トレジャーボックス

IMG_2043.jpg

トレジャーボックス Hammer Works、Hammer作、4~6人、30分

 どうしても分からないルールがあって、Mixiに書いたらサークルの方から解答いただいたという経緯が前日にありまして、すっきりプレイできました。うちのプレイがすっきりしていなかったけどな(後述)

 ゲームはダンジョンに置かれている宝箱を開けて、「トラップを回避しながらお宝を集める」 ゲームです。
 や、ダンジョンとか書いていますが、実質「ありません」。ダンジョンには宝箱が6個置かれ、そのうち、1つ(もしくは2つ)にトラップが仕掛けられています。そのトラップをうまく避け、お宝を手に入れます。
 まず、宝箱を準備するプレイヤーは宝箱にダンジョンカード(ラウンド毎に決定)に書かれたセットのカードと宝箱を持ち、それらに1つずつカードを仕込みます。ダンジョンにはレベルがあり、1から行って、トラップに当たったらそこで終了です。宝箱を開けないで、それまでの得点をそのまま持ち帰ることも出来ます。もちろん、トラップに引っかかったら、半額分しかもらえません。また、レベルが上がるほど、得点も上がりますが、宝箱の総数が減り、トラップの枚数が増えていきます。追加ですが、宝箱にも+得点のあるものなどそれぞれ違います。
 ちなみに最初にトラップに引っかかったプレイヤーはダンジョンマスターとなり、宝箱を仕込む側に回ります。
 これを3ラウンド行って得点を競います。

 かなりシンプルな部類になるゲームですね。
 箱も小箱ですし、手軽さを狙っているのだと思います。

 プレイなんですが、先述したとおり、うちがポカ連発です。
 3ラウンド中3回1レベルの宝箱でトラップを引きました。なんだ、この運の無いやつは。。。
 そういう訳で、ほとんどずっとダンジョンマスターをやっていたんですが、やはりみんなダンジョンマスターもやってみたいわけで、この状況はいまいちな状況でした。もちろん、作者にその意図は無いと思うんですが(苦笑) さすがにこれではあまり楽しめるセッションではなかったと思います。悪いのはうちの運(汗)
 という訳でうちの運の悪さが続いていれば(笑)、ルールを一部変えて、レベルが1~3であっても脱落者はダンジョンマスターになれないようにしたいと思います。というか、ダンジョンマスターの概念いらないんじゃないかもとか今更思ってきた。。。 うーむ。
 とりあえず、もう一回4人以上でプレイしてみたいです。今回3人でお試しプレイ的だったというのもあまりよくなかったのかもしれないし。

 という訳で、これは再戦希望。ゲームの本質とはかけ離れたゲームになってしまっていた。。。 うーむ。 色んなゲームをしすぎて疲れていたのも一因かも。。。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告