エルフェンランド Elfenland

PICT0008.jpg

「エルフェンランド」Elfenland  Amigo Spiel、Aran R Moon作、2~6人、120分

 これも「シット」同様敬遠されがちなゲーム。
 まあ、原因は多分 地味だからでしょう。予想ですけどね。あと、時間かかるし、地味に。

 プロット型、4ラウンド性、やることは結構単純。少マネジメント性。
 さあ、狙いはどの層だ?(苦笑)

 概要~
 ラウンドの順番が非常に覚えにくいゲームです。
 最初に手札を8枚配ります。その後に、タイルを4枚ぐらい引きます。タイルを街と街とをつなぐ道に置きます。カードを使って自分のコマを街に進めて自分のチェックポイントコマを取ります。
 これを4ラウンド繰り返すんです。ええ。

 ゲームの目的は各街に置かれたチェックポイントコマを集めること。「一筆書きゲーム」とも言われています。
 移動は置かれたチップと同じマークのカードを出すことによって移動できます。ただ、移動方法にも向き不向きがあります。猪やら風で走るチャリンコは平原を素早く移動できますが、オークのおっちゃんはえっちらおっちら、カードが2枚必要となります。んが、砂漠だっておっちゃんは越えます。ほぼオールマイティーに見えるドラゴン。大概のところを1枚で移動します。森は体が大きいから2枚必要です。
 この他に、ユニコーン、雲、イカダなんてのもあります。
 そして、どうしても渡りたい時の奥の手。キャラバンがあります。これには3枚カードが必要ですが、タイルが置かれている通路であればなんだって越えます。勢いってやつです(嘘)
 この他に道を進みにくくさせる倒木タイルもあります。

 このゲーム、正直展開は地味です。
 それでも悩まされる部分は非常にあります。自分のコマの回りに手持ちのチップをばらまくのか、遠くのネックになる部分から置いていくのか、近くにいるコマのプレイヤーは誰か、そういう分析していく部分も楽しいやね。
 ただ、そういう部分緻密な部分が勝つには重要な位置を占めているので、適当プレイでトップを有利にさせてしまって場が沈んだりすることもあります。この辺が特に嫌われている部分かもしれません。
 思うに、このゲームはソロプレイみたく、1人で戦うのではなく、ここにこれ置けばトップ困るんじゃないの~ とか、助言やら口出しやらをしまくって戦うのが楽しいんじゃないでしょうか。
 遊びに真剣は付き物ですが(オイオイ)、こういうゲームでは緊迫した雰囲気よりも、わいわいやる方がいいと思います。
 黙って誰も気付かないところを攻めて勝つのは、その当人にとって面白いと思いますが、それ以上にみんなでがやがややった方がみんなで面白いと思うんですよ。1人で思っているかもしれないけど、そうだと思うんすよ。といいつつ、エルフェンランドをやりたいというオーラを出してみる(笑)

 この時は結構緊迫してしまって…… どうしてかなぁと考えさせられる元になりました。勉強になりました(ペコリ)

スポンサーサイト

シット Shit

PICT0007.jpg

「シット」Shit Adlung Spiel、R.Staupe作、2~6人、30分

 このゲーム、プレイされすぎて人気が薄いのか、展開が運と心理戦に偏りすぎているから嫌われているのか、よく分かりませんが、プレイされる機会が少ないみたいです。うちは好きなんですけどねぇ、プレイしたくないとか言われてしまう…… いつでも出来るからか?

 さて、シャハト作で多分出世作。
 各プレイヤーにシットカードと5色1-10の混ぜたカードを何枚か配ります。
 後は、一斉出しというプレイ。
 ただし、カードの補充はシットカードをプレイした時のみ。

 これだけで、個人的にはすばらしいシステムだなぁと思います。勝負を諦める代わりに手札を充実させるというのが戦略を生み出します。
 得点はお題カードとの差。しかも一方向にしか作用しません。
 つまり、どういうことかというと、色にも順番が決まっており、そこから後ろへ後ろへ行きます。
 赤の3がお題カードなら、次に近いカードは赤の4となり、次に色が変わって1となります。逆に一番遠いのは赤の2ですね(こんな説明で分かるのか?)

