コロッサルアリーナ Collosal arena

IMG_0276.jpg

「コロッサルアリーナ」 Collosal arena、Fantasy flight Games、R.Knizia作、2-5人、8歳以上、45分

 日本人的に余り合わないグラフィックとタイトル、メーカー(苦笑)で敬遠されがちなReiner Kniziaさんのゲーム。
 このゲームはリメイクのリメイクのリメイクなのですが(多いなぁ)、一番最初の「グランドナショナルダービー」 という名前とグラフィックで出していたらもう少しは売れているんじゃないかと思えるんですが(グランド~は障害乗馬レースですよ)

 さて、このゲーム。最初に感じたことは「Reiner Kniziaさんのゲームにしては「テーマ」がしっかりしているなぁ」 ということです。
 Reiner Kniziaさんのゲームは傑作が多いのですが、如何せんアブストラクト色が強く、テーマと沿わないことが多々見られます。それが無冠の帝王であるが故なのかもしれませんが(苦笑)

 で、ですね。このゲームはプレイしていてテーマがくっきりと見える割に、クニツィアテイスト(アブストラクト風味)を残しているのも特徴。
 ゲームのテーマは……タイトルと写真を見てもらえればある程度感じ取れそうですが、「怪物共のバトルロイヤル」です。実際に攻撃し合って戦う訳ではなく、数字比べな訳なんですが。
 あと、カードの上部(下部?)に置かれているチップは各プレイヤーの掛け金です。そして各プレイヤーには山札から補充される数字の書かれた怪物のカードがあって…… ルールが透けて見えてきそうだ(苦笑)
 えーと、手番プレイヤーは好きな怪物にチップを置き(早い者勝ち、1ラウンド1怪物1チップのみ。もちろん早いラウンドの方が配当が大きい)、手札を1枚場にプレイします。カードは各怪物の前にその怪物or観客しかプレイできません。
 そして、手札を山札から補充するんですが、その山札は参加している怪物+観客(無色)+数枚の特殊カードからなります。特殊カードは1%程度の含有率(しかも効力が低い)なので説明は無しで。
 カードの上に同じ種類のカードをプレイできたり、怪物毎に特殊能力を持っていて、その怪物にカードを置いた時、それを最も高い掛け金を持っていれば、そのプレイヤーが使用できたりします(これで逆転したり……はちょっと難しいけど、タイミングによっては……みたいなバランスが取られています)
 そして、全ての怪物が出そろえば、「生き残り判定」があります。ここで、一番数字の低い怪物が倒されたと見なされ、ドロップし、次のラウンドに移ります。
 こうやって5ラウンド後生き残っている怪物に掛けていたプレイヤーに得点が入って勝者が決まります。

 ってーことで、手番は1チップ、1プレイ、1ドロー。
 これがかなり悩むかと言えば、かなり(笑) 1プレイしか出来ない上に、プレイ人数分先にしか手番が回ってこないため、1プレイが非常に重要になります。
 とはいえ、選択肢は手札による訳ですから最大手札である8択となります。
 で、いらないもの順に削っていけば、2択ぐらいまで削られたり(苦笑) 何故なら掛けている怪物を生き残さなければならないので(苦笑) 結構すんなり決まったり、そうせざる得なかったり(苦笑) 最善手間での道のりは短そうなのです(特に後半)

 今回は最大人数の5人で、既にプレイされたことのある方が3人ぐらいいる中でプレイ。
 メンツはギガトンさん、ヤギさん、TTBさん、ワカノさん、うち。濃い(笑)
 「殺されてなる物か」 という意地と「生き残ってやる」 というひっそり感と、「やらなければヤラレル」 というバトルロイヤル特有の雰囲気が漂いながら(殺伐とはしてなかったです。強いて言えば「キン肉マンのマッスルトーナメントの敗者復活戦みたいな(分かるか!)」)感じでした)、ラウンドが進んでいきます。
 特殊能力は状況によって強いのですが、「あ、あいつ強いなぁ」ということを他のプレイヤーにアピールしてしまい、「息を潜める」とは逆効果になることも(笑) そして、弱いカードを出すとかで「息を殺していた」 らそのまま息の根を止められたり(目立たすぎて、つまり小さいカード過ぎて死んじゃう) とかで、その両立を上手くこなして行かないと生き残れないようです(苦笑)

 ちなみに、プレイでは前者がヤギさん、後者がギガトンさんだったような……
 最後の方は「色んな方にかんでいた」 うちが勝利(苦笑) うちを攻撃したいが、自分のチップがそこにあって…… みたいな(笑) ことで攻撃が薄かったです。

 うーん、やっぱり多人数過ぎた悪影響が出過ぎていたのかもしれません。
 1つは手番に回ってくるまでに怪物のほとんどにカードが置かれていたり、1ラウンドで1枚しかプレイできないプレイヤーがいたり。
 3~4人の方が白熱度は上昇しそうな感じ。

 あ、リメイクですが、「グランドナショナルダービー(Ravensburger)」、「タイタンアリーナ(Avalon Hill)」、「ギャラクシー(GMT)」です。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告