パレード PARADE

IMG_2029.jpg

パレード PARADE、グランペール、bone5作、2~6人、30分~、10+

 同人ゲームじゃありません。昨年までは同人ゲームでしたが、今年から商業ゲームです(笑) おめでとう、Bone5さん。

 ゲームは出来る限り失点を少なくする減点系のゲームです。
 各自手札を5枚持ち、場札として6枚カードの列を作ります(このあたりのカード枚数も非常に考え込まれています。コンポーネント一覧と見合わせてみるとよく分かりますよー)
 手番では1枚場の列の最後尾にカードをプレイして、カード引取りの判定・処理を行い、カードを引きます。これがぱっとみて分かるので非常にテンポが良いです。
 引取りの処理ですが、プレイしたカードと同じ色・それ以下の数字を引き取ります。ただし、最後尾からプレイしたカードの数字分は無視できます。
 こう書くと分かっている人には簡単に理解できるのですが、ゲームを見たことが無い人には何を書いているか分かりません(苦笑)
 具体的に書くと、場にカードが6枚並んでいたとします。プレイヤーAは3のハンプティダンプティのカードをプレイしました。処理は、列の後ろから3枚数えて、引き取り候補から除外します。残りのカードを見て、ハンプティダンプティのカード、3以下のカードを全て引き取ります。
 これらを繰り返して、カードをどんどん引き取っていきます(引き取っちゃ駄目なんだけど)
 そして、終了条件を迎えたら、最終手番を行って最後に得点計算をします。ディテールは書きませんが、ここも特徴があり、よく出来ています。
 得点計算では、まず各種類のカード毎に一番集めたプレイヤーを見ます。そのプレイヤーはその種類のカード1枚に付き1点の減点を得ます(すごい書き方だ) ほかのプレイヤーは、その額面(数字)分減点されます。
 つまり、一度集めてしまったら、一番集めたほうが減点が少ない可能性が高くなるのです。
 これがまたじりじり来ます。最初は集めたくない! とか頑張っているのに、一度集めたら「取られる!」 という不安がのしかかってきます(笑) いやぁ、このデザインは良いなぁ。

 この時は5人でプレイしましたが、プレイ人数が多くても問題ナッシング。全然大丈夫です。
 他のプレイヤーは少ない時にプレイしていたようですが、それでも問題ないそうです。おぉ。幅広い。
 そして、ゲームは非常にシステマチック。ゲームしているっという雰囲気満点です。そういう意味でちょっとした敷居(段差程度?) がありますが、ゲームを初めた人がゲームを肌で感じるには良いようにも思います。一発目としては難しそうですが。。。さほど問題視することじゃないですね。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告