ゲームマーケット エラッタ一覧

 最総集編はエラッタ一覧とおまけです。
 最後までフォローできてたらいいなぁ。


■■■ 高天原 ■■■

・平城の四君
 販売時にエラッタシートを配布していますが、添付忘れがある場合があるかもしれないので公開してます。

 エラッタ



■■■ 操られ人形館 ■■■

・Witchcraft
 付属のプレイシートにエラッタがあります。キャラクターカードに乗せるチップはプレイ人数+1枚のカードがスコアリング時公開されていれば、チップが倍になります。プレイ人数+1枚"より"多くではありません。

 エラッタ


■■■ Puzzle Maniac ■■■

・ウボンゴ拡張問題集
 ウボンゴの5ピース問題で2枚解けない問題があるとのことです。
 萬印堂様で再印刷の上、送付されるとのことで、以下のリンクからメールで各自申し込んでください。

 エラッタ


■■■ King's Court ■■■

・ようせいさんポーズ
 エラッタではありませんが、ルールを渡せていない方がいるとのことです。詳しくは以下。

 リンク


■■■ Aquaria ■■■

・Dead Running
 エラッタ。。。に入ると勝手に思ってますが、FAQ集が出ています。近いうちにまた更新されると思いますが、、、(メールは送った)

 エラッタ


■■■ キリバリゲームズ ■■■

・三国志将棋ネオ 赤壁マップ
 取り除くコマに孫権を加えてください とのことです。

 エラッタ




■■■ 最後に ■■■

 このHPをご覧頂きありがとうございます。
 ゲームマーケットでの参考になりましたでしょうか。

 アクセス解析の結果は後日、プラマガの投稿でお知らせしますが、本当にたくさんのアクセスありがとうございました。特に開催前後5日ほど、これまでの倍ぐらいの方がアクセスして頂きました。

 後はゲームをプレイするだけ という状況の方も多いかと思います。
 作者側としても、紹介者側としても1つお願いがあります。

 是非、感想をブログ、ツイッター、play;gameさん、Table Game in the Worldさんのゲームマーケットアンケート(すでに始まってます。トップページの左のリストにあります) に書き込んでください。
 内容はプラスなことでもマイナスなことでも構いません。ゲームの良さはゲームのルールだけではなく、レビューやレポート、感想があってこそです。それでこそ、次に繋がるんです。

 創作意欲 > ゲーム創作 > ゲーム販売・購入 > ゲームプレイ > 感想や評価 > 創作意欲

 ってな感じです。
 まだまだユーロゲームは規模も小さく、創作ゲームも数が少なく、大作が少ない状態です。これは創作側の頑張りに加え、プレイする側のフィードバックがあってこそ、育つものだと思います。
 そういう感想、会話、議論があってこそ、広がって、盛り上がっていくんじゃないかなと思うんですよ。

 もちろん、評価する方だって他の人の賛同を得られないことだってある訳です。けど、そう思った人の意見ってすごい重要なんですよね。作成側はもちろん、プレイする側にとっても。あー、そういう見方もあるかってことで見聞も広がるんじゃないかなとか。

 そういった感想を読ませてくれると、「あぁ、このサイト作った意味があったなぁ」と嬉しくなるので、特に(笑)

スポンサーサイト

GM当日 レポート

 とか謳ってますが、結局は出展者側なのでイマイチ情報が少ないです。

IMG_0143.jpg
IMG_0144.jpg

 しかも写真はこの2枚だけ。
 時間は9時半頃でしょうか。そう、開場前の設営ブースです。

 それはそれで貴重。。。か?


 他のHPとかで開場後の熱気の話やら人の数やらは感じ取ってください。昨年1800人ぐらい? 今年2200人ですからねぇ。全然違いますね。はい。
 確かに今年は12時過ぎぐらいまでずっと人がいたよなぁとか。
 もうちょっとしたら、始まりから終わりまでずっと人がいるんじゃないかな。Spielみたいに。



 さて、これだけじゃアレなので、もちょっとだけ。
 うちは高天原で12時頃まで売り子。
 お昼ご飯のために友達にタッチして、6階巡回後、お昼へ。
 1時間弱ぐらいで帰ってきて、5階を巡回、店番交代 という流れでした。
 実際このタイミング以外他のブースは見れていないと言う体たらくです。


6階。

 それでもレポート(笑) ゲーマー根性と言うよりは、書いておかないともったいないと言う貧乏性気味な発想。なんか貧困だなぁ(苦笑) しかも発想が(汗)

 まず、6階。
 創作ゲームでこんだけ盛り上がったのは今年が初めてですね。去年の閑散っぷりが嘘のようです。
 回ったのが12時ぐらい、開場後2時間経ってましたので、そこらここらで売り切れが出てました。記憶しているだけで500円ゲームズさん、遊星のフリーキックさん、Puzzle Maniacさん(ウボンゴ3D)、Aquariaさん(Dead Running)、King's Courtさん(ようせいさんポーズ他) でしょうか。おそらく他にもあったと思いますが、何せセットアップ時が分からないので(苦笑) なんとも言えず。

 後、ぱっと見て、全体的にコンポーネントの質が上がりましたね。
 今回萬印堂さんの御好意で安くカードが作れたり、タイルが作れたり、シートが作れたり、それ以外を利用している人がいたりと、皆さん多種多様。
 といっても、単価が上がっているかと言うとそうでもないと感じました。500円ゲームズの影響かなぁ。
 分かっている範囲で、ですが、トップは操られ人形館さんのMineout再販版(コマが若干違う) 4500円、2位は高天原(うち)の伊能大図 4000円でしょうか。TGFでもそうだったもんねぇ(苦笑)
 共にボードゲーム、カードもあって、コマも木製とか、まぁ、原価がそれなりに掛かってるんですよね。。。

 で、それら入れたとしてもアベレージ2000円ぐらいだったんじゃなかろうかと。500円ゲームズ、偉大だなぁ。
 こういうのはこれからも続いてほしいと思います。手軽に同人ゲームに触ってもらうこともやっぱり重要ですから。ただ、原価と売値同じ? とか思ってしまうようなものもちらほら。いや、えっと、頑張って作ったんだからそれなりの差額は貰ってくださいと思うのはうちだけなのかな(苦笑)


 後、中古ゲームはバザーが中心でしたね。
 さすがにめぼしいものは売り切れていましたが(汗)



5階
 大型ブースばかりの5階です。
 13時も過ぎたと言うのに、まだまだ人だかりでしたね。
 中古ブースも去年ほどではないにせよ、人だかり。探しているゲームが結構偏ってるのかな。購入者は少なかったかもなー という感じでした。きっと市販品の有名どころが安く売られていたら結構売れていたのかもなぁとか。

 こちらも結構な売り切れが出てました。賽苑さんのZittia、Haura、カワサキファクトリーさん(全部)とかとか。
 ショップは子供ゲームが結構売れていたような。。。 バネストさんは相変わらずでしたが、ちょうど店長の中野さんがインタビュー受けてました。
 あ、そうそう、冒険企画局さんだったかな、TV取材受けてましたね。 こういうのはドイツのSpielでもあるので、なんか自然だったなぁ。コミケでもあるよね。

 この後、公開オークションがあったんですが、参加できず。
 今回は安めだったようです。他のブログとか読んでても「会場の熱気」がすごくて、早めに帰った人が多かったからかなぁ。
 個人的に心残りは「ウィスキーカタン(命の水)」が14000円だったという事実。いや、それほしいから。そして、うちにとってはその値段は破格で安いから(ウィスキーが入っていたちゃんとしたもの)
 行けばよかったと思いながら、相手の名前を聞いて「こりゃ無理だ」とも思ったり(苦笑)<知ってる人だった



 後、断片的につらつらと。

■■■ 6階のフリースペースについて ■■■
 12時ごろだったかな、設営が始まってました。
 これは正解だったと思う。何せ、午前中は人の多さが半端なかった。手元には荷物いっぱいだったし。
 設営後は最初ぱらぱら、後はぎゅっと皆でプレイされてました。幸せそうだったなぁ。


■■■ フリーマーケットについて ■■■
 ちょっとブースが狭かったかもしれませんね。まぁ、行った時間が時間と言う話もありましたが。
 ずっと人だかりが出来ていたので、やっぱり目玉の一つなんだなと再認識。


■■■ これ、どんなゲームですか? ■■■
 売っている側でですが、結構いたし、インスト聞いてうなづいている人もいたし、デザイナー指名買いも両サイドで(カナイ製作所さん、骨折ゲームズさん)でよく見ました(笑)) うちもそうなりたいもんです。
 けど、思ったのが、プレイ卓がほしいなぁとはやっぱり思うかな。スペースと人員の問題があるけどね(苦笑)


■■■ 新規ブース ■■■
 今年多かったですねぇ。来年ももっと増えてほしいなと。


■■■ 歩行スペース ■■■
 多分、今のフロアだと今のサークル数、規模が限界じゃないかな。。。 パワーが入りますが、ぐっと増えてもう1フロアほしいですね(笑) 回るのにめっちゃ時間かかるし、荷物が大変だけど。


