ハチエンダ Hazienda

IMG_0382.jpg

「ハチエンダ」 Hazienda、Hans im gluck、W.Kramer、2-5人、10歳以上、90分

 宣伝文句では「農場経営」とかいう話を風の噂で聞いていたのですが…… そんなんだったかなぁ(苦笑)
 結構純粋な陣取りゲームだったような気がします。今回5人でプレイしたのですが、これくらい狭い方が面白い。融通が利かなくて(汗)

 で、今回のハチエンダは通常ルールを聞いた上で、バリアント1を採用するかどうかを判断するってことで全会一致でした。で、やっぱりより厳しくなるであろうバリアント1を採用。もう、みんなMなんだから(問題発言)

 さて、写真を見てもらえれば、ざっとは想像つくと思いますが、6角形のマスに区切られたボードでの陣取りです。
 ただ、陣地が広ければ得点が高いという訳ではなく、得点方法がいくつかあって、それをこなす感じです。今回のような展開になっているのはバリアント1を入れたせいです。

 ざっとした流れは、各プレイヤー土地タイルor動物タイルをボードに配置します。配置には手札を使用し、手札は山札からお金を使って買います。お金は自分の土地タイルと動物タイルの組み合わせで、ボードに描かれている農場に接続した時に手に入ります。2金とかいうレベルから、40金というレベルまで取り方によってはそれだけ格差が出ます。まあ、ボードにあるように「固めて」置いた方がお金がたくさん手に入ると思ってもらって問題ないです。

 得点は前半、後半の2回の決算があり、農場の接続数、池の隣接数、お金、動物の数、土地の数といったものから計算されます。
 もちろん、升目は早い者勝ちで、後置きなんて出来ませんから、みんな出来るだけ早く置こうとする訳です。でも、お金が足りなくなったり、希望する配置カードが手に入らなかったりする訳です。

 うーん、王道を行く陣取りゲームだなぁ。システムは。

 今回の展開としては、1つつなげる毎に異様にお金が入るうちと、流浪するShi.Ma.Chu.さん、あっちこっちに出ては接続していくEnoさん、リーダーさん。そして、始めから? 池を完全に諦めたりんどうさんという展開。これだけ戦略が取れるとは幅の広さがごっついなぁ。

 そういう意味ですごい取り回しの効く陣取りゲームですね。

 前半終了時で、あっちこっち接続する(通常ルールではこれが有利)Enoさん、リーダーさん、ほとんど一部に根を張ったうち、池を諦め切ったりんどうさん、ちょっとはじっこ過ぎた感じのShi.Ma.Chuさんという順位。

 後半戦、やはり得点が伸びやすいEnoさんとリーダーさん。うちはというと、巨大農場のような経営で、どばっと手に入れてどばっと荒野を手に入れる感じ。あんまり得点が上昇しません。
 最終に近づくにつれて、「もう得点をあまり伸ばせない組」と「のばせるがゆっくりしか出来ない組」に分かれてしまい、2対3の体勢。
 結局得点を伸ばせない組がごりごり終わらしにかかって、終了となりました。

 最終得点としてはリーダーさんがトップだったような。うちもあと1手番あればという感じだったんで、結構接戦になる好ゲームではないかと。
 ただ、ちょっとオーソドックスさがあるので、新鮮みを求めるようなゲーマーには向かないかな。安定したゲームを遊びたいのであればオススメできるのですが。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告