁと思います(前述のチャンスが少ないため、取れる場所は取りに行かないと負けるため、誰も入らないのがほぼ確実に残るので) 自分の取りたい場所を犠牲にして大決算を自分の有利な場所で起こすなんてことは結構難しい選択だったりします。ゲーム中1回できるかどうか……

 そう言う意味で、結構作業的な流れが多くなってしまっているのがこのゲームの弱点のような気がします。まあ、日本人にはパリという地がよく分からないと言うこともあり、そういう意味でも楽しめていないという現実もある訳ですが。これと同じ子とが郵便馬車でも言えたりするのかな~ とか思ったり。
 まあ、なんにせよ、「ちょっと戦略の幅が狭くないかな?」 っていうのがネックです。駆け引きがもうちょっとほしかった……

Was'n Das(なんやねんそれ?) Ravensburger

IMG_0189.jpg

「Was'n Das(なんやねんそれ?)」 Ravensburger、Philippe des Pallie`res作、4-10人、45分程度

 本日オススメの一品(笑) バリバリのパーティーゲーム。
 さらにプレイ人数 3-6となっているにもかかわらず、プレイ可能人数が10人とはこれ如何に?(ちゃんとコンポーネントも入っています)

 さて、このゲーム。つい、ノリで買ってしまったいう経緯があるのですが(ノリで4000円~5000円払う自分も自分だが)、珍しく(笑) 大当たりでした。
 似たような感じでこけたことが何度あったことか(笑)

 このゲームのルールはすごいシンプルです。
 コンポーネントが20個(それぞれ全く違うものです)あって、それらのうち、10個まで使えて、お題をそれで現すと言った感じ。
 例を示した方が早いですね(汗) ↑(分かりにくいし)
 各プレイヤー1-6のカードを持っています。そして、手番プレイヤーが親、残りは子のプレイヤーとなります。
 親プレイヤーはお題カードをめくります。お題カードにはテーマと1~6の事柄、もしくは物が書いています。例えば、テーマ:将棋 1:飛車、2:香車、 3:歩…… といった様な感じです。親は自分のカードを混ぜ、適当に1枚引きます。それが今回親が作らなければならないものになります。
 さて、作ると言っても簡単ではありません。場には毛皮のようなもの、人のコマ、棒、三角のタイルなどがあり、どないしろと? というのが最初のインパクト(笑)
 ちなみに、このゲームのルール。うちは全く翻訳していません。ASMODEE出版(フランスのゲーム会社)がこのゲームのルールをムービーで公開していてそれを見て、ルールを覚えました。もちろんムービーはおっちゃんがフランス語で語りかけてくる訳ですが、そこはそれ、ジェスチャーやコマの動きなんかでルールが感じ取れます。腐れゲーマーですから(笑)
 といっても、まだよく分かっていないのですが、コマを「動かしていいかどうか」 ということです。
 例えば、さっきの例で行くと、何らかのタイル(コマ)を取って、その将棋での動きを見せれば良い訳で、それだとすごい簡単ですよね?
 という訳で、作る時のルールとして、「動かさない」 そして、「先にアート(作った物をうちはこう呼んでいます)を思い浮かべて作る時は迷わない」 ということです。
 迷うとこれも結構ばれやすいのでこうしました。

 いやー、作るのが難しい上、出来上がった物をあーだ、こーだいうのがかなり楽しいです。「フーリガン」、「男はつらいよ」、「6月」 等々既に何回もぷれいしているのですが、飽きませんね~
 ちなみにカード訳はTable game in the World(おのさん)様にあります。全てのカード訳 という訳ではないのですが、十分遊べます。

 この日は合計3回は回っているのを見ました。もう少しあったかもしれませんが、総じて好評。
 結構吐血もの(それくらい笑う) というものが多々見かけた気がします(笑)

 余談ですが、前述したように うちの持っているRavensburger版、ASMODEE版は共に中身が違います。ASMODEE版の方が豪華に見える……(苦笑) 同タイトルでやること一緒なんだけどコンポーネント違いっていうのでは、ASS版や後一種類あったような気がします。
 どれでも結構楽しめるんじゃないかと思いますので、見かけたら是非プレイをば。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告