■■■ クロネコ発送センター ■■■
 そんな夢みたいなものはありませんが、あったらなぁと思っている人はめちゃくちゃいそう。
 まぁ、この規模では難しいですが。


■■■ キャリアー ■■■
 使っている人は1人見ただけかな。
 キャリアーに空のダンボールをつけて、いっぱいになったらそのままコンビニで送ってしまう というスタイルが一番楽なんですけどね。人が多いから動かしにくいか。いや、ゲーマーならそんなスキルも身に着けているに違いない(誤報) まぁ、持ち込むにしても、重いしでかいし危ないので、気をつけましょうということで(これは決まり文句的なもので)


■■■ 子供 ■■■
 そこそこ見ましたが、やっぱり熱気のせいかな。元気が無かったように見えたかも。
 あの空間はちょっとしんどいですね。お金を掛けてでもスペースを大きく使ったフロアも合った方がいいかも。ござ引いてぐらいのノリの(笑)


■■■ スタッフ ■■■
 あの少なさでよく回せてるなー と感心させられます。
 実際、大きなトラブルは無かったように感じましたが、どうだったんでしょうか。
 後、お疲れ様でした。一参加者として楽しかったです。また来年もお願いします。


■■■ 週末 ■■■
 皆で買ったゲームをプレイしましょう。今から楽しみですね。


■■■ 評価 ■■■
 ブログ、Mixi、ツイッター、Play Game、BGG、Table Game in the Worldさんところのアンケート なんかで簡単でもいいので「これやったー」 ぐらいのノリで。
 こういうのが後に続く種になりますよね。参加者ももちろん、製作者も。


 今年は楽しかった。また来年! の前にTGF? 2010FのFはFinalのFだそうです(代表から聞きました)

拡大ゲーム会 レポート?

 という訳で、まずは前日の拡大ゲーム会の様子から。

IMG_0104_20100601204244.jpg

 設営の様子1。
 時間は9時半頃かな。設営が終わった直後に到着しまして(すいません)、10人弱で用意して頂いたようです。


IMG_0105_20100601204244.jpg
IMG_0106_20100601204244.jpg

 設営後の2枚。
 こんだけ卓がありました。
 まぁ、もちろん今がスタートなのですっげー、広いです。


IMG_0107_20100601204243.jpg

 記念すべき拡大ゲーム会1ゲーム目。そして、終了図(笑)
 メンバーはりんちゅさん、かゆかゆさん、うち。

 ゲームは明日は出品されていない りんちゅ作「ワクワク7」。
 ワとクと7が書かれたダイスを振って、ワクワク7のうち何文字目まで出来ているかをいち早く言うアクションゲーム。
 得点方式とかもありますが、本人曰く、昨夜夜なべして手書きで作ったとのこと(笑) サンクス。

 そして、手前に写っているカードは関係の無い「モノポリーディール」。この時はプレイしていません。


IMG_0108_20100601204243.jpg

 え、このノリでぐだぐだ書くのか? イエス。写真は20-30枚ぐらいあるのぜ。

 で、これが2作目。
 高天原(うち)の黒猫タロット。まぁ、スタートなので軽めのゲームが連発されるのです。
 簡単なメモリーゲームですが、イラストが超イカしてるので、作った本人が一番喜んでます。

 1-22の数字のカードを各自に配って、スタートプレイヤーから時計回りに数字を1つ言うだけ。言われた数字を持っていたプレイヤーはそのカードを全てのプレイヤーに見せて、裏向けて捨てます。
 22のカードを残して勝った図。朝なので記憶力は皆さんさえていた模様。


IMG_0109_20100601204243.jpg

 続けて高天原より「平城の四君(へいぜいのしくん)」です。
 カードプレイでコマを進める+得点札としてカード取得 を繰り返してカードを全部使い切ったら得点計算。カードの種類とコマはリンクしてて、コマの位置によって手に入れたカード1枚の価値が決まると言う方式。
 2ラウンドあって、2ラウンド目は最も集めた色がマイナスになるというテクニックが必要なルールになってます。

 まー、1ラウンド目で感覚を掴んで2ラウンド目がほんちゃんですね。

 3人プレイながらがしがし進む展開に。
 後にカードを残さないとえらいことになってました。


IMG_0112_20100601204228.jpg

 あ、買うの忘れてた。。。
 今思い出しても仕方ないのですが(汗)

 グランペールの新作「ノブナガ」です。
 作者自らインストしてもらってのプレイです。

 人数+1枚カードが公開されて、その中から各自1枚ずつ取って、残りがプレイヤー外のノブナガへ。
 ノブナガが持っているカードで枚数チェック。トップ2(2ラウンド目はトップ3)が得点を得るんですが、ノブナガはタイブレイクに強い! ので、ノブナガに結構持っていかれる展開。
 最終的にノブナガトップでプレイヤー打ち首でした(笑) 3人プレイはキツイゼ。

 ポイントはイケメンな本願寺です。


IMG_0114_20100601204227.jpg

 りんちゅ作のダイス☆スター4です。当日は500円ゲームとして販売されてましたね。

 特殊ダイスが3つと2つ。
 片方は2/6に印が、もう一方は3/6に印が入ってます。
 手番プレイヤーはダイスを振って、全員共通のコマを進めます。進めるには最低2つ印を出さないといけないんですが、出なかったらそのプレイヤーだけ、その階層-ラウンド数分の位置に置かれて、ラウンドが続きます。まぁ、ダンジョンで死ぬと置いていかれるのが当然だよね という一部うなづける人間仕様になってます。
 ティルトウェイトでくたばるが良い>自分

 で、これ。
 かなり確率論がうまく機能してまして、うまく進めない進めない。
 うまく得点が絡む絡む。
 見通しがかなりいいし、久々に面白いダイスゲームでした。


IMG_0116_20100601204212.jpg


 んで、時間が空いたので少し重い目。高天原より伊能大図です。
 メンバーが変わって、りんちゅさん、てらしまさん、すいません、一方お名前を聞いてませんでした。当日も買って頂いたのに(陳謝)とうち。

 インストしてて「相変わらずインストしてもピンと来ないゲームだなぁ」と再評価。なんとかうまくインストは出来ないものかしら。。。

 やさしさあふれるプレイの中でもガスっと作者の大人気ないプレーが炸裂しつつ、フタをあけると最初目立ったりんちゅさん、うちがぐっと負けてて、てらしまさんともう一方でデッドヒート。最後のお金得点で逆転されてました。まさに1金勝負。

 ちなみにてらしまさんってあの「テラフォーマー」のてらしまさん。後で「テラフォーマー」を広げられてて「もしや」と思って聞いたらその通りでした。会いたい人に前日に会えたぜ。全然話できなかったけど(苦笑)


 ここらで昼食でした。
 操られ人形館さんのところに荷物を預かってもらって、お昼ご飯へ。
 余談ですが、こんなぐだぐだで拡大ゲーム会やってました。作者っていうよりは一参加者です。けど、それが楽しかった!


IMG_0118_20100601204211.jpg
IMG_0119_20100601204211.jpg

 14時ぐらいでしょうか。
 結構盛況。人が増える増える。

 ここでぐるっと卓を勝手に撮影。すいません(汗)
 けど、紹介しておきたいので。。。


IMG_0122.jpg
 
 多分G.P.incさんかなと。
 本格的なチップを使ってテキサスホールデムをやってました。


IMG_0123.jpg
IMG_0125.jpg

 イリクンデさんはかぎやよへえとThROAのデモプレイをされてました。


IMG_0124.jpg

 ワンドローさんはグリモワールにハラキリッですね。


IMG_0126.jpg

 若干手ぶれしてる(汗)
 操られ人形館さんはWitchCraftとPregame of Majority 2をやってました。
 後で操られ人形館さんで店番してたんですが、グランペール新作、りんちゅ、操られ人形館、高天原のどれでもインストします とかのたまってました(笑)
 初プレイでPregame of Majority2やったりして楽しかったです(笑)<本当にゲーム会のノリ


IMG_0127_20100601204149.jpg

 みさき工房さんではアルケミストのアトリエがプレイできました。
 さ、参加したかった。。。


IMG_0128_20100601204131.jpg

 だらだらゲーム部分科会さんでは八卦札の追加ルール、拡張ルールをプレイされてました。
 後でWEBで公開されるそうです。持っている方は是非HPへ。


IMG_0129.jpg

 カナイ製作所さんでは新作 500円ゲームズの「RR」をプレイされてました。
 9分割された場所にカードをプレイするのですよよよ。


IMG_0130.jpg

 スパシアナさんところですね。
 韓国のゲームやスリーブがいっぱいありました。


IMG_0131_20100601204131.jpg

 Hammer Worksさんでは2卓使って、Hammerさん作の卓、OKAZUさんの卓と分かれてやってました。もう一方のゲームもあったはず。Hammerさん卓と一緒だったかな。


IMG_0132.jpg

 んで、拡大ゲーム会ではお隣。てらしまさんのテラフォーマーです。ずっと回っていた気がします。


IMG_0133.jpg

 回りきった ということで、りんちゅさんが持ってきていた「モノポリーディール」をプレイ。
 なんていうか、アメリカ人が力技でまとめたカードモノポリーです。
 確かに収束はするけれど、なんて直接攻撃的なゲームなんだ。。。


