陰謀 Kabale und Hiebe

IMG_0513.jpg

「陰謀」 Kabale und Hiebe、Hans im Gluck、L.Stepponat作、2-6人、8歳以上、30分

 特殊カードだけで作った得点カードを取り合うゲーム。
 問題はその特殊カード というところが敷居になっているのは明白っぽいですが。

 概要ですが、ざっと言うと得点カードの前に各プレイヤーカードをプレイしていって、そこの合計数で最も大きい数字のプレイヤーが得点カードを取るという、そこら辺のルールではすごいシンプルです。
 けども置くカードが「数字のみ」が存在しないぐらい特殊カード三昧。
 といっても、カード同士の組み合わせや、枚数による優劣に変えたり、列をカードが移動したりとそういう感じです。

 言ってしまうとアレですが、「どこかで見た」ようなルールです。特殊カードもそういう感じ。
 逆にそういう特殊カードだからこそ、多くてもゲーマーはなんとかしてしまうというオチがありますが(笑)

 ゲームとしてはコンボのようにカード効果が発生したり、あっと驚くような逆転があったりとしますが、うちのようなちょっと「ゲームをやりすぎている」人には物足りないのは確かです。そういう意味ではこの手のHans im Gluckのゲームでは敷居を低くしたつもりのようですが、前述したように特殊カードのあまりの多さについて来れていないプレイヤーが出るのも確か。うーむ、瞑想気味かなと思わせられていたり。

 ちなみにゲームのポイントとして、最後に置いたカードは裏向けなんですが、このルールもどこかで見たような……(といっても、現状で全く新しいルールを作るのは本当に大変)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告