闇の怪盗 Die Schattendieb

PICT0005_20100312080618.jpg

「闇の怪盗」 Die Schattendieb、Amigo、J.Grunau作、3~7人、10歳以上、30分

 このゲームもそんなマイナー格好なゲームの一種。
 の割に比較的メジャーである……ハズなのだが、知名度は低い。だけどもゲームを始めて間もない人にも人気があったりする。
 いわゆる渋いところを付いてきたゲームではないかと。

 概要をざっくり言うと、自分の金庫に宝石をどんどん入れていくんですが、相手は金庫です(笑) 入れられるキャパ(個数限界)ってものがあります。食材の買いすぎで冷蔵庫を溢れさせてしまったことは一度ぐらいはあるはずです(うちだけか?)
 まだ宝石はほしいけど、金庫を閉められないジレンマを楽しむゲームですね(ほんとか?)

 基本構造はバッティングです。同数はキャンセルされ、捨て札になります。それだけではなく、バースト要素もあります。

 じゃま、具体的な説明をば。
 カード構成は大体ですが、4色の数字入り宝石カード(これを集めるのが目的)と数字入りの金庫カード、後怪盗カードがあります。そして各プレイヤーには開いた金庫カードが1枚ずつ配られます。
 開いた金庫カード以外を混ぜ、各プレイヤーに4枚カードを配ったら準備終了。
 後は同時出しでのバッティングです。
 基本的に被らなければOKなので(展開によっては被せなければ生き残れなかったりしますが)、結構気楽。
 バッティングすればそのカードは捨て札に、しなければ宝石カードを自分の金庫に詰めます。その時にさらに同じ色の宝石カードを金庫に入れられます(これがより気楽にします) で、補充して次のラウンドと言った感じなんですが、最大の特徴、金庫カードがあります。
 金庫カードには数字が振られており、自分の開いた金庫の上にその数字以下の枚数のカードがある時にしか閉められません。それ以上に大きいと溢れてしまうんです。どういう金庫だ? という素朴な疑問は無しな方向で(一応考えてみたものはあるけども)

 で、金庫を閉めたプレイヤーは得点が確定して、ラウンドから抜けます。
 そうやって、1人だけ閉めずに残ったプレイヤーが出た時点でゲームが終了します。そのプレイヤーには得点は入りません。金庫にカギがかかっていないので盗まれてしまいます(どういう……)

 んで、ここがすごいんですが、「最後、その時に同時にプレイしている全員が閉めた場合、全員閉められなかったことになって得点になりません(ゲームは終了します)」 というところ。
 例えば、3人閉めずに残っていて、同時に(閉められる数字の)金庫カードをプレイしていれば、全員得点にならずにゲームが終了するのです。チキンレースにも似た感覚がありますが、同じような「ダイアモンド」とはちょっと雰囲気が違います(基本バッティングですし)
 後、金庫と宝石もバッティングを起こすので、読み違いで大事な大事な金庫カードが流されることもしばしばあります……(もちろん、金庫カード同志でもバッティングします) そうやって、閉められないプレイヤーがずるずる出てくるのです。

 まあ、補充は山札からの引きにかかっているので、たまに陥るのが金庫カードが全く引けず、実際にある金庫カードの最大数を超えてカードを置く羽目になったプレイヤーが出たりだとか、手札に金庫カードしか無くなったりだとか所詮引きゲーじゃんとか色々「ゲームとして問題のありそうな」 部分もありますが、そこはそれ、パーティーゲームなんだから気にしない感じでいけるかと。
(可能性は低いですが、1人敗者が決まっても、金庫同志でバッティングの可能性もありますし……)

 今回は人数ギリギリの7人でプレイしましたが、こういうキャンセルのあるバッティングのゲームは多人数でやるのが最も楽しいですね。全員悲喜こもごもでした。
 ちなみに、写真は5枚で金庫を閉めちゃうと言ううちの超チキンプレイ(笑) 理由はこれまでプレイしてきて閉められなかったパターンを何度も経験しているから(苦笑) まあ、裏では次のラウンドの布石と牽制なのですが、ほとんど意味は無かったですね(苦笑) 自分の引きを信じちゃいけないんですよ。閉められる時に閉めておかないと(とかやっていると、偶然のバッティングで金庫が流されたり)

 ちなみに、ルールには無いんですが、金庫カードの限界数(15)を越えた時点でそのプレイヤーはラウンドからドロップさせたルールで行いました。そうしないと、他の残っているプレイヤーが比較有利になるのと、越えたプレイヤーのやることが単純作業となってしまうからです。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告