テンプテーション  Engel & Bengel

IMG_0526.jpg

「テンプテーション」  Engel & Bengel、Ravensburger、3-6人、10歳以上、60分

 FX Shumidtから出ていた「ギャンブラー」というゲームのリメイク。
 この「ギャンブラー」というゲーム。リメイクされて「天使と悪魔」になっていることからも分かるように、非常に「ギャンブル」してません(笑) 基本ダイスゲームですから。

 さて、このゲームは達成型ダイスゲームです。
 全員共通のお題が場に出ていて、それを各プレイヤーが順番に手番をこなして、得点を得ていきます。
 これに駆け引きがあるから面白い。
 例えば、5が5つそろった時に揃えたプレイヤーに50点が入るお題があるとします(念のため、お題は一度に複数指定されます。その中の一つでって話です) これを埋めるためにせっせと1つ目の5を置くという行為は出来るだけさけたいものです。 何故か? それは「最後の1つを置いたプレイヤーが得点を得る」 からです。
 つまり、経過は関係なくて、その結果が重要なんですね。いやな社会を見させられているようだ(笑)
 また、ゲームにはこういうプラスのお題以外にマイナスのお題もあります。
 これは「振ったダイスが1つでも置ける場合、必ず1つ置かなければならない」というルールが効いているのです。ダイスを二つ持っていて、1つでも5が出れば50点、けど、1が一つでも出たらマイナス100点なんてこともあります。

 ゲームとしては非常にわかりやすく、燃えやすいゲームです。
 そういう意味で愛好家は結構な数いらっしゃるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告