エスナプール  Eschnapur

min023.jpg

「エスナプール」Eschnapur 3~4人、45分、Shumidt、R,Staupe作

 このゲーム知っている人、手を挙げてください。ほら、いないでしょう?(笑)

 まあ、やったことがあっても、2回目のプレイは無いんじゃないかなと思ってますが……

 さて、気を取り直して、このゲーム。七福神の一人がコマとしてついてきます。嘘じゃないです。マジです。
 まあ、七福神かどうかはさておき、なんと言っても七福神のようなアジアンチックなコマ(フィギュア?)をドイツで生産してるって言う事実にびっくりです。その工場には七福神がゴロゴロしてるってなんか、ドイツじゃねー感じがしませんか(余談)

 余談はいい加減にして、概要と内容と。
 概要は入り口も出口もない寺院に突然放り込まれたプレイヤー達が宝を漁るって言うゲームです。はい、どうやって入ったかなんて疑問に思わない。

 ラインハルト・シュタウペのゲームなんですが、聞いたことある人も多いかと思います。ま、紹介は後で。

 各プレイヤー初期位置が決まっていて、手番の最初に楕円形のタイルを2枚引きます。書かれているのは移動力タイルの獲得、お金の獲得、威力カードの獲得、紋章カードの獲得です。移動力とお金の枚数は1~4程度です。

 めくったら全プレイヤーと同時交渉。片一方しか手に入れられないんですな、手番プレイヤーは。

 んでもって、移動、紋章カードを使って隠し部屋の鍵開け(ボードに必要な紋章が書かれています) で、赤いチップをめくって数字の小さい方が得点になって、大きい方は全員で競り(笑) なんか、やっぱり得点の入り方が謎に満ちている感じがします(苦笑)

 競りは威力カードを使います。

 で、威力カード、紋章カード、移動タイルはお金で買えて、得点の最も高かったプレイヤーが勝ちっていうゲーム。

 んで、ここで登場、七福神(もう、勝手に銘々) この七福神は恵まれないプレイヤーの元に降り立ちます。つまり最下位ってことですが。んでね、そのプレイヤーが得点すると倍の得点を得られるようにしてくれるって言う、うち思うに、無理矢理バランスを取らせるためのコマだと思うんだけども。とは言っても何故か寺院の雰囲気とかに合うのが不思議だったりするんですが。

 まあ、そんなことはいいとして、ゲーム風景。

 メンツは、下手物大好き(バキィ)…… えっと、チャレンジングなメンツが集まりました。久しぶりなギガトンさんをはじめ、叶さん、よっしーさん、たなやんの4人。
 最初にギガトンさん曰く「お金がカッツンカッツンになるんじゃないのかなあ」 っていう発言を受けて、他プレイヤーが静かな動きを見せる中、うち一人がばんばんお金を使ってました(笑) まあ、それなりの計算はあったんですよ(苦笑) なんだ、無理矢理勝てるタイミングを作ればいいんじゃないかと。言ってしまえば、シット(Adlng)ののりですよ(苦笑)

 んで、中盤あたりで判明したんですが、バリバリ使う必要があったみたいです。自分の手番でしかお買い物ができないって言う制限が結構聞いているみたいです。

 うちはびしばし自転車操業しながら、無理矢理独走状態。無理矢理って言うのはお金的にも、鍵開け的にもぎりぎりってことです。次の手番、扉開けられるかなあと言う状況でしたから(苦笑)<このゲームの性質上、毎ラウンド扉を開けて得点を得る必要があるのです。
 しかも、最下位は七福神の特典まで付くという…… 多分ね、きっとね、先に走っちゃ行けないんだよっていうゲームの神様の声が聞こえました。 中盤も終わろうかとしているときに(汗)

 で、どうしたかっていうと、まあ、なんだ。あれだ。全部得点をしてしまおうと。いや、全部って言うのは無理だから高得点な部分だけでも全て取ってしまおうと。

 まあ、結論的に言いますと。ほとんど無理でも無いわけで。なんでかっていうと、それ以外でも得点できるからで、例えば、赤いチップ。これは得点が書かれているんですが、そのラウンド最も小さい数字を出したプレイヤーにはこの赤チップを与えられ、最も集めたプレイヤーは12点ももらえるという(赤チップに書かれている得点の平均は7点ぐらい) 得点があったり。

 最終的にはそれを取れば勝てる的な展開になりまして、叶さん(最下位)4枚、よっしーさん(2位)3枚、うち(1位)4枚って時に、よっしーさん的にはどうしても赤チップを取る必要があって、叶さんはもっとあって、うちはよっしーさんが取ってくれればなあと(最低、うちが取っても良かったので)、狙いに行く状況。

 後々考えたんですけど、下位叩きを結構してしまいそうなゲームですね。これ。上の状況なんて、まさにそれ。まあ、そのシチュエーションがそうなっているだけっていう話もあるんですが。まあ、そんなイメージがありました。

 結局のところ、よっしーさんが取って、うちがそのまま逃げ切る形となりました。

 なんかねー、やってるときは勝負のしどころがあるゲームだなあって言うだけのゲームでしたが、今書いてみると、シットの発展系みたいなイメージがありますねぇ。それに軽く移動とかついた感じ。
 テーマもあって、それはそれでいいような気がしました。救済策も入っているし。
 ただ、たまにやるにはいいけど、あんまりよくやるゲームでもないような気がします。イマイチって訳でもないんですけどね。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告