IMG_0135.jpg

 猪月さんのゴルディアン(500円ゲームズ) ですね。
 キンキラキンです。

 各プレイヤーはチップを集めることを目的としています。
 親プレイヤーはチップを金塊に隠して、競りをします。
 競りで買ったら1つ金塊を選んでゆすります。その後、どれか1つの金塊を取ります。

 その後、金塊を混ぜなおして、次に競り値の高かったプレイヤーが選んで取ります。ゆすっちゃいけません。

 こうして金塊の分配が終わったら、中のチップを貰います。もちろん、1つは入ってません。
 こうして、チップの合計を競うんですが、妖精キューブっていうのがあって、それが自分のチップの価値を上げたり、下げたりします。

 競りで勝っても音だけで判断するので結構悩みます(笑)


IMG_0136.jpg

 自分でもプレイできるとは思ってませんでした。
 高天原より猫画伯です。

 場札の3枚それぞれに、手札から1枚ずつ出して言って、同じ色を出せた分、山札からカードを引けます。
 同じ色のカード3枚出すと追加で1枚引ける上、リバースが掛かります。
 これもプレイしてみないと分からない系だと思うんですが、妙な殴り合いが楽しいです。


IMG_0137_20100601204112.jpg

 そして、拡大ゲーム会は盛況のうちに終了して、帰り道にあった案内板。なんと手書き(笑)
 手作り感満載だったのでたのしゅうございました。

 ちなみに会場ではハグルとかもプレイされていたのさ。

IMG_0139.jpg

 最後に創作デザイナー何人か集めての飲み会席上から見えたスカイタワー。
 こういう飲み会あんまり無いけど、こういうのがイベントアフター(ビフォアー?)は楽しいです。
 遠方だとどうしても前夜祭でしか出来ないですからね。


 これで前夜祭レポート終了です。
 たんたんとしすぎててあれですが(苦笑)

 まー、デザイナーでも買いに来た人でも結局はゲーマーな訳なので、やっぱりゲームはプレイして何ぼですよね。

前日談、当日談、後日談、レポートとか色々

 体力回復したら書きたいとは思ってます。

 とりあえず、さっき大阪まで帰ってきたので、今日はおとなしく寝ます。
 この記事は週中ぐらいまでには消えていること(レポートが上がっていること)を目標に。。。


 あっと。
 1つだけ。


 会場で声を掛けて頂いた皆様、ありがとうございました。
 誤情報など至らない点もありましたが、今後とも気にかけて頂ければ嬉しいです。

訂正 K.O.L.G.様のゲーム

一部記事に間違いがありました。
お詫びして訂正いたします。

K.O.L.G.様の紹介でだしたゲームについて、全く関係のないゲームを取り上げてしまいました。リンク先の作者様よりご指摘いただきました。

モバイルから修正の効くblogは一旦削除しました。一覧は申し訳ありませんがゲームマーケットからの帰宅後となります。

この度は誠に申し訳ありませんでした。

GM紹介 まとめ

 ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
 まだ御紹介できていないサークル様、申し訳ございません。

 TwitterやMixi、Blogでリンクを張って頂いた皆様、ありがとうございました。


 5月頭からえっちらおっちらやってきましたが、ゲームマーケットへ来る一因になりましたら、幸いです。


 今から出発なのでタイムアップです。
 次はゲームマーケット後に会場レポートやプレイレポートなんかを出したいなと考えております。

 っていうか、WEB環境が手に入れば、拡大ゲーム会の様子がアップしたいけど。。。そんな時間あるかな(苦笑)

 それでは会場でお会いしましょう!


 ちなみにJosee-Designのみんなん紹介で書いた「10万円以上持ってきている人」の数ですが、うちの予想は15人ぐらいじゃないかなとか(笑)
 どうやって持って帰るのかは謎ですが(笑)

 皆さんは何人ぐらいいると思いますか?

GM紹介 Josee-Design

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ Josee-Design ■■■

 2007年からの出店のはずです。うち(高天原)と同じはず。。。
 今年も大型ブースです。


■■■ みんなんカードゲーム ■■■

 2007年出店時のみ無料配布された「みんなん」。
 それのルールに改良を加え、カードサイズのボックスにまとめました。もちろん、カードゲーム(ダイスもあったはず) になってます。

 以下の説明はみんなんのルールがベースです。
 ゲームジャンルとしてはコミュニケーションゲームになります。

 親と子に分かれ、親へは数字が提示されます。例えば4。
 5人でプレイしているとして、この中で4人(もしくは4つ、4回等) になるようなお題を決めます。
 例えば、「ル・アーブルをプレイしたことがある人」 等です。
 これは経験なので1回でもプレイしたことがあれば1つとします。つまり、5人中4人がル・アーブルを1回でもプレイしたことがあればポイントを得られることになります。
 他のプレイヤーはこのお題に対して本当はいくつなのか を手元のカードで予想します。あたったらもちろんポイントです。

 このゲームは同じ趣味の人通し、よく見知った人通しでやると非常に盛り上がります。

 例えば、1が提示されたとして「ゲームマーケットの予算が10万が超えている人」 とか(笑)



■■■ バボーン拡張「グシャス」 ■■■

 昨年好評を博したカードゲーム バボーンの拡張となります。
 内容は追加カードが何枚か入っていて、それらへのルールが追加されているはずです(最終版は見てないのよ。。。)<テストプレイヤーでした。

 拡張なので細かくは言えませんが、バボーンが若干戦略的にな、、、な、、、なっているんじゃないかなぁ(笑)
 ご飯に五穀米、カレーにコーヒー少々、胡椒・パプリカ・ハーブ・レモンに塩少々混入 みたいな感じです(分からん)

 ちょっと変わったバボーンになりますので、是非体験を。

GM紹介 ワンドロー

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ ワンドロー ■■■

 一昨年からの参戦 でいいのかな。
 中型ブースです。


■■■ グリモワール ■■■

grimoire_02.jpg


 写真をお送りいただきました。サンクスです。

 グリモワールの書と言って分かる人は古典ファンタジーに通じている人でしょうか。
 うちも聞いたことしかなかったんですが、どうやら実在するヨーロッパの魔法書のようです。中世から伝わっているので非常に信憑性が高そう。

 で、このゲームはそれをテーマとしています。
 なので、ちゃんと各プレイヤーにはコンポーネントとして魔術書(ハードカバーのミニ本)が渡されます。本がコンポーネントで付くって、他のゲームで見たことがないです。本自体のゲームはありますが、本がコンポーネント。。。うーん、何かありましたっけ? 本の形をした木のコマならあるんですけどね。。。

 ゲームはグリモワールの書で魔法(特殊能力)を用いながらカードを集めるコレクト系です。
 各プレイヤーは自分の魔法書で使いたい魔法のページをめくって一斉に公開します。ページの少ないプレイヤーから場札を取っていくんですが、魔法書には強力な魔法ほど後ろにあるように出来てます。
 そのため、強力な魔法か、場札か。

 おそらくですが、突き詰めれば 得点か補充か という選択になるのかな。

 イラストもポイントで、海外で有名なイラストレーターを起用されているとのこと。確かにどっかで見たことあるような。。。

grimoire_01.jpg

GM紹介 賽苑

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ 賽苑 ■■■

 昨年の台風の目っぷりは参加者には記憶に新しいかと思います。
 今年もすごいんでしょうね。
 大型ブースです。


■■■ DAZZLE -ダズル- ■■■

dazzle_img_04.jpg


 画像を頂きました。
 2人用のカードゲームになります。
 テーマは運命 とのことです。

 ジャンルとしては、セットコレクションになるかと思います。
 また、カードの選択がベースにあり、それが本当にゲーム上、重要となります。

 カードは4スートあるんですが、これがまためちゃくちゃきれいな印刷です。美術印刷? というやつかな。
 このレベルの印刷をしているゲームは市販含めても少ないと思います。っていうか、見たことあるかな。。。(記憶なし)

dazzle_img_02.jpg


 2人用思考系を探している方がいればオススメできます。
 また、コマもオリジナルの木製コマなので、そこも見所かなと。



■■■ KHMER -クメル- ■■■

khmer_img_03.jpg


 こちらも2人用カードゲームです。
 カードは少なめ16枚ですが、分厚いです。でかいです。

 ダズルに比べると、こちらは何ラウンドかプレイして、ポイントを競う(勝率?)ものになります。

khmer_img_02.jpg


 テーマはアブストラクトなので、ありませんが、そこはさすが賽苑さんです。デザインでなんか全て持っていかれている気がします(笑)



■■■ ZITTIA -ジッティア-(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

zittia_img_04.jpg


 とりあえず、500円ゲームズで賽苑らしさを出したらこんなになりました、というところでしょうか。
 へー、こんなのも500円で作れるんだと感心しました。

 ゲームはアクションゲームです。
 親と子に分かれて、親はコンポーネントにある棒がテーブル上に横たわっているので、それを立てることを目標とします。
 子は袋にある手のイラストにどかどか内容物として同梱されているガラクタを乗せて言って、親が「やめて! 私の限界はここよ!」なんてストップをかけます。
 掛かった時に、子は「できるの? できないの?」をビットして(笑)<自分たちで乗せて言ったのに。。。 親は実際にチャレンジを行います。