 多分、最も盛り上がるのが、1人を除いて全員シットカードを出した時。
 大きな点を取れるチャンスですが、そんな状況読めないと言われればそうといいますか。
 ほとんど、全てが勘所。ぴたっと来た瞬間が最も楽しいところ。

 なんていいますか、大きな夢を持ちましょうという感じで。

 この時なんか、2回、大きな夢を叶えた加減さんが勝利していましたし(苦笑) うちら、他のプレイヤーは思いっきり負けました(汗)

クレイジーレース Crazy Race

PICT0006_20100312082144.jpg

「クレイジーレース」Crazy Race、FX Shumid、M.Gewalt作、3~5人、45分

 シャハトが出した同名ゲームとは何ら関係ありません。
 それよりもかなり前に出たゲームですし。

 このゲームにはちょっと曰くがあって、ドイツのエッセンでの「Spiel'02」に参加した時の話です(Spiel'02については、コラム参照)
 最終日の13時の電車に乗る必要があるのに、11時にまだ会場にいた時の話。中古販売店の周りをぐるぐる回っていた時です。
 2人のドイツ人か外国人か…… とりあえず、アメリカかヨーロッパっぽい人が店の人に何かをいっています。
 そして、カウンターの下から出てきたゲーム。

「はて?」

 と思ってみていると、どうも希望のものではないらしく、そのまま置かれたゲームがあったんですよ。
 で、早速それをチェックに行くうち(笑) とくにこの時はゲームの名前やらなんやらについて、あまりにも知識が無い状態だったんで、手にとって、裏面を見て、中身のコンポーネントを見ます。
 このゲームのパッケージを見たことのある人だと分かるかもしれませんが、Ziel(Goal)に向かっている人がいっぱい。だけど、誰もゴールしようとしていません。押し合いへし合い。ゴールしようとする人、何とか踏みとどまろうとする人。誰かを押し込んでやろうとする人など、悲喜こもごもです。

 ここで、ピンと来ました。
「多分、1位になっちゃ行けないゲームなんだ。しかも順位が重要なのかな?」

 ということで、レース好きなうちの好みにあったので、値段確認後、すぐ購入。
 こういう場合は、コンポーネントが揃っているかがかなりのカギになるのですが、時間もお金も余り残っていない状態だったので、勢いです。どこまでもです。さらにこの時は アイン・ツバイ・ドライ がドイツ語のほとんど全てでしたし(笑)

 ま、そうして手に入れたゲーム。偶然ルール訳が手に入ったものラッキーだったからでしょうか(ほんとか?)

 さて、そこまでして手に入れたこのゲーム。かなり好きな分野です。

 各プレイヤーは1人のランナーを担当します。そして、順位カード(レシピ)を受け取ります。
 そのレシピにはこう書かれています。

 「この区間を3位で、次の区間を1位で、最後に2位でフィニッシュしなさい」

 なるほど。まあー、そういうことですか。
 さらに移動はサイコロ二つ…… 二つ? 最低2で最高12ですか。まあ、無理では無いけど、ばらつきますねぇ。
 で、コースカードと特殊カードがあって、毎ターン必ず使用…… 特殊カードは…… なんだこれ?

「一回休み」「手番を2回行う」「出た目から4を引く」「出た目を倍にする」「コースカードを移動する」……

 コースカードは通常4マスだけど…… 0~8マスですか……

 おー、荒れるねぇ(笑)
 と、とんでもない(Crazy)なゲームでした。いやぁ、名前負けしてませんね(笑) しかもプラッツ向きだわ!

 言ってしまいますが、パーティーゲームです。わいわい、がやがや、適当な殴り合い、押し合いへし合いが大変たのしゅうございます。

「すいません、2倍進め! です」 「ぐ、ぐぅ、じゃあ、お返しに1回休みだ!」

 まあ、そんな感じです。

 この時は、順位が微妙だったらしく、みんな団子さん状態。誰かが突出する訳でなく、みなが足を引っ張り合って、突出したプレイヤーは放置プレイみたく(苦笑)<つまり、1位に入りたいプレイヤーもいたという。
 とりあえず、気を張って頑張るゲームではないと思います。がんばんべー、みたいな。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・03月19日(日) 第4会議室
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告