イエローストーン Yellowstone

019_20100308225917.jpg

イエローストーン Yellowstone、Cathy Boyd・Ellsworth Boyd・Rick Shipley作、Avalon Hill、2-4人、60分、8+

 速報版のこのタイトルを見て「おー、書きまちがっとる。パークはどうした?」 と思われた方もいるかもしれません。いいえ、こちらが正しいのです。

 さて、写真を見ていただいて分かると思いますが、Avalon Hillの「イエローストーン」です。うちのアンテナは変なものを拾ってくるようです(それはAvalon Hillファンに失礼(陳謝))
 これは以前プラッツでプレイされた「アウトドアサバイバル」とは違って生き残ることを目的にしたゲームではありま。。。 すいません、プレイヤーが人か動物かの差で、一緒でした(汗)
 ただし、こちらの場合はプレイヤーは「群れ」を担当します。イエローストーンを移動する動物たち、イメージとしてはサバンナを移動するヌーの群れを担当する感じですね。
 まず、ゲームの概要ですが、各プレイヤーは別々の動物・群れを担当し、ボード上のヘックスを冬の餌場から夏の餌場へ移動し、夏の餌場から冬の餌場へ移動した上で、群れで生き残った動物に得点が振られ、その合計得点を競うゲームとなります。なぜ移動するか? それはサバンナの動物大移動とかの特番を見ておくれー。餌がそこにしかないのさー。

 プレイヤーの手番ではまずダイスを振ります。大自然のお仕置きです(古い)
 この時、群れの1頭が怪我をしたり、はたまた死んでしまったり、治癒したり、子供が出来たりします。だって春だもん。もちろん、夏には夏の、秋には秋のイベントがあります。もちろん、冬にも。。。 これは後のお楽しみです。
 その後に、群れの中で全部合わせて10マス移動します。ただし、1頭の移動距離には限界があります。その中でやりくりします。
 あ、説明を忘れておりましたが、ボード上には数多の天敵がいます。グリズリーだったり、マウンテンライオンだったりコヨーテだったり、果てはハンティングに来た人だったり。彼らは元気な動物をハンティングしたりはしません。弱った動物、足の遅い動物から狙ってきます。大自然の掟ってやつですねぇ。
 んで、話を戻しますが、移動中に食料を集める必要があります。そりゃ、食べるために移動しているんだもの。当然です。といっても、アウトドアサバイバルみたいに毎ラウンドチェックはありません。最後にチェックがあります。
 こうして、冬から夏へ夏から冬へ全員が移動し終えるとゲームが終了します。
 最後に冬のダイスが振られます。
 これが群れの生死を分けます。いや、だって今年は暖冬だ、冷夏だ、厳冬だなんて、自分で決めれないでしょう? それは運なんですよ(一応当然なことだ)
 その後に、得点計算があります。
 まず、生き残った動物に対してこれまで集めた食料を割り当てます。オスはよく食べます。しかも、割り当てる順番があります。オスからです(笑) そして、足りないとせっかく生き残らせても死んでしまいます。冬を越せないんです。。。 うーん、大自然。これが現実ですね。
 ちなみに厳冬のときの食料へのマイナスは洒落になってなかったりします。この辺が楽しめるかどうかも、このゲームが好きになれるかどうかでしょうか。

 このゲームですごいのは、「移動で子供を守ることが出来る」ということです。子供のコマを大人のコマで囲んで、天敵に教われないようにすることが出来るんです。心温まりますやね。。。

 そーんな訳で期待を裏切らないぐらい厳しい自然と闘うゲーム。それがAvalon Hillのイエローストーンです。
 古いゲームなので色々あるかもしれませんが、うちはこの手のゲームは好きです。どこかのブログでおっしゃられていたことですけれど、「子供に是非プレイさせたいゲーム」だということです。うちも納得。教育という面で見ても非常によさそうです。
 まあ、見かけることはほとんど無いとは思いますが、ご興味のある方は是非プレイしてみてほしいです。NHKばりに解説なんか入れながら(笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告