 しかも練習なし。

 実は1回だけプレイしたことがあるのですが、思った以上にうまくいくこともあれば、簡単なのに「アレ?」 と失敗することもあります。
 手の可能性を考えさせてくれるゲームです。

zittia_img_02.jpg


 ちなみにガラクタはセットによって違うとのことです。

GM紹介 カワサキファクトリー

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ カワサキファクトリー ■■■

 同人ゲームを知っている人はもちろん、買ったこと無い人でも知っているサークルではないでしょうか。
 もちろん、外国人含めて。Z-Man Games、AmigoからR-Ecoが発売されたのは皆も知っての通りです。
 大型ブースです。


■■■ R-ECO-RECECLE ■■■

 R-Ecoのテーマを受けついだR-Ecoとは別のゲームとなります(念のため)

 カードゲームで、裏向けに配置されたカードを引き取ると言うことで、ブラフ要素があるとのこと。
 もちろん、これだけ読めば読み合いでしかないのですが、実際はそうじゃないでしょう。

 記憶では去年? その前?のゲームマーケットでテストプレイされていた という噂を聞いたことがあります。



■■■ ダラララ!!(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 テーマはTVアニメ(元は小説)の デュラララ ですね。
 ネタとしてはいくつか知っているんですが、実際に見たことが無いと言う。。。

 4つの勢力のいずれかに属して、最も大きな勢力に属したプレイヤーが勝利するとのことです。
 隠蔽系のゲームになるのかな。。。


■■■ ブレインフリッパー(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 これは見ただけで分かるパズルゲームです。
 カードが3枚用意されていて、それらを用いてお題カードの形にするということです。
 カードには2x3の合計6つの円が描かれる場所があって、それらのうち、4つ描かれています。
 このカードを用いて、お題カード(円が8つ等配置されている)の形に合わせてカードを配置するゲームです。

 カードは重ねてもいいところがポイントでしょうか。


■■■ ギリギリボウリング(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■



 えーっと、アクションゲームなので、動画を見ていただいた方が早いです(苦笑)
 カード(タイル?)の上にピンがいくつか立っています。手番にはカードをはじいて、それらのうち1本でも倒せばいいんですが、全て倒れてしまうとバーストとなります。
 微妙な指加減で倒しましょう ですね。

先行予約まとめ

 会場ってどんな雰囲気? っていうのはいくつか前の投稿で書きましたけれど、それを少しでも回避するために予約をしようという話です。
 いや、正直やってくれているので、是非乗るべきです。
 会場でチェックとか、結構時間が掛かるのです。


予約受付サークル
カワサキファクトリー
予約:http://www2s.biglobe.ne.jp/~k-saki/

イカP
予約:Mixi(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1496153225&owner_id=2097630)

Hammer Works
予約:Mixi(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1493938620&owner_id=343723)

TDF
予約:http://green.ap.teacup.com/tdf01/

操られ人形館
予約:http://blogs.yahoo.co.jp/keen_red_pepper/31480107.html

骨折ゲームズ
予約:Mixi(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1494393247&owner_id=1008447)

高天原
予約:http://takamagahara.seesaa.net/article/150991667.html

GM紹介 King's Court

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ King's Court ■■■

 初期からの参加、そして有名すぎて説明不要かも。
 時代劇3600秒等爆笑必須なゲームをリリースされています。小型ブースです。


■■■ ようせいさんポーズ ■■■


 再販の可能性が限りなく低いということです。
 それもそのはず、紹介を読ませて頂いた限り、関節稼動の人形が入っているそうです。おぉぉ。。。

 テーマは妖精。みんなにも見えているはずだ!(いやいや)

 ゲームはお題カードにあわせて人形にポーズをとらせるというものだそうです。
 実際人形自体かなりのポーズを取れるとのこと。うーん、デザイン用の人形? じゃぁ、あの値段じゃないからHABAのポーズをとらせるサルのゲーム。。。タイトルなんだっけな。 あういうのかなぁ。
 けど、着せ替えが出来るとかなんとか。。。りかちゃん人形ぐらい? まさかリボルテック。。。はポーズはある程度限られるしなぁ(どんどんマニアックな方向に行くので止めときます)

GM紹介 ボードゲーム・カードゲームの印刷所

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ ボードゲーム・カードゲームの印刷所 ■■■

 昨年から参加されています。国内でゲームを外注するならまずはここでしょうか。
 大型ブースです。


■■■ ハニカム ■■■

 昨年どっかで画像を見ましたね。
 蜂の巣にあるハニカム構造のあれをボードにしたゲームだったはずです。


■■■ ヒットマンガ ■■■

 ヒットマン(暗殺者)とマンガとヒット(売れるって言う意味で) をかけたのかなぁ。
 概要は全く分かりません。


■■■ ハヤクチ流星群 ■■■

 えっと(苦笑)
 概要は分からないのですが、早口に何かを言うゲームなんだと思います。
 想像は付くけれど、合ってるのかな?


■■■ ハイアンドシープ ■■■

 ハイアンドといえばローなんですが、シープなんですねぇ。


 作品紹介サイトは以下。

 リンク(工事中)

GM紹介 姫桜皇月

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ 姫桜皇月 ■■■

 ゲームマーケットの他にコミックマーケットにも参加してます。
 中型ブースになります。


■■■ 東方数天録 ■■■

 リンク

 ルールはリンクから確認ください。
 えっと、東方がテーマのセットコレクションのゲームになります。
 カードゲームで、手札をプレイしていって、自分の前にカードを1~7の数字のカードを1枚ずつ並べられたら勝利となります。
 特殊カードなどがあって、他のプレイヤーの場札、手札を攻撃できる直接攻撃系のゲームになる。。。のかな。
 とはいいつつも防御できるカードも結構あったり。

 まぁ、特殊カードのオンパレードと感じられるかもしれませんけれど、そうでもなく、やっぱりゲームの目的は1~7の数字カードを自分の前に並べること だったりするわけです。

 個人的に他のゲームでもそうですが、ゲームの目標を忘れて、特殊カードを連発したがるプレイヤーがいたら、収束性は悪いかもしれませんが、まぁ、普通にプレイすれば普通に終わるんじゃないかなぁとか。
 というのと、作者が「パーティーゲームです」とおっしゃっているので、その辺はノリで楽しむのが正解となるゲームのような気がします。

 ちなみに東方というのはシューティングゲームで、ボス戦がメインのゲームです。
 各ボスはスペルカードと言う弾幕を持っており、それを順番に使ってくるんですね。なので、このゲームもそのスペルカードを模して、このカードゲームに昇華して採用されています。

 ゲーマーたるもの、テーマだけで手を出さない手はないのですよ(笑)<アグレッシブ

ゲームマーケット 前日、当日ってどんなの

 今の時期、ワクテカしてる参加者と、「あと一週間あれば」と思っている作者たちと、一体どれくらいいるんでしょうね(笑)
 うち? ふふふ。


 さて、それはともかく、ゲームマーケット初参加っていう人はそれなりにいるのかなとか思いますので、ざっと情報というか、経験談と言うか。
 後、予測付きでいくつか。


■■■ 前日 ■■■

 まず、拡大ゲーム会 という名の前夜祭(勝手に命名)

 昨年から前日に同じ会場を使ってのデモプレイ(販売はダメよ) が始まっています。
 今年も形式は違いますが、あります。詳しくは3つ前ぐらいの投稿を参考にしてください。

 で、昨年どんなだったかをレポート。
 や、一応レポート作ってあげた。。。と思うけれど(記憶あやふや) Mixiだけだっけなぁ。。。 まぁ、いいや、今書けばいいんだし(おいおい)

 まず、昨年はサークル募集がありました。費用は初めてなのでタダってことでしたが、ためらう参加者多数(笑)
 なので、申し込みしたサークルは10サークルぐらいかなと。ワンドローさんといった企業含めてこの数でした。
 ただ、朝から出ないといけなかったので、うちみたいに大阪にいる人間はちょっとつらく、参加を見送っていました。前日観光もしたかったしね。
 観光と言いつつも、顔は出しに行ったんですが、時間はそう、昼頃。浅草のえび天丼食べた後で行ったと思う。ん、逆か?
 同人テーブルはそうですねぇ、8サークルぐらいでしょうか。 ん? 減ってる。
 そうです、来てないサークル、もしくはすでに帰ってしまったサークルがいくつかありましたね。
 
 で、入った印象ですが、まずもって、広さ。
 去年は1フロアぶち抜きでした。
 入ると左手に同人サークル、右手に韓国のゲームメーカーという配置。
 まぁ、出店側も上記の状態でしたので、稼働率はそれなり。

 それなりっていうのは、どこか3つぐらいで必ず卓が立つ感じ? でした。
 これにはそれなりに理由があって、どんなに有名なサークルでも、お客さんがいても1サークルテーブル2つに限られていたからです。
 1つは展示、もう一つでデモプレイってところが多かったかな。

 この時、うちは操られ人形館さんところのMineoutに参加しました。
 フルプレイで2時間ほどですが、若干ギャラリーが出来るぐらいで、のびのびプレイできましたね。
 お隣ではマジョリティやら宝石泥棒が回ってました。

 他には動物将棋を作者とびしばしやった、、、やられたり(笑)

