ラム酒と名誉 Um Ru(h)m & Ehre

PICT0032.jpg

「ラム酒と名誉」 Um Ru(h)m & Ehre、alea、S.Feld作、2-5人、9歳以上、60分

 プレイ前に持ち主に言われた言葉。「これがらRavensburgerのレーベルで出ていれば全く問題ないのにね、何故にAleaから発売されたんだろう」

 これに尽きる気がします。

 さて、早速概要をば。
 ゲーム全体ではミニゲームの集まりです。さいころ1つとチップ+ボードでどこまでミニゲームを作れるかというところに重点が置かれています。
 軽いミニゲームが好きな方は楽しいと思います。Aleaだぁ~ 思いっきり戦略だ~ とか思ってプレイすると悪い意味で裏切られますので、その辺はモチベーションにも関わって来るところなのでそういう期待は厳禁です(苦笑)

 手番には赤い海賊船長を移動させます。移動時には足跡として手番プレイヤーの海賊コマ(もちろん限りあり)を置いていきます。
 こうして止まったマスのミニゲームを行い、得点を稼ぐゲームです。
 ミニゲームは、指定のマスに行かせるものや、さいころで規定数字以上を出すものなど色々あります(その数7種類ぐらい) そして、ラウンドの最期にも使わなかった自分のコマでさいころゲームがあります。
 これを5ラウンド行って、総合得点を競います。

 正直、1ラウンドいくつかのミニゲームばかりを5ラウンドはだれる人が出てもおかしくありません。そう言う場合、得てして「Aleaブランド」にとりつかれている人です(うちもその1人)
 そう言う訳なので、チーパスがコンポーネントを良くして出したとか、ラベンスの子供ゲームだと思ってしまえば全く問題のないゲームになると思います。しかし、何故にAleaブランドなのだろうか……(とりつかれている人)

 ちなみに一緒にプレイしたメンツはいずれもとりつかれている人で(笑)、2ラウンド目で「どうだろう?」 という雰囲気が出ていましたが、後半はある程度頭を切り換えて、それなりにプレイできたと思います。
 頭から「Alea」と思いこんでしまってはどうにもなりませんです。ハイ。
 子供ゲームなんだと思いこまないと(苦笑)

スポンサーサイト

キャッシュ Cash

PICT0021.jpg

「キャッシュ」 Cash、Ravensburger、Wolfgang Kramer und Ju"rgen P. Grunau作、3-6人、10歳以上、20分

 パイルダーオン!!(前のゲームのネタ)

 さて、話戻ってこのゲーム。
 カタンで有名なウォルフガング・クラマーとP.K.グルナウ(よく知らない)の共作です。
 ルールを読む限りクラマー節が効いている気がするんですが気のせいでしょうか(汗)<自信なし

 これは古めのゲームに良くある「ルールは簡単、ジレンマたくさん」という系。
 テーマを見ると概要がよく分かるんですが、4人のカギ開け職人(まあ、真っ直ぐに言うと泥棒です(苦笑))カードを使って、4つのカギ(カードの色に対応)が書かれた場札(金庫)を開けてその金庫に書かれている賞金を稼ごうというゲームです。
 何故かは分かりませんが、連続で開けると銀行員からボーナスがもらえます。あ、この4人の泥棒の依頼者からのボーナスなのかもしれませんね(苦笑)

 手番には4色のカギ開け職人カードの中から1枚取る、もしくは金庫を1つ以上開けるのうち1つを行います。
 ぶっちゃけると、手札を貯めて一気に吐くゲームです。

 効いているのが場札が7枚しか公開されないこと。全てのカードが無くなったら次の7枚が公開されるのです。
 結構この制限が効いていて、ただひたすらカギカードを集めれば良いものでは無くなっています。
 さらにカードを貯め込みすぎると先にほしい金庫はどんどん開けて行かれるわ、ボーナスカード(限りがあります)は減るわであんまり良いことは無いようで(苦笑)

