ドミニオンハグル

ドミニオンハグル 20091108

ドミニオンハグル

 これは何かといいますと、元プラッツ、現藤沢ゲームサークル2の代表をやっているりんちゅさんの作ったゲームです。
 とはいえ、ドミニオンを使ってハグルが出来たら面白いんじゃない? を形にしました 的な。

 ドミニオンはいわずと知れたベストセラー。1種10枚のカードがありまして、それが30種以上(拡張込みだともっと) それらを使って、情報カード(どのカードが何点だとか) という情報を使ってうろうろうろ。他の人と自由に交換、交渉してよいよと。 そんな感じです。

 まー、ドミニオンファンのためのハグルでしたとさ。ちょっと日曜大工したい人には作ってみてほしいゲームですね。作るのも楽しいよっと。準備が大変だけど(笑)

スポンサーサイト

トリックトレック Tricky Trek (2009)

トリックトレック 20091108

トリックトレック Tricky Trek (2009)、Corne' van Moorsel作、Cwali、2-5人、15分、8歳以上

 2009年のエッセンでのSpiel'09で限定300のゲームです。
 それもそのはず。コマが全部陶器で出来たかわいらしいコマだから。きっとどこかから集めてきたんだと思う(笑)

 ゲームのテーマはライオン。
 プレイヤーはライオンとなって動物の群れの最後尾につけて、ぱっくんちょと食べていきます。子供には野生の厳しさをまず教えましょう(笑)
 んで、食べたらそれが手元に入ります。
 手元に入った動物はライオンの推進力となって(エネルギーとなって)またライオンを進ませることが出来ます。

 っと、ゲームの流れ的にはまず、初期配布の動物を最大2種握って、同時公開。最後尾のライオンがその握った動物分進んで(あらかじめ決められています、豚は4歩とか) 進んだ先にいる動物を取って手元に加えます。そして、使った動物は列の先頭に置かれます。なんていう食物連鎖(してねぇ)

 こうやって、誰かが列のトップに立ったらそのプレイヤーが勝利します。

 実際のところ、勝負に行くタイミング、読み間違いなど、単純に出来ている割に深く楽しめます。子供向けなんだけれど、テーマが。。。
 とか書きつつも、うちも子供がいればぜひプレイしたいゲームの一つです。

 ちなみにうちが勝手に作ったバリアント「同じ種類の動物を握ってはいけない」 というルールを付加しています。

ソーリースライダーズ Sorry! Sliders (2008)

ソーリースライダーズ 20091108

ソーリースライダーズ Sorry! Sliders (2008)、Craig Van Ness、Parker Brothers、1-4(4)人、30分、6歳以上

 ゲームのタイトルにある「ソーリー」。どちらかというとインドの伝統ゲーム パチーシに近いゲームだったような記憶があります。

 んで、このゲームはそれとはまったく違って、アクションゲームです。
 えー、見たら分かるか。そうです、順番に投げ入れるだけです。
 後、真ん中のスコアボードは4種類、レーンも連結できたりそれなりの自由度があります。
 なので、結構いろんな楽しみ方が出来ます。

 まー、問題は目的を見失うプレイヤーが多発するところでしょうか(笑)
 力任せに投げ込むゲームではないから、そこのおじさんたち(苦笑)

 まー、実際、投げ込み方を力が入らないような形を取れればカーリング見たく、非常に戦略的になるんでしょうねぇというところ。
 なんか考えるかな。。。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告