プライスレス Priceless

PICT0014_20100312081007.jpg

「プライスレス」 Priceless、Winning Moves、T.Kramer, P.Orbanes、2-4人、12歳以上、60分

 うーん、ドマイナーだ、このゲーム(苦笑)
 とはいえ、うちもシュピール・ブルーダーのギガトンさんから譲ってもらっていたり。

 ちなみにWinning Movesの大昔のゲームです。82年だったかなぁ(良く覚えていない)
 さらにカルテルのリメイクだったり(もう一つリメイク元があるんですが忘れました)

 まあ、リメイク元とはテーマが違ったり、その影響でルールが微妙に違うんですが、噂ではその中で最も悪いらしく(苦笑)

 さて、テーマから説明。
 プレイヤーはコレクターとなり、宝石やらクラシックカーやら絵画やらを集めます。うーん、自分たちを見ているようでなんともですが(苦笑)<ある意味ゲームのジャンルにしてしまってもゲームとして成り立つやも…… 個人的勝利条件ができるやも(苦笑)

 で、概要。
 ボードを見てもらえれば分かると思いますが、コレクションが4つずつ別れています。そして、それに対応したカードがあります(これは山札となっています)
 んで、手札として4枚カードを持っており、手番に手札からカードを購入するか、場に転がっているカード(先に数枚カードを場に置く)をオークションにかけるか、カードを山札から引くかします。
 で、1ラウンド終了したら次のプレイヤーがディーラーとなって、さらに左のプレイヤーからラウンドを開始します。
 まあ、やることは単純ですね。

 で、購入について同じコレクションの中で最初は安く、後半になるほど高くなります(最大25倍もお金がかかります) まあ、それを基準にオークションで落としたりします。購入や競り落とせたらそのカードを自分のフレームに乗せて対応するボードの上に置きます。
 で、落としたらチャートに沿ってプライズポイントを得ます。これはその総量によって小切手(後述)の価値を決め、毎ラウンドの収入に影響します。
 小切手はこちらも専用チャートによって金額が変わります。つまり、お金を払う代わりに小切手を使用できるのです。んが、その小切手は固定の金額であると言うことです(プライズポイントで増えますけども)

 まあ、そうやって1人のプレイヤーがフレームを使い切ったら終了です。お金持ち勝利。そんなみたいな。

 概要を見れば分かりますが、ほんっとバブリーです。
 後半になればなるほど収入は増加し、小切手の価値は増加し(最大15倍ぐらいの価値になります)、得るプライズポイントも増加していきます。

 っと、実はこれは展開に大きく左右されるという事実もあります。
 各プレイヤーが無理しながらの邪魔仕合をすると、資金難に陥るプレイヤーが多数出てきますし、それぞれ広げるようでしたらぐぐっと相場は上がっていきます(苦笑)

 今回はオバラさん(黄)、叶さん(青)、Enoさん(緑)、うち(赤)です。
 そんで展開は序盤走ろうとした叶さん、Enoさんをアクションカード(山札に含まれています)で何とか全員で打ち落とすも、その後にフルスロットで走り出したオバラさんを誰も止めることが出来ず、うちに至ってはみんなの収入が3万近く行っているのに1万弱という1人置いてけぼり状態。ひーん。

 ということで、うちは完全ノーマーク(笑) 叶さん、Enoさん連合軍がオバラさんを追っかけていきます。
 さらにちらっと叶さん、Enoさんのキーとなるカードをちらつかせる(このゲームはカード交換の交渉があります) オバラさん、あくどいです(失礼&笑) うちは上位陣に走られないようにひたすらキーカードを握りつぶす日々(笑)<一応頑張っているんです。

 そうやって、小切手まで駆使しながら3人を引き離していくオバラさん。
 っと、ここでうちに未来が見えてきます。Enoさんのキーカードを全て握りました(笑) さらにここでオバラさん(黄色)の拡張の手が止まります。写真のようにEnoさんに頭を押さえられているのです。
 さらにお金が少ないために買えない>カードを引く を他のプレイヤーより多くやっていた甲斐があり、自分の拡張は自力で行えます。

 ってことで、終盤にさしかかるに辺り、収入が漸く安定してきた(笑)(<遅い) 勢いも後押しして買いまくり、ちょっかいかけまくりです。ちょっかいで終わっているのがアレですが(一切邪魔できませんでした 汗)

 最後の最後、オバラさんが無理くり終わらしにかかります。かなりの損をはき出し(25万もの大金をつぎ込み) 大量のプライズポイントと終了条件の最後のフレームを使います。

 で、集計結果…… うちが+\2,000.- 上回って大逆転勝利でした(嬉しいより焦った)

 うーん…… 勝てた要因はケチりにケチった(とはいえ、最後は叶さんと同数だった) 小切手と誰にもマークされずにいたことと、カードを引きまくったおかげで何もせず購入し続けられたことでしょうか。
 後、最後のオバラさんの購入ですか。絶対あのときでさえうちは全員からノーマークでしたし(苦笑)

 まあ、そんなこんなで勝っちゃいました(焦<まだ?) うーん、まだまだ全然見えてない(さらに経済系は苦手やし)
 もうちょっとプレイしてみたい。何が面白いのか理解したいゾ~(頭弱い子)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告