 適度に引きながら適度にはき出すというパターンがいいような、悪いような。

 普通にやると、誰がいつ開けるかという我慢のゲームになるのですが、ゲーマーがするとフルカウンティングのゲームとなります。とはいえ、1色ぐらいを覚える程度でいいと思いますけども。
 あのプレイヤーはこのカードを○枚しか持っていないはずだから、今この金庫を開けられるのは自分のみ。そら、ため込め。そんな感じなのです。

 ゲーム的にはおそらく後者の方が面白くなるんじゃないかと思いますが、そうなると少人数3~4人が適正人数になるのでしょうか? 数の暴力という話も出来なくはなさそうですが、ある意味カギカードを減らすと言うのも1つのバリアントとして面白いかもしれません。

 個人的には実は今までプレイした中でも不完全燃焼な部分が残っているので、もう少しプレイしたいところ。

ウィグアウト Wig Out!

PICT0016.jpg

「ウィグアウト」 Wig Out!、Gamewright、Forrest-Pruzan Creative作、2-6人、5歳以上、5分

 ちょっと辞書を開いてウィグアウトを調べてみてください。吹き出すかもしれません(苦笑)

 ゲームは配られた手札からペアを作り出し場に出していくだけのゲームです。手札は山札から補充します。
 特徴的なことが1つあります。

 って、写真を見たらモロバレですか(苦笑) そう、リアルタイムにそれらを行うのです。ね? バカでしょ?(笑)

 もうなんて言うか、そこに理論など不要、勢いとノリとその時の引きによるのです。
 一応貯めて出したりできるんですが、それが追いつかないぐらいバタバタなのです(笑)

 ちなみに、全員で同じカードを持ち合ってしまって出せ無くって終了~ とかいう ワナワナわなわなとかいうオチもあったります(笑) それはそれで良いゲームと思えるので実は結構面白いのじゃないかと思ってしまいます(いや、面白いですよ)

 けどね、なんかだまされているような気がするんです。良い意味で(笑)

余計な料理人 Too Many Cooks

PICT0005.jpg

「余計な料理人」 Too Many Cooks、R&R、R.Knizia作、2-5人、10歳以上、45分

 変形トリックテイクだとかよく言われているようですが、プレイした感じは異なりました。
 カウンティングを基本に非常に高度なっていうか、真剣にやると難しいカードゲームでした。
 とりあえず、テーマはスープをみんなで(強調)作るゲームです。そこが最高。

 さてり、概要。
 カードは大きく4種類。豆(グリーンピース)、タマネギ、キノコ、そして唐辛子のカードで、1~5の数字があります。また、唐辛子以外にはブイヨン(固形の出汁みたいなもの)と呼ばれる0のカードがあります。
 これ以外に各プレイヤーに配られるお題カード。お題カードには同様に豆(グリーンピース)、タマネギ、キノコ、唐辛子、そして×のカードがあります。
 ゲームは全部で5ラウンドあり、ラウンドの最初にカードを配った後、自分のお題カードを一斉に表向けます。お題カードには意味があり、豆(グリーンピース)、タマネギ、キノコはそのラウンド取ったカードのうち、対応するカードが得点となります。ただし、唐辛子カードは全てマイナス得点となります。
 唐辛子のお題カードは逆に唐辛子カードが得点となりますが、ブイヨンはマイナスとなります。
 最期に×のカードは取ったカード全てがマイナスとなりますが、最初に5点もらえます。

 この後、カードを場に順番にプレイしていくのですが、場の数字の合計が10を超えたら場のカード全てを引き取ります。また、豆(グリーンピース)、タマネギ、キノコはマストフォローですが、唐辛子カードがプレイされたとたん何でも構わなくなります。そう、スープが辛すぎてどうでもよくなるのです(笑)

 このゲームの良いところは手札と残ったお題カードがどんどん合わなくなっていくところでしょうか。
 最悪、豆カード1枚の時に豆カードを集めなければならなかったりしますし、5のカードが多い時に×しか残っていないと目が当てられません。

