トラッカーズ

IMG_2042.jpg

トラッカーズ アトラデザイン、3~5人、40分、8+

 今年は少し前と違って考えられないぐらい商品としての「ゲーム」をいっぱい見ました。これもその一つ。

 ゲームを出している出版社がデザイン事務所? なのかな。そういう意味でも珍しい事例ですね。日本ではこういうのはインテリアの切り口から入ってくるのだろうか。。。

※タイルの名称は現品が手元に無いため、仮でつけています。正式名称はルールをご覧ください。
 ゲームは、ハンドマネジメント に雰囲気が近いです。
 まず、ゲームの準備として、4角形の形にタイルを配置します。その一点はトラックのタイルになっています。
 各プレイヤーは3と5のトラックタイル、一色の移動タイルのセット(1~6+箱)、スタート地点に各プレイヤーのトラックを並べてゲームの準備は終了です。

 まず、全員自分の移動タイルのうち、1枚を選んで、一斉に表向けます。そして、順番にその数字分進めます。同じマスに入った場合、後から入ったトラックは既にあるトラックの上に配置されます。移動タイルは全て使うまで手元に戻ってきません。
 移動が一通り終わったらトラックの下にあるタイルをそのトラックの所有者が取ります。重なっている場合は、一番上のプレイヤーが取ります。
 荷物は一旦各プレイヤーの前に置かれます。トラックに載せるには移動タイルのうち、箱の書かれた「積載タイル」を出さなければなりません。これを出すことによって、1種類複数枚、もしくは複数種類1枚ずつをトラックに載せることが出来ます。
 また、トラックには1種類の品物しか載せることが出来ません。これによって「ほしい荷物」、「いらない荷物」が出てきます。
 こうして、4角形を3週したプレイヤーが出た時点で得点計算を行い、最も高いプレイヤーが勝者となります。

 トラックは1週する毎に最大2枚増やせ、トラックの数字分しか積載できません。
 また、得点計算では、3週に達していないプレイヤーは届いていないマス数分マイナス、積載していない荷物もマイナス、使っていないトラックもマイナスです。

 という訳で、急ぎながら急いで積み込んで、たくさん積み込みます。
 タイルが5種類あるので、大体のプレイヤーがトラックを5つ持つことになります。なぜなら、移動の制限が思った以上にきつく、5種類集めてしまうからです。。。

 コンポーネントの質もグラフィックも良い。タイルの数字分しか進めないというのもルールの縛りとして結構良いように思えましたが、ルールでいまいちな点もそこそこ見えました。
 まず、ゴールまでのマス数と移動タイルの数字。
 これが根幹となるのですが、もうちょっと詰めてほしかったかなと思っています。ゲームでは3枚重ねなんですが、2枚重ねやある意味1枚重ねでも良かったかもしれません。3枚だと最後だけぐっとスピードがアップするのですが、ゲームの盛り上がりにも寄与しませんし、なんであるのかよく分からないシステムでした。
 次にタイルの種類と積載。
 5種類あるのはよいのですが、結構強制で取らされるので、「混載」という概念も持ち込んでほしかったように思います。まあ、この辺は洗面器ゲーム大好きという属性がそう見せているのかもしれませんけど(苦笑)
 これ以外にもトラックの数字の意味がいまいち不明。どの数字を取るかを選ばせて上げてもいいんじゃない? とか、5・4・3とか順番に並べてもいいんじゃないとか? 色々こうすれば。。。 と思うところがありますが、ありすぎるのでこれくらいで。

 商業のゲームでよく思うんですが、「あー、勿体無い!」 ということです。ここまでコンポーネントをしっかり作っているんだから、ゲームデザインでも感動したいと思っています。やっぱりゲームはルール命ですから。。。 や、コンポーネントもそうだけど、うちにとって最優先はルールとバランスですので。。。(この辺は人によりますが)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告