ゴイルドブロイ Goldbra"u

IMG_0110.jpg

「ゴイルドブロイ」 Goldbra"u、Zoch、Franz-Benno Delonge作、3-4人、10歳以上、60分

 おまけでコースターが付いています。しかも8枚。4人用なので4人でプレイして、4人で飲んでってところでしょうか。本当にそうなのかなぁ……

 ゲーム自体はカード主体のゲーム……と思いきやバッティングゲーム……なのかな? 多分バッティングがメインです。
 手番の最初にアクションカード3枚のうち1枚を伏せて出します。これがこのターンの自分のアクションになります。もちろん他のプレイヤーと被ったら追加アクションが行えないと言うおまけが付きます。相手を読むのが必要です。
 そのアクションの内容ですが、写真にあるように木の棒でビアガーデンを囲み、広げたり、店長を交代させたり、そのビアガーデンに対して搬入しているビールメーカーを変えさせたり、カードを買ったりというのがゲームの流れになります。

 ちょっと見えにくいですが、このゲームはビアガーデンとビール工場の提携のゲームなのです。いや、その先のそれらビアガーデンとビール工場に融資しているプレイヤー間のゲームなのです(わ、分かりにくい……)
 つまり、ビール工場からの出荷が増えればお金が入ります。出荷を増やすにはビアガーデンを広くし、提携しているビアガーデンを増やせば良いのです。この辺は現実での実際がよく分からないのですが、現実問題、そういうことになっているのでしょう。ドイツのビール事情は。多分。

 投資について(ボード上のキューブの配置について)は店長を置く時についでにカードをプレイすれば置けたり、カードを買った時に即時使用して、その対応したビアガーデン、もしくは工場に置いたりできます。ぶっちゃけそれがそのままお金(勝利条件)に繋がるのでその辺を如何に増やすが焦点になってきます。

 少し分かりにくいですが、得点計算はビアガーデン(ボード上の木の棒で区切られたマス)の大きさによって1マス何点と言った感じで得点が入って、その半額が工場に流れるといった図式。
 そしてキューブ分分け前をもらえるという話。もちろん、カードはお金を出して買うので、その辺のマネジメントが必要ではありますが。

 このゲームについて実はあまりよい噂を聞いたことはありませんでした。どちらかというと悪い噂の方が多かったかな。
 プレイした感じはそうでもありませんでしたというのが本音です。ただ、あまりに自由がきかなさすぎるのでその辺はなんとかしてほしいかなぁとかも思いましたけども。

 この時の展開……あまり覚えていませんが、うちが取った方法はシンプルです。自分のキューブを出来るだけ1つの工場とビアガーデンそれぞれに固めて(特に工場に)店長交代・ビール提携を自分の有利な工場に振りまくったというところでしょうか。あと、トップ叩きのためにトップに得点の入らない工場と提携させたりとか。
 いや、まんまです。うーん、そのストレートがいけなかったのか。リアルにビール業界を現しすぎたというのが(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告