 これ以外に韓国ブースでブロックすみたいな、えー、あー、なんでしたっけ? ジェムブロ! そう、ジェムブロやってました。

 他のサークルはうちは見るだけでしたが、Hammer Worksさんところではひも電やナナホシが回ってました。
 もちろん、ワンドローさんところでは2人用のよくばりキングダム、キリバリゲームズさんところでは三国将棋がありましたね。
 ギフトボックスさんところではわいわい「オブジェじゃね?」 と思えるようなコンポーネントでゲームが展開されていたことを覚えています。

 会場には約2時間ほどいましたが、ずっと人がいる感じでしたね。

 後で聞いたんですが、午前中はがらがらだった見たい。
 まぁ、誰もかれもよく分からない状態での開催だったので、十分かなと。

 数は300人ぐらいトータルで来られたそうです。


 で、今年。
 まず、サークル登録はありません。皆フラットな状態です。
 が、サークルはデモプレイ、展示OKです。もちろん、やる気のあるサークルはいくつか来まして、デモプレイをやる予定です。
 以前お伝えした、操られ人形館、みさき工房、高天原は100%出ます。他、出れたらーで聞いているのが、500円ゲームズのりんちゅさん、骨折ゲームズのbone5さん、Josee-Designの千石さん、Aquariaのcobinさん、トロイホースの方は来られるようです。いや、デモプレイがあるかどうかは分からないんですがね。
 でもね、この日ばかりはサークル側も参加者側として行きたい気持ちが結構強いんですよ(苦笑)

 とはいえ、無論、サンプルは持って行きますし、インストは進んでしますので、デモプレイは可能です。
 正直、最悪仲間内で発表会見たくやろうかなとかも企んでいたりはします。
 ミニ素人ゲーマー大会とかもありかもなぁとか。まぁ、色々。
 優勝商品に新作とかしたら、来てくれる人もいるんだろうなぁ(言ってるだけです)


 うーん、今年も瞬間最大風速400人は行かないだろうなぁと言う予想ですが、どうなんでしょう。
 Mixiとかでも情報を集めてますが、サークル数は昨年より確実に多いんですよね。。。




■■■ 当日 ■■■

 朝もはよから準備して頂いている運営様方には感謝感謝です。

 エレベーター下で待ち合わせする人、がんがん進んでいく人、色々ですが会場入りです。
 
 っと、レイアウトが昨日とは違ってまして、パンフレットにある配置になってました(そりゃそうだ)
 そそくさとブースへ。
 とまぁ、いつも通り荷物は無いわけです。

 宅配搬入なのですが、九時半ぐらいからの配布になってます。
 受け取ったらえしょえしょ設営して、ぐるっと会場を回って、開場を待つわけです。
 ちなみに中型、小型は入り口のある階とは違うので、この時点でどれだけ並んでるか分かりません。

 並んでた友人に聞いた話(並んでいたのはバネスト列)、大型の階はそのままバネストへ列が移動する感じだということでした。
 小型、中型は若干早歩きで、大手に行きますね。
 すっごい勢いで列が出来まして、多分一日で一番人口密度が上がります(笑)

 このタイミングでプレイしている人はいませんねー。のでプレイ可能スペースがあるところは1時間ぐらい暇です。いや、ゲームを売っている所はそうでもないんですが。

 うーん、1時間ほどしたらでしょうか、カタログチェック外のゲームチェックが始まります(笑) 小型、中型を流してみていく人が多数いらっしゃいます。
 もちろん、気になったらじっくり見てくれて、説明もしやすいので非常に助かります。

 事前予約を受け付けているサークルへ買い物に行くのもこのタイミングが多いですね。

 余談ですが、一日で一番荷物を抱えた人を見られる時間です(笑)
 以降は近くのコンビニで送ってしまったか、お昼にあわせて持って帰ったのか、軽装な人が多いですねー。

 そんなこんなで2時ぐらいまで続きます。
 正直、買うものが決まっている人は一旦コンビニなりでゲームを送るか、駅前とかにあるコインロッカーにゲームを預けるかした方がいいかなとか思います。
 以前も書きましたが、「フリースペースは少なすぎてあてにならない」ので。
 いや、正直ゲームが多くて、安くて、買いやすいので、手元にあっという間に増えてしまうからなんですが(苦笑)


 さて、こんな当日ですが、参加者としてどんな感じで行った方がいい? って話をちょっと。
 といいつつ、一般参加は2006年が最後なので、大して覚えていないんですけどね(あの時は整理券7番だったなぁとか)<設営手伝ったから

 まず、カバン。
 ゲームを買うならまずカバン。
 量は大体予想が付くと思います。カタログチェックしていればなおさら。
 同人ゲームで箱が大きいところは数えるほどしかないので、そこさえちゃんと押さえとけばOKでしょう。それにあったカバンを探してください。
 ちなみにキャスター付きは数人いたかなというところです。
 友達がいるとダンボールと言う手が使えます。
 現地でダンボールが手に入るのかと言えば、どうでしょ。余っているところは確実にありそうなんですけどね。。。

 ダンボールにつめたら友達と一緒に近所のコンビニへゴーです。
 送ったらカバンは空きますから次のゲームを探しに(苦笑)

 ただ、1つポイントがありまして、「箱詰めする場所がほんとに無い」というところです。
 サークルさんのところでやると邪魔にしかなりませんし、通路では出来ないしと。。。

 後、当日雨だったりする場合もあるので、対策は十分に取った方がよいかな。
 去年皆どうしたんだろう。。。

 あ、一応最強説を1つ。
 旅行カバンをどこかに預けておく。


 こんなところでしょうか。
 千円札はいっぱい持っていた方がサークルとしてはありがたいです。
 小銭もそこそこは。まぁ、大体が割り切れる状態で準備しているので、そこまでは と言うのもありますけれど。
 今年は500円ゲームズもあるので、500円はしっかり といったところかな。


 で、余談。
 個数が少なくて、話題性の高いところはあっという間に完売になるから気をつけましょー。
 後、例年行列がすごいところとか。

 まぁ、一般的に有名なところがそうなので、あえてどこかは書きませんけれども。


 さてっと、こんなところですか。
 眠くなってきたのでこの辺で。

GM紹介 TDF

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ TDF ■■■

 正式名称 Tachibana Designers Factory です。
 参加歴は結構長いですね。小型ブースです。


■■■ ANIMAKER '05番組パック ■■■

 新作限定での紹介なので、拡張パックのみの紹介となります。
 このゲームはAnimakerというアニメのキャスティングを作るゲームの拡張パックになります。

 Animakerのテーマは、、、まぁ、タイトル通りなのですがアニメ製作です。
 一概にアニメ製作と言っても奥が深い。まず、アニメーションの作画から。。。というのではなくて、こちらはアクター、声優に焦点を当てています。
 ゲームのベースはカードゲームです。
 お題カード(多分各自)があって、それに手札のカードをつけることによってお題カードの条件をクリアし、お金を得ると。
 もちろん、声優を番組につけるという形を取るので、声優にはお金を支払わなければなりません。
 いい声優をいくら集めようが、お金がかかっては仕方ないのです。社長として。
 そう、プレイヤーは番組制作(アニメ製作)の社長となってお金をもうけることを目的とします。

 このゲーム、プレイはいたってシンプルなんですが、問題は番組と声優にどれだけ付いていけるか、がどれだけ楽しめるかに比例します。
 正直、詳しければ詳しいほど面白いゲームだと思います。
 だって、野球好きがプロ野球の選手を事細かに設定したゲームが面白いように、アニメ、声優だって事細かに知っていれば面白いんです。オタクなめるな(笑)

 この辺はKniziaのドリームファクトリー(ハリウッド)、Kings Courtのワンダフル映画祭とノリは同じです。
 ただ、こちらもそうですが、著作権関係で色々あるので、実写は出せないと言うところでしょうか。
 豪華にすれば絶対に見栄えがものすごいものが出来上がるのになぁ。


 これ以外に旧作も多数用意されています。もちろん声優だけでなく、ウォーゲームとかもあります。
 ホームページで予約を受け付けているので、気になる人はチェックでしょう。

GM紹介 ROLL◇HOUSE

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ ROLL◇HOUSE ■■■

 今年初参加ですね。ベースはアイドルマスター関連のイベントに出られていたようです。
 中型ブースです。


■■■ DREAM LIVE PARTY!! ■■■

 完全新作ではありませんが、ゲームマーケット新作と言うことで。
 色々調べてみたんですが、5/5にニコニコ生放送で放送されていたようで、それを見逃した。。。

 ゲームはボードゲームの協力ゲームになります。
 エラッタを見る限り、タイトル通りライブを行って、うまくこなす。。。のが目的なのかな。
 テーマはアイドルマスターですね。

 中型ブースなのでお試しプレイが可能というのが強いですね。
 アイドルマスターファンでゲーマーというのは必ずどこかにいますので(笑) チェックしてみてください。
 後、協力ゲームというところで、同人ゲームではあまり無いタイプですねー。

ゲームマーケット 事前情報中間まとめ

 ゲームマーケット2010に関する情報は左のカテゴリリストの中にある「GM2010」をクリックすると30件ずつ表示になって、見やすくなるかと思います。
 後、実はこっそり 「コラム 最新版」もちょこちょこ更新しております。

 そして、中間 なのはまだ紹介し切れていないサークルがあるからなんですが。。。
 ちなみに! カタログの販売が R&Rステーション、メビウスゲームズ、すごろくや、ホビーベース イエローサブマリン 秋葉原RPGショップで始まっております。
 正直、ここに載っていない新作情報もありますので、「行く予定だ」 という方は事前に購入された方が良いかと思います。カタログにしか載っていない情報はここで掲載する予定はありませんので、あしからず。



前夜祭(拡大ゲーム会)

 すでにうちらの周りでは前夜祭呼ばわりですが、今年も昨年同様前日に同じ会場を使ってのゲーム会があります。
 こちらについて、Mixiで草場代表本人にいくつか回答頂きましたので、そちらのご紹介を。

1.基本情報
 開催日 : 5月29日(土) 9時設営開始 設営終了次第開始 ~ 17時終了
 参加費 : 300円(プラッツと同じ!)

