キングオブビースト ミソロジカルエディション King of Beasts Mythological Edition

IMG_0263.jpg

「キングオブビースト ミソロジカルエディション」 King of Beasts Mythological Edition、Playroom、Reiner Knizia作、2-5人、8歳以上、20分

 Reiner Kniziaさんの一発アイデアシリーズ(言い過ぎ) の感も出てきたPlayroomの作者シリーズです。
 個人的に、これはやり過ぎじゃない? と思ったのも事実だったりします。いや、だってさっとプレイしてさっと終わるんだもん(笑)

 ルールはKniziaさんお得意の「多数有利」 のシステム。
 補充の場があって、そこから1種類を取ります。そして、その後、場にプレイできます。この時、自分にもカードをプレイしますが、これは最終的に得点になる(かもしれない)のです。

 さて、盤面を見てもらえれば大体見えてきそうなモノですが、カードが6種類あり、それぞれ複数枚混ざった感じで山札にあります。
 手番には、まず補充。補充の場は5枚。すぐに5枚補充です。
 そして、その後は任意の場と手元にプレイ。プレイは場に1-3枚、手元に1-3枚(両方必須)という訳です。場のカードの種類でどれかが6枚になったら、決算を行います。手元にプレイしたカードで、場に最も出ているカードの種類が1枚2点、次点、3位は1枚1点です。
 ルールはこれだけ。さっきの君主論に比べたら雲泥の差ですが(苦笑)、間口はかなり広いです。

 もちろん、簡単なだけで、ルールがすかすかといえばそういうこともなく、しっかりジレンマ(どの種類を集めるか、他のプレイヤーの流れはどんな感じか)や、カウンティング要素もあるのでちゃんとゲームしているのですが、如何せん「あっさりしすぎている」感もぬぐえません。

 多分何回か連続でプレイして、総得点 という感じなのですが、ちょっとジレンマの部分が大きすぎて複数ラウンド出来ず、まあ、落ち着くところとしては「時間合わせ」 的なノリはありそうです。
 とはいえ、うちはこのゲームが「嫌いか?」 と聞かれれば、「そうではない」 と言いますし、「好きか?」 と聞かれれば、「そうだ」と答えるぐらいです。

 問題は複数ラウンド(3ラウンドぐらいだと思うけど) プレイしてくれる人がいるかどうか。それによっても評価は分かれるところじゃないでしょうか?
 ジレンマが思った以上に重たいので、実は3人ぐらいがかなり良い感じかもしれませんよ(ククッ)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告