ブラフ Bluff

PICT0001.jpg

「ブラフ」 Bluff、FX Schmid、Richard Borg作、3-6人、10歳以上、30分

 ドイツボードゲームを代表するゲームの1つ。
 「ブラフ」という言葉を覚えるのもこのゲームからじゃないでしょうか。それくらい伝説視されていいと思えるようなゲームです。

 さて、ルールは至極簡単。
 全員で30個のダイスを等分に割り、写真のような湯飲みのような犀を使ってさいころを振ります。そして、誰にも見られないように犀を少しだけ開け、出目を確認します。出目には1~5+☆が描かれています。☆はオールマイティーとして全ての数字として扱われます。
 ここからが勝負です。
 自分の手番にすることはメインボードに書かれている数字(ボードを回るように1から順に上がって描かれている) に赤いさいころを置く。ただし、前のプレイヤーよりも高い数字の場所に置かなければなりません。
 赤いさいころには各プレイヤーの振っているさいころと同様に1~5、☆が描かれています。それらのいずれかの面を上に向けてさらに数字を上げます。この数字、もう気づかれていると思いますが、全体でその目のさいころがいくつ出ているのかを赤いさいころとボード上の数字で表します。つまり、1の目を上向けて8の場所に置けば、全体で1の目が8個出ていることを示します。

 先ほども書きましたが、前のプレイヤーよりも数字を上げなければいけないのでいつかは限界が来ます。
 そんな時に出来るのが2つ。
 1つは「ブラフ」(それは本当ではない) を宣言できます。宣言すると全てのプレイヤーは犀を開け、出目を確認します。宣言数に満たない場合、すぐ手前のプレイヤーがさいころを満たない分失います。 宣言数を超える場合、「ブラフ」を宣言したプレイヤーがさいころを失います。しかして、ちょうどならば? ちょうどならばすぐ手前のプレイヤーを除く他のプレイヤー全てが1つさいころを失います。
 さて、そのもう一つは少しややこしいのですが、さいころをいくつか場に出して、残りのさいころを振り直すことが出来るのです。ただし、この時でもボード上のさいころを上げる必要があります。どうやるかって言いますと、5が場に10個出ているという宣言で、自分の犀を開けて、5の出ているさいころを場に置きます。これらは後で出目としてカウントされます。そして、残りの5ではないさいころを振り直すのです。ほら、場に出ている5の数が増えた……かもしれないですよね(苦笑)
 こうして誰か1人になるまで続けます。

 ブラフという言葉通り、読み合いのゲームです。
 最初から最後まで読み合いです。

 しかし、これがゲーマーとなると大きく展開が異なることもそれだけ愛されるゲームではないかと思うのです。
 どういうのか?

 全く違うことをしたり、全30個のさいころの割に5が20個も出たりするのです。これは間違いのない事実なのです(断言) まさにボードゲームへの入り口のような気がします(うちだけかな?(汗))
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告