ファブフィブ Fabfib

min015.jpg

「ファブフィブ」 Kidult S.Albertarelli作、3~10人(まあ、何人でも)、30分、ブラフ系

 このゲーム、「フィブファブ」 と覚えてしまっているゲーマーも多いでしょう。
 最初の訳が間違っていたのが問題な訳だが、訳した人が Table Game in the worldのおのさんだと知っている人は何人いるだろうか。というよりも、誤訳のソースが、おのさんの日記からという事実もあったりする訳だけども(これは買う前の話)

 で、「ファブフィブ」 実は前にすでにプレイ済みだったりする。ただし、誤訳状態で(苦笑)

 んで、どうだろうなぁっていう感想を抱いた訳なんだけども、上に書いたおのさんの日記を読んで、コンポーネントを思い出して、ゲームを脳内再構築(便利な技能) すばらしく面白いブラフゲームなんじゃねぇ? ってぇことで、その時即買いした覚えがあります。

 ただ、それをプレイする機会が今まで無かった訳ですが(苦笑)

 さて、概要。
 どこかにいる嘘つき民族の秘密のゲーム ……なんだそうです(パッケージ裏訳より)
 まあ、それだけで 「ブラフ系のゲーム」 であることは明白だったりする訳ですが。

 ルール概要。
 0-9の数字カードとヒットポイントカードとヒットポイントチェック用の駒があって、スタートプレイヤーは数字カードを3枚取って、数字を読み上げる。左隣に渡して、カードを好きなだけ変えて、数字を読み上げて、左に渡す。ただし(強調) さっきの数字より高い必要がある。

 これでわかりますよね? 無理ってことも出てくるんでブラフが必要。それを見破るためにブラフの宣言が左隣のプレイヤーにあると。まさにそれだけ。ああ、簡単。
 ちなみに000は特殊役。詳しいことはマニュアル読んで。

 もちろん、間違えたら、ヒットポイントが減ります。減り方もマニュアル読んでね。

 さて、たったそれだけのゲームですが、今回1番盛り上がったんではないかと。
 その原因。それはテクニカルなブラフが多種多様に含まれているからです(断言)

 例えば、881 という宣言があったとする。次のプレイヤーは1枚変えて、2以上の数字を引けばよいだけ。それくらいゲーマーなら引けるはず(偏見) ってぇことで、こんなところでブラフはかけない訳だ。もちろん、それの裏もかけることができるのを忘れてはいけない。
 例えば、スタートプレイヤーが861 と宣言する。見た手札はどこをどう見ても421である。こういうブラフがかけられるともっぱら手番プレイヤーは2 枚か、3枚交換する。しかし、上のように 1があるということを見せかけて、1枚交換(しかも、4を捨てる) ということもできる。
 例えば、862 というカードをもらったとする。1枚捨てて、変えて、すぐに986と宣言する。捨てたカードは8。拾ったカードが0でもすぐに宣言してしまう。
 こういう駆け引きがとてつもなく面白い。
 あれをこうしてこうしているかもしれない。それは、カードの変更枚数、顔色、動作、声色なんかから推測する。
 時には自分のやった滅茶苦茶なブラフ(全て数字が違う)などが、自分まで戻ってくる場合がある。
 これを取るには相当悩む。本当に変わっているのだろうか。
 巡り巡って元に戻っているかもしれない。などなど。

 まあ、ブラフ系で3本指に入るゲームであることは確定である。うちにとってだけどね。
 しかも、お得なことに、数人でやっても面白いと思う。3~10人と 「お邪魔者」と同じなだけに、その活躍範囲は広いんじゃないかと。

 まあ、今回のベストゲームでした。いや、マジで。

スポンサーサイト

お邪魔者 Saboteur

「お邪魔者」 Amigo、3~10人(8人ぐらいがベスト)、30分、F.Moyersoen作

 相変わらず、写真がないのは取り忘れていたから。
 面白い = 集中する = 写真を取り忘れる という方向でここは一つ(殴)