 最初に受付で参加費を払えば入退場自由となります(明確な確認等は行いませんので、チケット等はありません。皆さん大人ですので、人間としてマナーを守ってゲーム会に参加してください(笑))
 っていうか、これって普通のゲーム会と同じですね。



2.卓情報
 テーブルは合計80テーブル。プラッツは6テーブル常時用意しているのでそれの13倍はあるってことです。思えばすごいフリーテーブルの数です。
 椅子は400脚もあります。

 昨年のようにサークルによるゲーム紹介に使ってもOKですし、普通にゲームをプレイするのもOKということです。
 とりあえず、うちの周りのサークル参加者は昨年同様デモプレイ用の卓を用意する予定です。

 参加者が400人を超える状況になったら、サークルの分については、プレイする人がいない状況になったら一旦撤収をします。混雑が無くなれば復活できるメンバーは復活する予定です。

 ちなみに昨年の前日イベントは合計300名程度、同時的な最大人数は200人程度とのことです。昼からの参加が多いとのことですので、ちゃんとプレイしたい方は午前中に来るのが良いかと思われます。


3.参加予定サークル
 今私が聞いている限りの「デモプレイが可能なサークル」 一覧となります。

1.操られ人形館(Majority2、Witch Craft他)

2.みさき工房(アルケミストのアトリエ他)

3.高天原(伊能大図、黒猫タロット、平城の四君他)


 調査を始めたところなので、あまり分かっていませんがまだまだいらっしゃるようです。
 骨折ゲームズさんも昼から来ている可能性があるとのことですし、Josse-Designさんのところも、ブースは作れそうに無いけれど、行けたらプレイヤーとして行くといわれていました(苦笑)
 参加予定のサークル様は連絡頂ければ助かります。
 コラム 最新版、およびブログの記事に載せますし、最終まとめにもそちらを掲載する予定です。
 よろしくお願いします。
atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


--------
■ちょっと個人的に前夜祭をオススメするわけ
 昨年のゲームマーケットに来た人で感じている人は多いと思うのですが、「当日のフリープレイ卓が本当に無い」 ということを感じられていないでしょうか。
 いや、中型ブース、大型ブースのテーブルでの試遊もあるんですが、絶対的に足りてません。

 その証拠を1つ。
 昨年のゲームマーケット当日の入場者は1800人を越えたと聞いています。
 それに対してフリープレイ卓、今年は30卓。1卓5人と計算して150人。
 それに中型・大型ブースが36卓。1卓4人として合計144人。
 これらを合計すると約300人がゲーム卓に一度に付けますが、残りはお買い物 ということになります。

 この辺の時間配分が結構難しいところでもあります。
 会場に来て、ただただゲームを買うのが目的でしょうか? 折角だからプレイしていこう とか考えないでしょうか。 
 だって、目の前にフリーでプレイさせてくれるゲームがいっぱいあるのに。。。
 後、お買い物って行ってもでかいし重いので、休ませてくれる場所が必要ですよね(苦笑)

 でも、300人同時が限界なわけです。
 そして、時間も限られており(特に各ブースの新作目当ての方はプレイしている暇もない方もいるでしょう)、そんな中でゲームの選定をしなければいけません。
 けど、ゲームマーケットってゲームを買う場所? それならば通販でも良くないですか? 通販しているところは数多くないので、そうじゃないとも言い切れますが、それでも自分が面白いと思ったゲームの作者が目の前にいるのに、何もしないで帰れるでしょうか。
 特に作者の方々は人によってはその日1日多忙でほとんど話できず終わってしまう場合もちらほら見えます。だって、大型、中型なんかは四六時中インストやってますから(笑)

 なので、前夜祭がオススメ という訳です。
 当日聞けないようなじっくりした話とか、一緒にゲームをプレイとか。
 特に正直当日売られているゲームのルールで解釈不明なものは出ないとは簡単にいえないような状況です(打ち含めて(汗))
 そんな中、作者に即聞けるというのも利点の一つかと思います。




 ところで、、、今回は前日予約受付ありなのかな? きっとサークル任せ という状況かとは思いますけれど。。。

 次回はそろそろサークル紹介に戻るかも。
 プラッツのゲームレポートは6月に入ってからの予定です(ので、若干ずれ込みます)

GM紹介 もみあゲームズ

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ もみあゲームズ ■■■

 シャッツキステとのコラボレーションでおぼえていらっしゃる方も多いかと思います。
 今年は小型ブースの単独参加となります。



■■■ 雀国志遊戯(じゃんごくしゆうぎ) ■■■




 まず、個人的な見解から。
 マージャンじゃなくて、ハンドコレクションのゲームです。

 というところから始めた方がいいんじゃないかなというのが今んところです。

 さて、テーマは説明不要ですが「三国志」をベースにしています。
 ムービーを見てもらえれば分かる通り、イラストがものすごい頑張ってます。1人でこれを全部描いただけでもものすごい労力が掛かっています。
(1枚線画3時間、塗り3時間として さて、何ヶ月あったら書ききれるでしょうか(笑) いや、笑い事でなく、マジでそれくらいの大作ですよ)
 TCGを作っているようなサークルもありますが、あちらは多数の絵師を採用していますが、こちらは1人。。。個人的にありえない作業量です。全部カラーって。。。

 で、ゲームに戻りまして、こちらはセットコレクションのカードゲームになります。
 自分の前に場札置き場があって、そこにカードをプレイする、山札からカードを引く という基本これだけの流れです。
 場に出したカードは手札各色の基礎点、さらに捨て方に制限があります。
 手札が点数になるのですが、そこはハンドコレクション。「セット」を作らないと上がり宣言できなくなっているようです。

 先に書いたとおり作者はマージャンとの比較をよくされていますが、個人的には「セットコレクション」のカードゲームです。

GM紹介 高天原

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ 高天原 ■■■

 2007年から活動参加させてもらってます。
 以前は中型ブースでしたが、今回は小型ブースです。



■■■ 伊能大図 ■■■

IMG_0117.jpg

 昨年のTGFが初出となります。そういう意味で純粋な新作ではありません。
 ただ、ほぼ初回生産分が完売となっているため、再版となっています。変更点は写真手前のボードですね。全部手で作っていたのを今回は萬印堂さんに手伝って頂いています。

 さて、ゲームに移って、テーマですが、伊能忠敬 という幕末前期の方をご存知の方は多いと思います。正確な日本地図を世界で始めて作った人として有名ですね。
 そこで、日本地図を作る というのがテーマです。正確には伊能忠敬さんをプレイヤーが手伝っていくようなイメージです。

 システムとしては、サンマルコのようなプレイヤーによるアクションの分配、そして、アクションのプロットとなります。
 手前のボードにアクションカードを全員で配置していって、1人のプレイヤーが横1列を担当する という感じになります。
 写真奥が各地図タイルとなり、人を派遣したり(ポーンの配置)、測量を進めたり(キューブの配置)を行います。これらは全てアクションカードによって行われます。

 地図タイルが完成した際、得点が発生し、測量したプレイヤーに得点が入ります。

 これらを5ラウンド繰り返して、最も得点が高いプレイヤーが勝者となります。



■■■ 黒猫タロット ■■■

IMG_0118_20100512184957.jpg

 タロットカードを使ったカードゲームになります。
 各タロットカードには数字が振られています。
 これらのカードを混ぜ、各自に均等に配られます。

 手番プレイヤーは数字を1つ宣言し、持っているプレイヤーはカードを捨てます。

 ルールのほとんどはこれだけです。
 一応これ以外にちょこっとしたものは付け加えていますが、これでほぼ出来ます。

 ジャンルは記憶系になります。
 カードはタロットカードを使っており、紙箱版にはタロット占いについての簡単な解説本(ほんとに小さいコピー誌)が付きます。

 写真にはありませんが、絵がとてもかわいく、描いてくれた絵師に感謝感謝です。



■■■ 平城の四君 ■■■

 実はまだ現物が手元にないので、写真はありません。
 何故かプロトタイプのでさえ写真が残っていないのですが。。。

 平城はへいぜい と読みます。平城京のことですが、どうもへいぜいと発音する場合もあるらしく、そちらを採用してます。
 四君は当時の権力者 藤原氏の四兄弟を示します。兄弟で政治家やってる感じです(苦笑)

 ゲームはカードゲームで、手札をプレイして、カードを集め、集めたカードから得点するというハンドマネジメント系になります。

GM紹介 遊星からのフリーキック

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ 遊星からのフリーキック ■■■

 昨年に引き続き小型ブースからの出店となります。
 ドミニオン攻略本といえばこちらになるんでしょうか。一部メロンブックスでPDFとしてデータ販売されています。


■■■ テラフォーマー ■■■

terraformers.jpg

 写真転載の許可を頂きました。ありがとうございます!

