ハッピードッグ Happy dog

IMG_0435.jpg

「ハッピードッグ」 Happy dog、Gakken、A.R.Moon作、2-5人、8歳以上、30分

 レビュー書いたと思っていたら書いていなかったゲームなのでご紹介。
 今でもたまにプレイしては楽しんでます。

 さて、このゲームは学研から出たアラン・R・ムーンのゲームということで、ゲームファンの間では一躍有名になったゲームです。あと学研のゲームが非常に注目され始めたのもこの辺かもしれません。もっと前から見てた人は見てたと思いますが、見ているだけの人が圧倒的に多かったという事実はあるのでは無いでしょうか。

 ゲームの概要は、バトルラインのようにライン毎に狛犬チップ(かわいい)が置いてあり、それを獲得することを目指します。あ、このルールは2-3人ルールで、4人ルールは得点となります。
 うちはこの狛犬チップを集めるルールの方が好きなのでそちらをご紹介。4人ルールはどこかで見てもらうとしましょう(というか、ここを見ている人に取ってはそっちの方が知っているのかな?)

 各プレイヤー同じカードデッキを持ちます。1-9の各数字1~2枚ずつ+特殊カード3種類です。
 それらをよく混ぜ、左プレイヤーに渡して、渡されたデックがそのプレイヤーの色となります。ドイツゲームの基本がこの辺からにじみ出ています(笑)
 場には狛犬チップの下に1、2、3… と1枚ずつカードが置かれています。

 手番プレイヤーは配置制限に従い、手札を1枚場にプレイして、自分のデックからカードを1枚引きます。こうして、全てのプレイヤーのデックが無くなるまで続けます。あ、デックから最初に数枚抜いた気がする(よく覚えてません 汗)
 配置制限は簡単。場に置いてある各列の一番上のカードにカードを配置するのですが、その一番上の1つ上か下の数字のカード、もしくは特殊カードしか配置出来ません。
 そして、どうしたら狛犬チップを取れるかというと、ゲーム終了時に各列で得点チェックを行います。そこに出されている数字の合計が最も多いプレイヤーが狛犬チップをもらえるってことです。
 こうして、もっとも狛犬チップを集めたプレイヤーが勝者となります。

 ちなみに特殊カードもドイツらしさがあって、すでにプレイしたカードの回収や、オールマイティーの「ような」カードといった感じです。プレイ感からは日本ゲームのニオイが全くしません(笑) さすが。

 さて、こういう刃一ゲームなので、手番順の有利不利があるかと思いきや、あんまり感じません。それもこれも、±1違う数字を置かなければならない制限が非常に効いているのです。あそこ置きたい~ けど置けない~ って感じです。

 個人的には学研のあのシリーズ(頭の良くなるシリーズ?) では飛び抜けて出荷されているのではないかと思います。だって、結構な数のゲーマー、このゲーム持ってません?
 特にゲーム内容も面白いですし。

 余談にはなりますが、海外のどっかのレビューで「何故日本でしか売ってないんだ!」 と書かれていたり。うらやましーだろー(ここで言ってもしかたないだろう(苦笑))

 ちなみにこのゲームはうちも結構気に入ってまして、3人でゲームする時なんかは重宝してます。3人ゲームで面白いの、結構増えたよなぁ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告