ノイランド Neuland

IMG_2110.jpg

ノイランド Neuland、Peter Eggert・Tobias Stapelfeldt作、Z-Man Games・Eggert-Spiele、2-4人、100分、14歳以上

 今回のメインターゲットにおいていたゲームです。
 結論だけ先に書きますが、システムは好きなんだけど、このどうしようもないダウンタイムを何とかしてほしい というところでしょうか。
 打開案としては2人プレイ、3人プレイっていうところかなぁ。

 まず、このゲームの前に知っておいてほしいゲームがありまして、「Roads & Boats」っていうSplotterというオランダのメーカーから出しているゲームなんですが、ここを見ているマニアな方々には説明不要ですね。
 テーマはほぼ同じ。材料を集めて、家を建てたりするゲームです。農家経営なんだっけ? プレイしたことがないんですが。。。
 それもそのはず。このゲームの場合、じっくりプレイすると日が暮れるそうです。6時間ぐらい? なんだっけ。まあ、Splotterのゲームはそういうのが多いんですけどね。。。
 そして、このノイランド。そのかかりすぎる時間をすっきりまとめて短くして、システムもブラッシュアップしたということなんで非常に期待が大きかったわけですよ。といっても、その辺の情報はBGGの掲示板ぐらいからしか拾って来れなかったわけですが、結構密かに人気があったのも確かなお話。

 テーマは先ほど書いたように農家経営。。。ん? 開拓ゲームといったほうが自然かな。マップを開拓して、産業を興して、出荷して、城を建てて、貢献して、得点を稼ぐみたいな雰囲気と思っていただければそれでOKです。
 んで、得点を稼ぐと書いたけど、これがちょっと違って、各プレイヤーに規定数の紋章チップが配られて、ある建物を建てればそれをその建物に書かれているだけ捨てられるといった感じです。
 という訳で、ゲームの主な流れはその建物を建てるための材料集めということになります。
 この辺をどうやってシステムをまとめているかと言えば、アクションポイントと、産業タイル、そして、その産業タイルを使うためのコマといったところです。
 まず、アクションポイントの説明から。
 ボードを囲むように石柱の書かれたイラストがボードを囲むようにして10あります。手番プレイヤーがアクションを消費するごとにその石柱を時計回りにそのプレイヤーのコマが回ります。スタート位置にはオレンジ色したでっかめのコマがあります。これを追い抜くことは出来ません。つまりは、最大9アクションで色々頑張らなければならないのです。
 んで、産業タイル。
 これはそのほとんどに産物の入力と出力が書かれています。簡単です。必要な産物を用意すれば、出力される産物になるのです。
 じゃあ、産物コマはどこだと言えば、全くありません。これを解決しているのが素晴らしいデザインだなぁと思ったり。まず、必要な産物を用意します。どうするかと言えば、タイルの上にコマを置きます。置くには必要な産物が必要なんですが、いくつかには全く必要としないタイルが存在します。いわゆるキーとなるタイルです。これが非常に重要なんですが、ここでは割愛。
 そして、タイルからコマを取り除くと、その産物が出来たことになって、すぐに消費しなくてはなりません。消費のためには必要とされる産物が必要欄に書かれているタイルにコマを置くだけです。
 これを繰り返していくわけですが、1手番でずっと手番を行うことは出来ません。だって9アクションポイントなんですもん。
 そういう訳で、「ここまで」と思ったら手番をやめます。やめたらコマを横に寝かせます。その前から横に寝かせていたコマを取り除きます(正確には順番が反対ですが、説明しやすいのでこういう感じで) っていう訳で、残ったコマは次までになんとか使い切る必要があります。永遠の自転車操業。いや、ものが腐ると思えば問題ないかな。
 これを基本にえっちらおっちら作ります。 もちろん、これ以外に説明していない大きな制限がいくつか存在しますが、その辺はインストを受けたときに「なるほどー」と思ってください。

 そして、ここまで読んで頂いて気づかれた方は気づいていると思いますが、非常に綿密な計画・計算が必要となります。そのため、手番が来たらじっくり行うことになります。これがダウンタイムの原因。さらに悪いことに、次の手番が来るまでかなり場が変わっていることが珍しくありません。ひとりが同じことを繰り返して、がしがしやっているかと想像される方もいるかもしれませんが、紋章タイルを消費する建物がそれを許してくれません。これを作ったら、今度はあっちみたいなものをげしげし作ることになります。結構翻弄されるんですよえねぇ。

 っていう訳で完全初心者お断り、計算が苦手な人お断りみたいなゲームに仕上がっちゃってます。もちろん、その辺が好きな人(例:うち)はかなり好きなゲームなんだと思います。ただ、色々な人に言われていますが、この「ダウンタイム」をなんとかするのがネックじゃないかなと。
 うちは3人プレイが限界じゃないかと踏んでいるんですが、どうなんでしょうか。というか、個人的にラッキーだったのが3人で重めのゲームがほしかったので都合がよいのですが(三頭政治を何度買おうと悩んだことか<悩むなら買ったほうが?)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告