マネー Money

PICT0009_20100313203855.jpg

「マネー」 3~6人?(5人だっけ?) 45分、Reiner Knizia、Goldsieber

 これもカードゲーム。これもライナークニツィア。これもちょっと古いゲーム。

 実はこのサイズのGoldsieberのゲームは好きなゲームが多いです。カボチャオバケとか、カッツェンジャマーブルースとか。
 と、余談はおいといて、概要へ。

 数字が書かれたお金が円とかユーロとか複数種類入っていて、カードの一斉入札を行います。最終的に、各種類のお金それぞれで得点計算があり、200以上ならその数字を、以下なら、-100点を引いた点数を得ます。
 得点が高い人が勝ちというそういうゲームです。
 入札後がちょっと変わっていますが。

 基本的には競りなんですが、入札するものは、最後点数になるお金だったりします。
 そして、最もお金(数字の合計数)を出したプレイヤーから、場札のお金と交換して、賭けたお金が新たな場札になります。
 つまり、捨てるように出しても、誰かに拾われるということが最後まで続きます。
 まー、つまるところ、そのおかげで各プレイヤーにカードが偏っていくようになるんですが。

 得点方法がぴりっと辛く、カードが集まっていく様子が非常に楽しく、10点差で競り負けることが非常に悲しく、最終得点計算で190点だったことにがっくりし、ばったりします。
 基本的にはカウンティングがほとんど全てになると思いますが、5人以上でするのはやめておいた方がいいかも知れません。各プレイヤーに担当マネーが出来るから、寄ってしまうとみんな高得点、ちょっとのミスで即勝者決定になります。
 4人がベストでしょうか。
 強制的に1つのお金を集める必要がある所が、戦略が偏ってしまうのかなぁ。

 あ、手元のお金がかっつんかっつんになるって言うのもつらい所(5人以上)

 で、プレイ風景なのですが……
 しかし…… げふぅ…… 最終得点計算で集めていた2種類のお金が190点ていうのはどういうことだい?
 いや、カウンティングされて止められていただけなのか(泣)

 とりあえず、ちゃんと他のプレイヤーのカードを数えておく必要が大変あるので(日本語おかしい) 頑張らないと駄目かも(汗)
 ゲームらしくまとめられていて、勝てるのはカウンティングなど基本が出来ないと駄目みたいです。うーん、登竜門?(笑)

 がんばんべ~(大負けした)

スポンサーサイト

ゼロ Zero

PICT0012_20100313203856.jpg

「ゼロ」 3~5人 45分 Reiner Knizia、Berliner Spiel

 本日一つ目、数字だけのカードゲーム。
 いや、トリックアンドテイキングより少ないですから。だけど数字(と色)だけです。だらけです。

 最近だと「ボードゲームキングダム」におまけとしてついていましたね。
 面白いゲームなんで、それをおまけにするなんてすごいなぁと思った記憶があります。
 ちなみにうちは販売されていた方です。入手した時は普通のカードゲームとして売ってました。

 さて、概要。
 数字が1~9、んで6色ぐらい。正直覚えてません(汗)

 9枚配られ、手番には手札の1枚を場札と交換します。

 そして、手役を作る系のゲームなんですが、その作り方がにくい(笑)
 5枚で役になるのに、手札9枚とはこれ如何に。

 で、目的は手札の得点を下げることです。まあ、そのまま数字が得点になったり、それがちょっと特殊だったりするんですが、何よりも、上に書いた役が強い。
 同じ数字5枚、または同じ色5枚で0点になるという。まあ、それがそのままタイトルになっているんですが。
 ところで、どうやって得点を下げるかですが、手札を完全に0にする方法があります。
 同じ数字5枚とその中の1枚を使った同じ色5枚を作るという。

 そして、このゲームのジレンマ部分が、ラウンドの終了方法。
 終了させたい場合は、手札交換を放棄してテーブルをノックする。
 全員併せて2回ノックされたら1週で終了。ノックした人の直前で終了してしまうからまた大変という(苦笑)

 意表をついて、1順目でノックとか、無理矢理0を狙うのではなく、低得点でノックとか、まあ、色々楽しめます。
 誰がいつノックするか分からない所にドキドキ感があふれます。他人の取ったカードなんかは全て覚えてしまう勢いで(無理)
 全部で3ラウンドするんですが、サクサクサクサク進むので、ストレス無くラウンドをこなせるかと思います。
 トリックアンドテイキングで、ラウンド長いなぁと感じている人には、ちょうどいいと思います。

 まあ、それよりも時間合わせにちょうどいいゲームだったりするんですけどね(苦笑)

 この時は、時間合わせというか、ちょっと時間余っていただけというかそんなときにプレイ。
 これで他の卓と併せて「クク」へ流れ込んだんですが、なかなか小回りがきいていい感じです。

 ほどよい運と、場札を眺めての手役の方向性と、他のプレイヤーが取るカードのカウンティング、ゲームの流れなんかが合わさっていて、要素がたくさんある割にきれいにまとめられていて、大変面白くなっています。
 なかなか大好きです(笑)

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告