モダンアート Modern Art

IMG_0395.jpg

「モダンアート」 Modern Art、Hans im Gluck・Mayfair、Reiner Knizia作、3-5人、10歳以上、45分

 このゲームってこんなに緊張感ありましたっけ?
 実はこのゲーム、買い直しています。昔おっきい箱(Hans im Gluck)の方を持っていたんですが、コレクターに良くある「持っているレアゲームほどプレイする機会がない」 ということで、放出しました。
 買い直したのは「箱が小さくなった」 というのがメイン(笑) 後は、やっぱり面白いからなんでしょう。

 結構出回ってますし、説明は簡単に。
 5色のカードにそれぞれに競りの記号が書かれています。
 手番プレイヤーはカードをプレイして、そのカードに描かれているカードの競りに従い、そのカードの競りを行います。で、同じ色のカードが5枚でたら決算を行い、場に存在するカードの多い順に大きな配当を得られるようになっています。ざっとはこんな感じ。

 で、その競りって言うのが、そこら中の競りをかき集めた感じで、それでも良くって、「自由競り」、「握り込み競り」、「一周競り」、「指定金額競り」と言ったものがあります。
 相場観が~ という方にとってある程度、カードの報酬が見えているので、メディチとかよりはまだつかみやすいのもいいところ。

 しかもこのゲーム、「他のプレイヤーの強力無しには勝てない」 ように出来ているのも良いところ。例えば、ある1人のプレイヤーが高額を付けて自分の出したカードを競り落としました。
 こんなとき、あなたがそのプレイヤーの対戦相手ならどうしますか? そのカードを出来るだけ出さないようにしますよね? そういうことです。その辺も読んで競り値を付けて、手番を行う訳です。結構ドキドキです。

 後、今回プレイして「こんなゲームだったっけ?」 って思ったのが、お金が結構余ること。勝利条件とは言え、前のプレイでは手元のお金がギリギリになることがざらに合ったような気が。そんなに昔のプレイングは悪かったんだろうか。

 この時は、乗るか反るかというすごい微妙な雰囲気の元、プレイを進めていたので、非常に混沌としたゲームとなりました。
「あ、あいつやべぇぜ」 と思われた瞬間、見方が敵になっていたり、「頑張るか?」 と思った瞬間、目の前にすごい高い壁があったり。

 あー、やっぱりこのゲーム面白いわ。と思い直させてもらったセッションでした。

 ちなみに、今、この小さい方(Mayfair Gamesの方)かなり安く手に入りますよね。持っておいて損は無いよなぁとか今更ながら思ったり。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告