ミノス Minos

IMG_0496.jpg

「ミノス」 Minos、Ravensburger、Jean Vanaise,Jean Claude Sohier作、2-4人、16歳以上、150分

 まず、プレイ前に、「なんでたなやんがこのゲームを買うかなぁ」 と言われたゲーム。
 見た目、ウォーゲームや陣取りゲームなのでそういわれるのも当然かもしれません(汗) でもね、やりたいアクションがあったんですよ。

 さて、ここで概要です。
 場所は地中海。ミノスってことなので、紀元前のお話かな。その頃の都市の興亡と戦争をテーマにした感じのゲームです。じゃあ、叩き合いかといわれれば、半分そう、半分はそうでない…… と思います。
 ボードには地中海の絵と都市建設の場所が描かれており、陸上は線と点で、会場は升目で区切られています。そして各プレイヤーに配られる人(護衛)コマと船(帆船)コマ。
 大体分かると思うのですが、帆船や人を移動させて、都市を造っていくんですね。で、人や船に対しては攻撃を行えるというおきまりのパターンです。

 じゃ、うちが何に惹かれたかと言えば、手番にするアクション。
 アクションが6つ書かれたダイスを6つ(7つ?)振るということです。もちろん何回かの振り直しは認められていますが、結構狙った目が出てくれないことがあるので、計画が狂う狂う(苦笑)

 ゲームとしては、帆船から始まって、都市に着いて都市建設(これもダイスで特定の目を出す必要があります)、そしたら、収入コマがあがって、収入(コレもコマの目)をしたり、新たな開拓に出たり。
 戦争ゲームというよりどちらか言えば開拓ゲームなのかもとか、今書いていて思った。
 まあ、この手のゲームでは終盤場所が無くなってきて戦争…… とかいうノリなんですが、このゲームはそうじゃなかったり。
 具体的にいうと、終了条件が「全ての開拓地に都市を作成し、砦が2つの都市で完成したら終了」 だったりするのです。だからあまり血なまぐさくない。さらに、勝利条件がすごくて「最も収入が多いプレイヤーが勝利します」 ってことなんで、みんな勝利点(収入)を上げに行く訳ですがそうすると自陣の他の場所が攻撃されてえらい目に(ちなみに攻撃もダイス。ちゃんどダイスので目が出なくては勝てないの(汗)) あったり、小さく固まっても収入がなかなか増えないので、停滞してしまったり。うまくその辺を動作させてプレイしていく必要がありそうです。
 さらに微妙に使い勝手がよいのか悪いのか分からない人コマ。
 会場に比べて陸上の移動は非常に遅いです。まあ、自然の成り行き上当然っちゃ当然なのですが。
 で、使えないかと言えばそうではなく、都市を守ったり、攻撃したりするには最適。

 ただ、このゲームの弱点…… と思うんだけど、1人のプレイヤーがわざと自分しか取れない開拓地を作って、自分が勝てるまでそこに都市を置かないような戦略に出た場合、長引いてしまうということでしょうか。
 まあ、そんなときは全プレイヤーから総攻撃をかけてしまえばよいのですが(苦笑)

 ちなみにこの時は3人でプレイしたため、ボードが広い広い(苦笑) 遠くまで行ったプレイヤーがものすごい収入を得ていたんですが、防御が間に合わず滅ぼされかねないような展開になってました(苦笑)
 やはり地道に固めて行くしかないのかなぁ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告