 ゲームの説明に入る前に。
 うち的に発売当初からマークはしていたんだけど、なんか手を出しにくかったゲームの一つでした。何故かって、当初ほとんどゲームの噂を聞かなかったことに加え、加えというよりはメインなんだけど 「パッケージが怪しい(あと、タイトルも)」

 何か胡散臭さぷんぷんです(苦笑) お邪魔者って言うタイトル、さらにパッケージからゲーム内容の連想ができません。あと、あんまり大阪の販売店で見ることもなかったし。

 むーん、むーんとしていたら、あっという間に3ヶ月以上が経過してました(笑) で、今回年始にいきなりゲームのまとめ買いを友人ズと行ったときに、もののついで程度に購入してみたり。
 まあ、それよりも、東京の某所では好評というレポートをどっかで(覚えていない) 読んだからなんですが。

 買って、ルールを読んでいろいろな部分が納得。謎っぽい部分も、カードも怪しかったりしたところとか、まあ、いろいろです。

 さて、ようやくですが概要説明です。
 このゲームの特徴として、3人~10人というパーティーゲームを連想させる人数制限にあります。といっても、ゲーム的に5人以下でのプレイは無いかなぁ的な部分はありますが。
 今回は8人ぐらいでプレイしたんですけど、7人を吸収できる好ゲームであると思います。いいものゲットです。

 先にゲームテーマを書いた方が理解し安いようなので、説明をば。
 各プレイヤーはいいドワーフ? と悪いドワーフ? に分かれて、金鉱を掘り当てようと、阻止しようとします。
 で、ゲームの準備段階で各プレイヤーに役割カードを配ります。だいたい3人に1人ぐらいお邪魔者になるように配ります。
 スタートカード(洞窟が四方にのびているカード)と、ゴールカード(裏返して、3枚ある。うち1枚が金塊カード)をある程度離して配置し、アクションカードを配って準備終了。後はカードを1プレイ1ドローするだけです。
 アクションカードには大きく4種類あって、洞窟がのびるカード(場に洞窟がつながるように配置する)、ランタンなど、3種類のうち、一つが壊れるカード(他のプレイヤーの前にプレイし、手番に洞窟カードを配置させない)、それを直せるカード、裏返しのゴールカードの1枚をのぞけるカードがあります。
 そうやって、各プレイヤーが洞窟をのばして、金塊まで頑張ると。
 手札がつきるまでやるのですが、ゲームバランスが大変良いです。まさにぎりぎりの攻防になるように仕組まれているかのように(笑) 手札がいっぱいいっぱいだったりします。

 今回はウィンさん、こうしさん、ヤギさん、Shi.Ma.Chu.さん、奈Ra県民さん、astrudさん、でんこーせっかさん、うちの8人でプレイしたんですけども、計3ラウンド中、1回目は様子見、情報自由公開でいいドワーフ側。それじゃ、不利ってことで、情報非公開、ブラフし放題、手札にいいカード貯めすぎなどで、またもや、いいドワーフ側が勝利。
 最後に、こうしさんと、Shi.Ma.Chu.さんが互い全員をだます波乱があり(どちらがいいドワーフで、どちらが悪いドワーフかわからない。言っていることも違うが、微妙に正しそうと言う(笑))混乱に満ちた状態で、ぎりぎりなのに、間違いを信じたその他全員が敗北。悪いドワーフ達が勝つという結果に終わりました。
 結局得点配分の妙で、奈Ra県民さんが勝利。

 静かに思考しながらプレイするゲームじゃなくて、さくさく勢いとノリとで楽しめる好ゲームではないかと。
 特に悪いドワーフがやって楽しく、見ていて楽しく、すぐにばらすドワーフ、なかなかばらさずに混乱を招くドワーフ、キーカードをばっさり切り捨てるドワーフなんかが同時にいて、大変よろしゅうことです。
 ただ、先にも書いたけど、少人数でプレイするゲームではないわね。あ、3人とかは逆に面白いかもしれない……やってみたいぞ。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告