クーハンデル Kuhhandel

IMG_0376.jpg

「クーハンデル」 Kuhhandel、Ravensburger、J.Blaumeister作、3-5人、10歳以上、60分

 有名なんだけど、プレイしたことが無い人に良く出会うゲーム。箱絵とその流通量(多い)から結構敬遠されがちなんだろうか。
 ゲームとしては、いつやっても楽しい競りゲームなんですが。

 さて、このゲーム。2つの競りで出来ています。手番にはどちらかを選ぶことになります。
 1つはすごい簡単。親がお題カードをめくって、それを各人自由に競り上げしていき、最も高い数字を宣言した人が競り落とす一般的な競り。
 もう一つが、すごい競り(笑) というか、やりとり。
 プレイヤー同士で、同じ種類のカードを1枚(もしくは2枚)ずつ出し合ってそれらを掛けての競り。やり方が特に特殊で(このゲームでしか見たこと無いです) お互いお金カードを握って相手に渡して、多い方がそれらのカードをもらえるという方法。もちろん、やりとりしたお金カードはそのまま。これは落札金額がお互いしか分からない上、10と500の交換なんてざらにある訳で、すごい緊張させてもらえる競り。何回やっても緊張します(笑)

 さて、そこまでして何を集めるかと言えば、場札。場札は動物が書かれており、その左肩に金額が書かれています。
 それがその動物の価値で、ゲームの勝利条件(総合計の多いプレイヤーが勝つ)なのですが、これにも面白い仕掛けがあります。
 この動物、全ての種類必ず4枚ずつあります。それらを全て集めないと自分の得点になりません。1枚持っているだけでは、他人と競りをして取り合う羽目になります。けど、そうしないと得点を稼ぐことが出来ません。
 さらに得点計算がやなことに「合計点数×種類数」って訳なので、安い動物カードも見過ごすことは出来ません。

 如何に安く動物カードを集め、他のプレイヤーとの競りに僅差で勝ち進んでいくかが勝負になります。

 基本的な戦略として、山札競りで出来る限り幅広く集め、交換競りで勝ち進むというのが基本パターンでしょうか。つらいですが(笑)

 実はこれ以外にもゲームをより面白くする仕掛けがあります。説明しきれないので(というか、プレイしてみて体験してほしい)割愛しますが、この競りゲームは是非プレイしてください。カードゲームの競りの中では際だった良さがあります。

 さて、この時は初プレイの方が2人の5人プレイ。うちは3回目……だと思う。
 1回目は戦略も何も分からず(若かったし)、翻弄されるうちに終わり、2回目はどういう戦略がどうという余裕が生まれ、3回目です。

 で、展開が非常につらいことに。(分かる人だけでいいのですが) ロバが最後10枚ぐらいに偏っている展開。安いんだか、高いんだか分からない様な値段でカードが競り落とされていく感じです。そして、4次曲線を描くような後半の競り値高騰。すごいことになりましたですよ。

 うちはというと、前半頑張るだけ頑張って後半に寄せる計画。前半他のプレイヤーとやり合い過ぎると大変なことになるのはみんな感じているようで、お金の無いプレイヤーから奪い取るような行動もなく、嵐の前の静けさのごとく競りが進行していきました。
 や、初プレイの人には若干退屈だったかもしれません。ただね。けどね。

 山札が切れ、カードの取り合いになってからのお札でほおをひっぱたくような競りが始まり、だましだまされ(目線で(笑)) 最後勝ち取ったのはEnoさんでした。途中で、2種類以外完全放棄したのが逆に良かった模様。5人だと一人当たりの動物確保数が厳しいですから。

 きっつい競りでしたが、総じて好評でした。うん、またやりたい。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
 ・04月08日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告