インフェルノ Inferno(2005)

IMG_1845.jpg

インフェルノ Inferno、Reiner Knizia作、Piatnik、3 - 7人、20分、8+

 一時隠れた名作だと思っていたんですが、もう国内在庫はほとんどないんですねぇ。Piatnikはたまにこういうのを出してくるから目が離せない(苦笑)

 さて、作者がDr.Kniziaってことで予想している人がいそうですが、やっぱり「アブストラクト」です。テーマはありますが、「燃える」辺りが;納得できるぐらいでしょうか。いや、結構勢いよく燃えるんですよねぇ。
 ルールはページワンに似ています。いや、基本構造が似ています。
 ページワン(細かい話ですがアメリカページワンです)って直前に出されたカードと同じスートか同じ数字なら場に出すことが出来て、駄目なら山札から1枚引きますよね(ローカルルールもあるとは思いますが、基本こうですよね?)
 インフェルノでは直前ではなく、そのラウンドで一番最初に出されたカードをフォローする必要があります。つまりはスタートプレイヤーのカードが場にずっと残る感じですね。
 んで、出せなかったらそれまで出されたカードを全て引き取ってマイナス得点です。
 基本はこれだけ。わかりやすいー。
 カードの補充はありません。誰かがカードを出し切った時点で終了します。いや、正確には出し切った後も続くようなのですが、うちローカルでは出し切った時点で終わっています。
 ところで、このゲームで使うカードは5色(6色?)あります。その中で赤のみ燃え盛る鬼のデフォルメイラストが描かれています。当然ながらマイナスがでかいんです。基本はカード1枚に付き-1点なのですが赤はそのカードに書かれている数字が得点になります。
 なので、赤のカードが最初に出されるといやがおうにもみんな引き受けまいと頑張ります。ここに罠があります。わなわな。
 頑張れば頑張るほど場に赤のカードがたまっていき、喰らったときのダメージがあがっていきます。
 こんなときは早めに取っておかないと痛い目にあいます。いや、何度も合ってます。気をつけろ!
 さらに、2枚以下の場で引き取った場合3枚になるように山札から補充されます。マイナスカードが。このランダムが非常に怖い。経験上非常に危ない。

 そんなこんなして、ラウンドをこなすんですが、一度燃え上がるとさらに燃え上がる法則(というか、ゲーム上そうなる可能性が若干高め)があり、よく燃えてました。自分(笑) 1回目3点とか奇跡的な数字を叩きだしたのになぁ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告