宝島 Die Schatzinsel

PICT0006_20100312080618.jpg

「宝島」 Die Schatzinsel、Spielspass、Peter Lewe作、2~4人、10歳以上、30分

 誰だよ、こんなゲーム買って、翻訳したのは…… というか、良く見つけたな、自分(殴)

 ルールを翻訳してから2ヶ月を経ってからの初プレイです(笑) 同社が出している「ガリレオ」と同じ作者なので、これが超マイナー恰好のゲームではないかと、プレイする前、いや翻訳前……買う前から分かっていたことですが……

 あ、ちなみにうちは嫌いじゃありませんよ、このゲーム。この時のプレイが手探りだったのがいけないのです(苦笑)

 さて、ルールの概要をざっくりと。
 世界広しといえど、「宝を探すゲーム」は大量にあるけども、このゲームのように「宝を隠すだけのゲーム」(後で見つけるとかもしません)はそう無いのではないかと思います(笑)
 基本構造はパズルです。ええ、パズルです。そして配置ゲーです。記憶ゲーです。
 おー、潮が引くようにみんなの興味が引いていくぞ(汗) それでも付いてきた方はこのゲームが好きになるに違いない。きっと(苦笑)
 さて、まず準備の説明をしないと。各プレイヤーにツイタテ、得点表示コマ、地図の欠片2枚、宝箱2つ、宝箱を守る者1つ(黒いコマ)を渡します。残った宝の地図の欠片は表を向けて(!?)、ボードの横(補充場)に置きます。同じように余った宝箱コマ、宝箱を守る者コマを補充場に置きます。
 手番には、補充場から地図、もしくは宝箱、宝箱を守る者のうち1つを自分のツイタテの中に入れる、宝箱を×印の場所に配置する、宝箱に宝箱を守る者を配置する、手元に何もないことを証明する のいずれかを行います。
 点数は地図の欠片の配置、宝箱の配置、宝箱を守る者の配置で入ります。地図はすでにある地図タイルに接すると縦列・横列のタイルの枚数、接さないように配置すると縦列・横列でタイルのない部分の点数が入ります。宝箱はそれまでに配置されている宝箱分、宝箱を守る者はそれまでに配置されている宝箱+宝箱を守る者分の点数が入ります。
 もちろん、宝箱を守る者は宝箱が無いと配置できませんし、1つの宝箱に1つです。

 こうやって、いつ終わるか分からない恐怖と戦いながらパズルしていきます。メモリー&パズルです。
 さらにごっついことに、同じものならいくつでも配置して良いということです。

 うーん、やっぱり偏りのある(ひどい?)ゲームかなぁと(汗)
 とりあえず、おいしい料理ばかり食べていても飽きるでしょうから、たまにはこういう関係のゲームでもどうでしょうか?(苦笑)
 とはいえ、うちは嫌いじゃなかったり。好きでも無いですけどね(大人の理論)

 この時は4人プレイ、ウィンさん、加減さん、K'nnonさん、うち……だったはず。記憶が微妙(苦笑)
 内容と言えば、もちろんのことながら、インスト時点でパズル要素バリバリできっついことが明白だったため、それなりに点数を取りまくる戦略で淡々と進んでいたんですが、複数配置がおかしいぐらい得点が入る(ように見える)ことが分かってからはみんな微妙に戦略が変更…… というときには既に中盤後半でした。配置するだけだからサクサク進むんですよ(苦笑)
 軽いかどうかは、その選択肢の少なさと、すぐ計算できるということで重すぎないようにカバーされているようです。
 あー、今思ったんですが、計算を覚えさせる子供用ゲームのような雰囲気があります。同作者の「ガリレオ」もそんな感じがする……
 ジャンルとしてありませんが、「きっちりゲームをプレイさせる」ための試験的なゲームじゃないかと。

 次回はちゃんと考えてプレイし直したい。やりたいこと、やってはいけないことが漸く見えたところなんだから(苦笑)

 ちなみに余談ですが、ジョン・シルバーとか、宝島とか絵本やら小説やらで聞いたことありませんかね? アレがテーマです。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告