シュティッヒルン Sticheln

IMG_0119.jpg

「シュティッヒルン」 Sticheln、Amigo、K.Palesch作、3-8人、8歳以上、30分

 個人的に好きなトリックアンドテイキングゲーム。
 ただ、全員が同じ方向に思考していないとゲームにならないので、その辺は個人的に研究してみたいところでもあったりします。

 さて、概要。
 メイフォローのトリックアンドテイキングゲームです。ただし、フォローできない場合はそれらのカード全てがトランプ(切り札)となります。予想しているかもしれませんけども、減点が基本のゲームです。とはいえ、ゲーム終了時はプラスで終わるのでそれはそれでOK。
 さて、トリックアンドテイキングゲームに入る前に配られた手札から1枚伏せて出して、全員同時公開します。このカードがこのラウンド、「取ってはいけないマイナスのカード(色)」となり、さらにそれは数字がマイナス得点となります。ちなみにこの出したカード自体もマイナスに含まれるのでなんとも(苦笑)

 さて、このゲームは「他のプレイヤーに出来るだけトリックを取らせるゲームです」 と理解しない限りゲームにならない可能性を秘めています。いや、実際起こりえています。
 どういうことかと言えば、「相手に数字の大きいマイナス点を与えたい」 というのがあるんですが、マイナス得点のカード以外は全てカード1枚につき1点となるため、集めに行くことでマイナスを消せたりするんです。
 そういうことになってくると微妙。
 せっかくの攻撃が空振りしまくりになります。しかもどうでも良いような感じで。
 ここがウィークポイント。どうしても力を込めて攻撃している手がそこで抜けてしまう感じがどうもいけていません。そうじゃなくて、決まると結構楽しいんですけども。その辺が何とかならないものかと思わせられる原因。

 特にこのゲームは好きであり(手札が出しにくい上、逃げにくいジレンマがある)、こういうMっ気のあるゲームは好きなのですが「うーん……」という点が残っているのが悩みどころなのです。
 ってーことなので、どうにかならないかとトリックアンドテイキングゲームから始まって研究中。どうすれば面白くなるんだろうか(そのとっかかりがつかめているから余計悔しい)

 ちなみに箱絵にあるような針を刺す感じがプレイ感に溢れています。たまに剣になったりするのが面白いのですが。いや、もしかして、楽しみ方の根本(マイナスのゲーム)を間違えているのかも……(今思い返した。これプラスのゲーム?)
 3人プレイは結構すごいことになるようなので、それもしたいところ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告