 しっかし、写真見ただけで買う人って結構いそうですね。

 プレイ時間は30-60分と短め、けど手ごたえしっかりなシステムのようです(ワーカープレイスメントと思って作者は作っていたようですが、周りからは違った評価が出たとのこと(笑) 同じ作っている側として、よく分かります(苦笑))
 おそらくですが、各自、もしくは共通のアクションボードがあって、それの中からアクションを選択していく形じゃないかしら(うちの想像です。発売前はこういうのが楽しいんですが)

 テーマは惑星への入植 でいいのかな? テラフォーミングってそんな意味じゃないでしたっけ?(すいません、SF用語(?)は詳しくないの。。。宇宙物苦手でして。。。映画もゲームも)
 まぁ、ゲーマーには説明の必要はないと思いますが、開発系でしょうね。
 また、宇宙物SFに付きものの特殊能力を持ったエイリアン、特殊カードなんかが結構あるとのこと。未知のエイリアンが持つ特殊能力を生かして、テラフォーミング。素敵な響きですねぇ。


terraformers2.jpg



■■■ ドミニオンレシピ:海辺 ■■■

 まだ予定 とのことです。こないだの日記で書かれていたので、入稿のタイミングから考えるともう結構進んでるんじゃないかなぁと。まぁ、最近は1日で刷り上げてくる印刷所もあるので、前日入稿、当日発送とかあるんですけどね(印刷屋殺し)

 ドミニオンレシピのいずれかを読んだことがある人なら、「即購入」という人が多いんじゃないでしょうか。それくらいマニアをうならせる内容となっています。
 以前のレビューでも書いていますが、この本を読む前と読んだあとでは戦略が全然変わって、勝率も圧倒的に上がると言う不思議。大してプレイしていませんが、ドミニオンレシピ(最初の)を読んだあとは、拡張を入れていないものでは負けたことないなぁ(プレイ回数の少なさで出来る快挙× 怪挙○)

 読み物としても面白いので、「そこまでせんでも」という人も、楽しんで読めるんじゃないかなぁ。決して漫画がある訳じゃありませんけれど。

GM紹介 Qvinta Essential

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ Qvinta Essential ■■■

 今年初参加ですね。中型ブースになります。
 ゲームも作っているんですが、フィギュアとかも作っている多才なサークルさんです。


■■■ キャット&チョコレート ■■■

 リンク

 リンクはオフィシャルブログにあるゲームのリプレイです。
 読むだけでルールは完璧に把握できるでしょう。

 といいつつも、解説。
 幽霊屋敷をテーマとしたカードゲームになります。
 各プレイヤーには手札として、物(が多いと思うんですが)のカードが配られます。例えば猫やらスプレーやらなんかがあります。
 そして、お題カードとしてシチュエーションカードがあります。これは手番プレイヤーが引いて、対応することとなります。
 さて、この「対応」がこのゲームの中心になります。
 プレイヤーは手札の2枚、もしくは3枚を用いて、お題カードのシチュエーションに対応する必要があります。お題カードには、例えば「廊下/大量の血が波となって押し寄せてくる。このままでは窒息する!」 と言ったことが書かれています。幽霊屋敷では良くあることですね(笑)
 それを手札の2枚 例えばスプレーと猫を用いて、乗り切ってください ということです。

 えー、一般的に言えば大喜利に近いものがあります。
 上の例で言えば、うーん、そうですね(汗) 猫と一緒に走って逃げて、スプレーでドーピングする 等です(無茶な) いや、こういう無茶がこのゲームには必要です。
 その後、他のプレイヤーはYes、Noのカードを持っていて、それらのいずれかを出して、この対応を判定します。Yesが多ければ得点 という流れです。

 また、このゲームはチーム戦です。ただし、誰が味方か分からないようになっています。この辺はルールを参照してください。

 パーティーゲームですね。

GM紹介 さあくる湯沢温泉

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ さあくる湯沢温泉 ■■■

 こちらのドミリオンの知名度は結構高いですね。
 アイマスが好きな人で知らない人はいないかも、いるかも(汗)
 小型ブースです。


■■■ ドミリオン拡張 ■■■

 確か4つ目の拡張かと思います。C77で見たときは基本+拡張が3つあったはずです。。。
 入稿はすでに終わっているとのことでしたので、問題なく発売されると思います。

 っと、ドミリオンの説明を少し。
 平たく言うとドミニオンのテーマと用語をアイドルマスターというセガのアイドル育成ゲーム(でいいのかな?)に合わせたもの になります。
 ただし、カードはオリジナルなものがほとんどで(同じものって得点とかぐらい?) 違ったドミニオンを楽しめます。
 先にも書きましたが、その拡張カードの多さが目を引きます。
 正直何種類あるのか数えてませんが、アクションカードだけで50種類は超えてるんじゃなかろうか。。。

 後、余談を2つほど。
 1つはちょっとしたサプライをいくつかリリースしていること、これはまだ残っているかどうかうちも分からないので、現地か本人にメールで確認してください。C77では見ました。

 もう一つ。


リンク


 ここのファンなら作者のブログは見ていると思うのですが、今回はおまけが付くそうです。
 何かはリンクを辿って御確認を。

GM紹介 イッシー研究所

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ イッシー研究所 ■■■

 2000年からゲームを作成されています。
 小型ブースかなと。


■■■ ダンス ウィズ バンパイア ■■■

 リンク

 リンク先にベータ版のルールがあります。
 そして、こちらは販売がないかもしれません。デモプレイだけになるかもしれないとのことです。

 テーマはコミックのダンスインザヴァンパイアバンドがベースになっています。
 と書いている本人がこれを知らないのですが、グーグル先生曰く、吸血鬼伝奇ものだそうです。

 簡単にいうと、バンパイア同士の勢力争いに巻き込まれた主人公ってところなのかな。

 で、作者が書いているのであらかじめ書きますが、ネイバルウォー+キングスコートってことです。
 すいません、どちらも未プレイで。。。(ほんとに有名なゲームやってないよなぁ)

 またご本人曰く、AとBを足す、AからBを引く ようなゲームをメインで作られているということです。なので、今回はネイバルウォー+キングスコートなんですね。

 両方知らないうちみたいな方に説明すると、カードが配られて、それらを全て出し切ることを目的とするストップ系のゲームになります。
 初期手札が少ない代わりに、結構な割合で山札から引く というのが発生します。なのでなかなか減りません。
 また、ベースはUNOのような感じで場札があって、それと同じ色か数字のカードを出せる なんですが、このゲームの場札は各自にあります(キャラクターカードになっています)
 そして、手札にはキャラクター毎に出せるカードがあります。もちろん、自分の手元にそのキャラクターがなければそのカードをプレイできないのです。もちろん、そのキャラクターカードのカードなので、特有アクションがありまして、他のプレイヤーの場札へ攻撃なんかも出来てしまいます。
 キャラクターものをしっかり生かせてる感じです。

GM紹介 ピグフォン

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ ピグフォン ■■■

 この名前では初参加かな?
 アトラデザインという名前を覚えている方はどれくらいいますかね。トラッカーズのところです。元々あちらでゲームデザインされていたはず。。。そして、ワレスのウントチュースの再販版のデザインをされてますね。
 小型ブースになります。



■■■ ごいた / 天九紙牌 ■■■

パッケージ0510


 紹介後、画像を送って頂けました。ありがとうございます。

 名前そのままですが、ごいたと天九牌のセットとなります。
 ごいたはもう説明不要でしょうか。石川県の伝統ゲームですね。グランペールからも出ていますが、あちらが発売されたあと、あっという間にゲーマーに好ゲームとして迎えられ、世界でも楽しまれているゲームです。
 ただ、グランペール版は日本人以外でプレイするにはちょっと難しいようでしたので、その辺の改良が入っているようです。

 天九紙牌は先ほど書いたとおり天九牌、所謂ドミノと似たコンポーネントをしている別ゲームです(多分)
 自信がないのは天九牌、何度も触ったことがあるんですが、未プレイというところです(汗)
 本当ならばその辺のレビューをかけるとよいんですがねぇ。。。


カード0510_2


 ちなみにカードがハイブリットになっている訳ではないようですので、その辺り気にされている方がいましたら、ご安心ください(笑)

 余談ですが、天九牌。結構なルールがあるそうで、色々遊べますので、気になった方はいろいろ調べてみるといいことあると思います。

GM紹介 Aquaria

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ Aquaria ■■■

 昨年は小型ブースだったはず。
 今年も小型ブースです。


■■■ シチュエーションサバイバルゲーム「DeadRunning」 ■■■

プレイ1


 今回は写真ありです。提供サンクスです!
 書いてないけど、これまで送ってくれた人もサンクス! 勝手に使わせてくれた人もサンクス!