 手札の妙にて展開が大きく変わり、面白くもつまらなくもなる爆弾のようなカードゲームという印象を受けました。
 テーマも良いし、カードプレイも良いのですが、点数を集めようとしても、他のプレイヤーを攻撃しようとしてもどうにも難しく感じました。
 また、そう言う時にものを言うのがカウンティングなのですが、各カードが各プレイヤーにバラバラに行ってしまっているのでどうにも読みづらすぎる気もしましたし。

 まあ、正しい楽しみ方としてはパーティーゲームのように楽しむのが良いのでしょうけども、如何せんそこまで盛り上がることも出来ず。
 テーマが良いだけにどうしても残念さが抜けませんでした。

 面白くなくもないし、他の人で大好きな人もいるでしょう。うちも一概に嫌いとは言い難いゲーム。そう言う意味で再プレイ希望です。楽しいのはどこだ!?

ブラフ Bluff

PICT0001.jpg

「ブラフ」 Bluff、FX Schmid、Richard Borg作、3-6人、10歳以上、30分

 ドイツボードゲームを代表するゲームの1つ。
 「ブラフ」という言葉を覚えるのもこのゲームからじゃないでしょうか。それくらい伝説視されていいと思えるようなゲームです。

 さて、ルールは至極簡単。
 全員で30個のダイスを等分に割り、写真のような湯飲みのような犀を使ってさいころを振ります。そして、誰にも見られないように犀を少しだけ開け、出目を確認します。出目には1~5+☆が描かれています。☆はオールマイティーとして全ての数字として扱われます。
 ここからが勝負です。
 自分の手番にすることはメインボードに書かれている数字(ボードを回るように1から順に上がって描かれている) に赤いさいころを置く。ただし、前のプレイヤーよりも高い数字の場所に置かなければなりません。
 赤いさいころには各プレイヤーの振っているさいころと同様に1~5、☆が描かれています。それらのいずれかの面を上に向けてさらに数字を上げます。この数字、もう気づかれていると思いますが、全体でその目のさいころがいくつ出ているのかを赤いさいころとボード上の数字で表します。つまり、1の目を上向けて8の場所に置けば、全体で1の目が8個出ていることを示します。

 先ほども書きましたが、前のプレイヤーよりも数字を上げなければいけないのでいつかは限界が来ます。
 そんな時に出来るのが2つ。
 1つは「ブラフ」(それは本当ではない) を宣言できます。宣言すると全てのプレイヤーは犀を開け、出目を確認します。宣言数に満たない場合、すぐ手前のプレイヤーがさいころを満たない分失います。 宣言数を超える場合、「ブラフ」を宣言したプレイヤーがさいころを失います。しかして、ちょうどならば? ちょうどならばすぐ手前のプレイヤーを除く他のプレイヤー全てが1つさいころを失います。
 さて、そのもう一つは少しややこしいのですが、さいころをいくつか場に出して、残りのさいころを振り直すことが出来るのです。ただし、この時でもボード上のさいころを上げる必要があります。どうやるかって言いますと、5が場に10個出ているという宣言で、自分の犀を開けて、5の出ているさいころを場に置きます。これらは後で出目としてカウントされます。そして、残りの5ではないさいころを振り直すのです。ほら、場に出ている5の数が増えた……かもしれないですよね(苦笑)
 こうして誰か1人になるまで続けます。

 ブラフという言葉通り、読み合いのゲームです。
 最初から最後まで読み合いです。

 しかし、これがゲーマーとなると大きく展開が異なることもそれだけ愛されるゲームではないかと思うのです。
 どういうのか?

 全く違うことをしたり、全30個のさいころの割に5が20個も出たりするのです。これは間違いのない事実なのです(断言) まさにボードゲームへの入り口のような気がします(うちだけかな?(汗))

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・03月19日(日) 第4会議室
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告