ハンギングガーデン The Hanging Garden

012_20100308225918.jpg

ハンギングガーデン The Hanging Garden、Din Li作、Hans im Glu"ck、2-4人、45分、8+

 最近見たゲームの中でダントツでほしかったゲームです。
 作者が偶然Aleaのスカウトの友達に見つかったという事実もそうですが、あらかじめ各所で知らされていた概要を見たときからずっとほしく思ってました。
 んで、今回は念願かなってのプレイです。

 ゲームは各自自分の場にカードをプレイして、自分の箱庭を造ろうという感じのゲームです。
 スタートプレイヤーはカードを人数分引き、その中から1枚取って、自分の場に置きます。次のプレイヤーは残ったカードの中から1枚取って置き、、、といったように続け、最後のプレイヤーが置いたら、スタートプレイヤーを左にずらして、同様に行います。個人的にこれだけでヨダレが止まりません(変態)
 さて、カードですが、カードは6分割されており、そのいずれかに建物の絵がかかれています(確か5種類ぐらいあったはず) また、カードのプレイ時はプレイするカードに描かれた建物をカードの上に重ねる必要があります。
 こうして、カードをプレイしていくんですが、もちろん目的があります。
 カードに描かれている建物をつなげていって、3つ以上になったら得点タイルを手に入れることが出来ます。ただし、その場合、建物のいずれかに寺院コマをおく必要があります。さて、この寺院コマ、非常に邪魔です。
 どういうことかといいますと、カードのプレイの邪魔をします。カードのプレイは基本的にどこにプレイしても構いません。ただし、寺院コマは文字通りコマです。カードを重ねることが出来ないのです。つまり覆えないと。
 これでより一層カードがプレイしづらくなります。いくら先行して逃げてもどんどん得点しづらくなっていきます。よく出来てますねぇ。
 これ以外に得点タイルにも何種類か得点方法があって、それはそれ「ほしいものがあれとこれ!」みたいなことになってきます。集めるのも楽じゃありません。

 先にも書きましたが、このゲームかなり好きな部類です。手法からやっていることまで。そのため、まともに評価が出来ておりません(ひぇぇぇ)
 こういうゲームにめぐり合えたときが至福の瞬間ですねぇ。

 ちなみに今回は3人でやったので思う存分カードを引いて庭造りに励めました。4人でプレイして、カードをもっと引きたいと思った方は是非3人プレイを。それでも駄目なら2人プレイを(笑) いや、作っているだけで楽しかったので(笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告