ハンザ・テウトニカ Hansa Teutonica (2009)

IMG_0125_20100908000059.jpg

ハンザ・テウトニカ Hansa Teutonica (2009) Andreas Steding作、Argentum Verlag、2-5(3, 5)人、60分、12歳以上

 最初に感想を書いてしまうと、ドイツ人向きのゲームであって、決して日本人向きではないなぁと。
 過去にもこういった感想を持ったゲームが幾つかありますが、日本人はなんていうか、こう「直接攻撃」が嫌いな人って多いんだよね。直接攻撃ったって悪いばっかりではなく、邪魔しあいながらの勝負っていうのもそれはそれで面白いポイントはあるんですけどね。悪意だ何だってけなされやすいタイプのゲームなんですよねぇ。
 うちにとっては直接攻撃自体の楽しみ方は分かっているつもりですが、重めのゲームでここまで見えやすいのもなぁという感じでした。「そこ、一個だけ置くとかヤメテ!」「あんたがこっちに1個置くからだろうが!」みたいな(笑)<楽しんでます。


 舞台は今も続くハンザ同盟の地域、ハンブルグといった北ドイツが舞台です。
 プレイヤーは。。。なんだろう、交易商人でいいのかな になって得点を稼ぐことを目的としています。

 ボードには各都市をつなぐ道と街があり、それぞれに四角、もしくは丸、もしくはその両方を合わせたようなマークが描かれています。
 手番にはアクション数が決められていて、そのアクション数分コマを配置します。
 もちろん、手持ちのコマには上限があって、時折補充する必要があります。

 で、このゲームのポイントがここなんですが、アクション数も補充するコマもコマの形状(四角・丸)もレベルアップさせることが出来ます。
 レベルアップはボード上に該当するアイコンがあるエリアがあって、そこをつなぐとレベルアップさせることが可能です。

 っと、このゲームの基本。街と街との接続について少し。
 街と街との間にある道には2~4のマスがあります。ここを自分のコマだけで埋めたらそこの両脇どちらかの街に自分の支配マーカーを置くか、レベルアップ出来る場所だったらレベルアップするかを出来ます。そしてその後、道に置いたコマは全て全体ストックに帰ってしまいます。手元にはかえって来ません。
 支配マーカーを置いた場合、その道が完成する度に1点得点が入ります。もちろん、街にはグレードがあって、より高位のグレードに支配マーカーを置いたプレイヤーにその支配権(得点権)は移行するんですが。

 で、気になる「じゃぁ、一個でも他のプレイヤーに置かれたら?」 って話なんですが、追い出すことが出来ます。「これこそ、攻撃じゃね?」 と思われるかもしれませんけれど、追い出されたほうは1つお得があります。
 まず、再配置が出来ます。条件があって、その道から一番近い道(選択OK)に置かなければなりません。まぁ、コマがなくならないだけ十分OKです。そしてさらに全体のストックから1個取って同じ道に追加で置けます。1アクション儲けるんですよね。これが良く出来ていて、いやらしさの根源なんじゃなかろうかと思います(苦笑)
 そのため、1個置くというアクションがある意味攻撃になったりします。しかもそれを取り除くには1個につき+1個コマが必要だったり。。。なんて酷い(笑)

 とまぁ、書いてますが、このゲームの目的はレベルアップではなくて、ボード上の道をつないで得点を稼いだりってことにあります。特に驚いたのがゲーム中の得点は20点まで。残りはボーナスで60-80点ぐらいまで言ってしまうというところでしょうか。
 なので、地道に稼いでいるよりもボーナス狙いまくりです。

 この辺のさじ加減をちゃんとしながらやっていると楽しめるかと。
 ただ、なんとなくですが、序盤レベルアップの場所に集まりすぎて、若干作業チックになるところかなと。3アクションで勝つ方法を考えないとねぇ。あるにはあるはずなんだ。

スポンサーサイト
▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
 ・04月08日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告