アーク Arcke Optimix

PICT0003.jpg

「アーク」 Arcke Optimix F.Nestel作、3-5人、8歳以上、45分

 早速ですが、概要とルールをざっくりと。
 手札を共通の場にプレイするパターンのゲームです。カードには種類が5種類あって、場にプレイするとその種類のカードの上に自分のコマを置けます。そのコマが多いプレイヤーからゲーム終了時に得点が入ります。合計で最も点数の多いプレイヤーが勝ちます。ある意味陣取りゲームです。
 テーマはノアの箱船(知らない人はネットで検索~)に動物を乗せる神様を各プレイヤーが受け持ちます。違いはありません。どれを乗せるか順番に選ぶだけです、手札から(笑)
 動物は肉食・草食・野菜があります。温帯・冷帯の動物もいます。さらには動物によっては色々な性格を持っています(これらは上記の種類とは別の扱いです)
 さらにノアの箱船にはいくつかの部屋があります。そこに動物や野菜をごちゃまぜに3つを1部屋に入れる必要があります。それが難しい原因なのです。
 肉食動物と一緒に草食動物を入れることができません。食べちゃいますし。まあ、体が大きければ大丈夫なんですけどね。
 もちろん、草食動物と野菜をいれちゃうと、気がつくと野菜が無くなっていることでしょう。
 さらにノアの箱船のバランスも取らないと行けません。片方に重い動物ばかりは乗せられないのです。

 ついこの前、発売されたこのゲームですが、評価は色々です。
 「複雑すぎて覚えきれない」、「手番が来てからしか考えることがない」、「運じゃん」 ととても悪い評価をされていることもあれば、「イゴイゴする」、「ゲームのキモはもしかしたら補充かも(笑)」、「カードがかわいい」等々好評だったりもします。
 うちはどっちかというと、好きなゲームです。
 とはいえ、ここが…… っていうところがあります。悪いって言うんじゃなくて、ルールがよく分かっていないとつらいんじゃないかと言うところです。
 1つは初プレイ時、どのカードがどう置けるかが大変分かりにくいと言うこと。これはある意味インストにかかっているとも言えます。一番いいのは、「現実に即して考えてみてください」っていうインストかもしれませんが(苦笑)

 実際、「ここ置けるよね?」とか「そこ置けないよ」っていうプレイが始終あります。多分に慣れはあると思いますので、何回かプレイすることを前提とされていると思います。末永く愛されるゲームを大人から子供へ。
 多分、そうだと思うんですよ(苦笑)

 今回は一度に2枚プレイできる特典をみんなが狙っていたため、被る被る。多分、他にもっと戦略があると思います。見つけていないだけなのだと思います。まだまだ何かあるぞ、このゲーム。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告