羊パニック Shear Panic

IMG_0431.jpg

「羊パニック」 Shear Panic、Mayfair Games、Gordon Lamont、Fraser Lamont作、3-4人、30分、8歳以上

 この時はプレイしていないのですが、後日別の場所でプレイする機会が出来たので、それをあわせたレポートをば。

 概要は、「ガチパズル」。ガチをこうやってこう合わせて…… はい、説明します(自分のボケ投げやがった)
 ボードはありません。その代わり、陶器製の良くできた羊コマが4色×2つずつと黒い羊、後形が違う雄羊コマ、刈りバサミコマがあります。後は各プレイヤーにアクションボード(12種類書かれていますが、アクションは大きく5種類)、スコアトラック兼ラウンドトラックボードがあります。後、各プレイヤー 12個のディスクを持っています。

 手番の進行は簡単です。
 スタートプレイヤーから順に手元にあるパーソナルボードのアクションを1つ行って、そこにディスクを置く。もちろん、ディスクの置かれているアクションは二度とプレイ出来ません。というか、全てのアクションを行う前にゲームが終了します。アクションを行うと、そのアクションに応じてラウンドコマが移動します。ラウンドコマがある一定まで来ると次のラウンドという形でゲームが進行し、終了します。
 で、ゲームの目的は前述したようにスコアトラックがある=得点を競います。ただし、ゲームは4つのラウンドに分かれています。ラウンド毎に得点方法が違うんですね。
 1つ目は黒い羊に注目。手番終了時に自分の羊コマがその黒い羊に隣接していたら得点が入ります。
 2つ目は雄羊コマを縦横四方で羊コマが向いている方に置きます。この雄羊コマは言ってしまえば「及川光博」みたいな王子様で、プレイヤーの羊コマである雌羊達は「及川」を追いかけます(ファンの方がこれを読んでいたら本当にごめんなさい) ラウンドコマがある一定まで来た時に決算があり、近いとより点数が高くなります。
 3つ目が…… 覚えてないぞ(汗) 自分のコマ同士だっけ? 近いと得点が入るかもしれません(信じないでください)
 4つ目が刈りバサミを持った羊コマが「及川」コマのように配置されるので、出来るだけ遠い方が得点が入ります。

 ざっとこんなところです。移動については……押し出しとかまあ、そんな感じ。ダイナミックな動きが見れるので色々出来そうで色々難しい感じと思ってもらえればいいです。

 とここで疑問に思うかもしれません。
 「群れが分断されたり、接さなくなった羊が出たらどーするの?」

 ご心配なく。はぐれた羊は羊ランダム移動ダイス(今勝手にネーミング)や斜めで接していれば、縦か横になるように手番プレイヤーが決めるというルールで補われています。まあ、そのランダム移動ダイスに若干の仕掛けがありますが(苦笑)

 ゲームの見所はその良くできた羊コマと非常にかわいいイラストです。その見た目のかわいさと裏腹にガチなゲームに仕上がっているところから元々発売していたドイツのゲームメーカーの根性が伺えます。
 や、ガチ過ぎですから(汗)

 後、若干得点計算前のプレイヤーが非常に有利な感じもしました。
 とはいえ、最初10点差以上差を付けられていたうちが、最後にはトップと3点差ぐらいまで追い上げられたのですから、結構バランスはしっかりしているのかもしれません。
 1プレイが命取り……とは直結はしませんが、若干アメリカゲームナイズな動きを示すコマに動揺する場合も考えられます(苦笑) その辺はコマのかわいさで許して上げましょう(笑)

 しっかし、ドイツはこんなゲームまで量産してしまうのか……すげぇ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告