 さて、見て分かる通り、本格ボードゲームになります。
 サイズはA2で、しかもリバーシブル使用(後で画像が出てきます)

 ゲーム内容は指輪物語、パンデミック、キャメロットを覆う影、アーカムホラーに代表される協力ゲームとなります。
 ゾンビがわらわら出てくる地域で7つのミッションをクリアして、脱出することを目的とします。
 ただし、気をつけてください。作者もB級ホラーを目指したと言うだけあって、裏切り者のようなプレイヤーがいます。そのプレイヤーは密かな達成目標があります。
 それを先に達成されると裏切り者の勝ちとなります。他のプレイヤーは達成される前に、ミッションをクリアしていく訳です。

ゲーム解説用01

ゲーム解説用02


 さて、ゾンビには銃の他にモップなんかで蹴散らしていきます。
 や、文言そのままです。
 このゾンビ、B級映画のゾンビだけあって、結構あっさり倒せるそうです。
 んが、B級映画のゾンビだけあって、その数は限りなく、あっという間に増えるそうです(笑)

 という訳で、がんがんバリバリゾンビを叩いて、ミッションをクリアしていきましょう。なんだろう、この爽快感を予想させる展開は(笑)
 ちなみにB級ホラーらしく、「ここは任せてもらおう」「冗談じゃない、俺は1人で行くぜ」は漏れなく死亡フラグなんだそうです。分かってらっしゃる(笑)

 ちなみにボードには初期配置としてカードが配置されます。これはプレイ毎に変わっていき、また、各プレイヤーが担当するキャラクターも結構あるらしく、違ったプレイが毎回楽しめるとのことです。


 プレイ時間も1時間程度、2~4人と結構手ごろです。
 何? 2~4人は少ない? じゃぁ、2セット買いますか(ショウキカ?)

プレイ2


 ただ、作者様のブログを読む限り、豪華なのでお値段もそれなりにしそう とのこと。まぁ、ドイツゲームが6000円程度のことを思えば、高くないかもしれません。これくらいの金額になってくると、じっくり選びたい という人が多いと思います。そんなときは現地で作者に聞くのが一番よいのですよ。



■■■ ボカロゲーム(仮)(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 プロデューサー(この場合、動画製作者)となり、よいPVを発表することを目指します。
 ゲームとしては、ハンドコレクション系とのことです。
 タイトルはまだ仮の段階で、変わるとのこと。
 ボカロファンは気にしておいた方がよさそうです。


■■■ DEAD HEAT~Diana Cup~(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 カードを使用したすごろくゲームとのことです。
 進めるコマは5色ありますが、各プレイヤー3色も担当しています。
 しかも2つは公開で1つはシークレット。
 1つがゴールすればゲーム終了で、各順位点があるそうですが、相手の見える色に惑わされないことが重要ですね。
 複数担当というのも新しいですね。

GM紹介 Arienas

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ Arienas ■■■

 昨年も出店されてましたね。
 今年は中型ブースになります。


■■■ Xceed FIRST EDITION(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 ルールとか

 リンクはサイトトップですが、ルールよりルールをダウンロードできます。
 また中型ブースですので、お試しプレイが出来るっていうのが強いですよね。

 ゲームはカードゲームになります。デッキ構築がゲーム開始前に出来ますので、TCGに近い感覚があるかもしれません。
 各プレイヤーは5人のキャラクター(共通)を持っており、それを毎ラウンド入れ替えながらプレイを行います。
 1ラウンドにやることは簡単。
 まずキャラクターの能力発動。しなくてもOK。
 そして3枚までドローして(手札上限は7枚)、カードのプレイ。カードには数字が書かれており、そのとき、自分の前に表になっているキャラクターによって数字合計に影響を与えます。
 こうして、順にカードプレイを行い、より大きい数字にしていきます。
 最後まで残ったプレイヤーがカードの状況によって変化する得点を得て、次のラウンドへ移行します。

 と、まぁ、得点を稼ぐ系なんですが、ポイントが一つ。
 山札枯れたら即負けです。

 やりすぎ注意ってことですね(笑)


 後、実際のセットがどうなっているか分かりませんが、1人1デック必要です。違う意味で言うと、何デックも用意すればそれだけ遊べると言う。

 とはいえ、ルールの説明がそうなっている というだけですが、基本は1対1なのかなぁと思います。ルール的に4人ぐらいは余裕で許容範囲かなとも思いますが。

GM紹介 BEENS BEE

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ BEANS BEE ■■■

 初参加かと思います。中型ブースですね。
 個人的には今回一番異色なところからの参加になるのかなぁと思ってます。
 環境をテーマに置いたエコロジカルシンキングをベースに、植物調査等を行われているということです。


■■■ 「エコロジカル・シンキング」ゲーム ■■■

 リンク

 こちらも写真を取って来れないのでリンクで。
 エコロジカル・シンキングをベースにしたボードゲームです。
 ゲーマー向けに書くと、生態系をテーマにした陣取りゲームになるかと思います。きっとね。

 ゲーマーならボードを見ただけで「ああ、陣取りですね」 というところかと思います。
 ただ、ポイントは「このゲームを通して環境を学習できる というところでしょうか。
 いや、普通の陣取りでは環境を学習は出来ませんよね? ボードに描かれている川なんかが影響ありそうですが、プレイヤー同士のタイルも相互に影響しあってるんだろうなぁと言うところが見えます。
 こういうジャンルは昔のAvalon Hillが出していたシミュレーションゲーム(Yellow Stoneとか)にあった流れっぽいです。作者様が直接ご存知かはわかりませんが(苦笑)<というか、Yellow Stoneとかマイナーゲームは知らないでしょう、きっと(笑)

 そういう意味で現代版エヴォ、現代版アメリカンメガバナ(きっと言い過ぎ) といった感じで楽しめるゲームなのかもしれません。

 ボードゲーム自体、同人ゲームで数が多くないので、その辺もチェックですねー。
 

GM紹介 Puzzle Maniacs

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ Puzzle Maniacs ■■■

 今年初参加ですね。
 ウボンゴの追加問題がいっぱいあります。全てのウボンゴで(笑)
 いや、まじめにすごいなぁ。


■■■ ウボンゴ追加問題集 ■■■

 すいません、全部まとめての紹介になります。
 以下、発売予定とのこと

・ウボンゴ 5ピース問題 36シート、216問
・ウボンゴ・デュエル 4/5ピース問題 9シート両面 (180問/180問)
・ウボンゴ・ミニ 4/5ピース問題 8シート両面 (32問/32問)
・ウボンゴ3D 絶賛制作中!

 ということなんですが、皆さんウボンゴ5ピースってやったことあります?
 うちは同人版ですが実はプレイしたことがあります。Puzzle Maniacsさん製作のものではなく、パズル大好きな方が自作されたもの なんですけど。
 これですね、面白さが圧倒的に変わります。
 4ピースなんて本当に一瞬のヒラメキ勝負だからなぁ と思っておられる方には特にオススメしたい。
 なかなか出来ない良さがあります。
 正直色んな方(もちろん非ゲーマー含む)とやってみましたが、5ピースが非常に評判が良いです。なので、そこはオススメするわけです。
 後、ウボンゴミニ。
 正直3ピース、4ピースの問題がほとんどで、簡単すぎるきらいがあるんですが、これも5ピースになってどこまで難易度が上がっているか ですね。

 本体+拡張のセットも少数販売予定とのことですので、ウボンゴ持ってない方もパズルが好きであれば、覗いてお話を聞いてみてはいかがでしょうか?


 そう、ゲームマーケットはただ買う場所ではなく、目の前にあるゲームについてあれこれ聞けるところがいいところなんですよねー。聞いたら買う テストプレイしたら買う はもう古いという感覚で一つ。

GM紹介 イリクンデ

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ イリクンデ ■■■
 小型ブースになります。
 ワンドローの木皿儀さんが個人委託でのタイトルも出ます。木皿儀さんはよくばりキングダムとかで有名ですね。
 yioさん、muginさん、Lightさんという方のサークルになります。


■■■ かぎやよへえ ■■■

 花火師体験カードゲームってことなんでカードゲームなんでしょう。
 3-5人、20分程度なので簡単なゲームかと思います。

 想像で色々かけちゃいそうですが、色々問題が出るので伏せておきます(苦笑)


■■■ ThROA ■■■

 2人用ボードゲームでテーマは古代エジプト王追悼の戦局 ということなので、陣取りかユニットでしょうか。どんなだろ?(情報が本当にありません)
 こちらも20分ほどで終わる手軽なものになっています。


■■■ イッシンイッタイ(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 シンプルなカードゲームです。
 1対1での剣術がテーマとなっています。

 カードのプレイを交互にするようで、相手よりより良いカードが出せれば勝てるとのこと。
 こちらも短時間ゲーム。


■■■ ハラキリ(500円ゲームズ参加ゲーム) ■■■

 1セットで2つが楽しめるとのこと。
 またバリアントもあるそうで、遊び方は結構ありそうです。

 2~3人の5分ということで、ほんとに運と度胸のゲームっぽいです。ゲームジャンルで言うとバーストに入りそうなんだけれども。


 情報が出てないとこれくらいしか書くことが無いー。
 各ブログで情報が出ているので、そちらを参照してください。

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・03月19日(日) 第4会議室
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告