カラット Carat

min016_20100314182442.jpg

「カラット」 3~4人、45分、Dirk Henn作パズルゲーム

 このゲームをする前、広げるだけでやめちゃった卓があったらしい(聞いた話) んー、そんなに魅力的ではないかなぁ。うちは好きな部類に入るんだけども。

 さて、話を戻して、このゲーム。写真を見てわかるとおり、バリバリパズル要素ありです。タイルをグルグル回しましょう(苦笑)
 んで余談ですが、このゲーム、今年のエッセンでリメイクが出るらしいですね。多分アルハンブラサイズじゃないかなあと勝手に予想したり。まあ、作者はかのDirk・Hennさん※(後述で紹介)でしすし、あり得ないとは言い切れない。

 ゲームの概要は写真があると簡単だなぁ(苦笑)
 先に数字チップが○の位置に表向きに置かれて、最初のプレイヤーは端のマス以外の場所に手持ちのタイルを置く。そして引く。囲まれたら得点計算。最も数字の大きいプレイヤーがその囲んだ自分の色分×○の点数を得ると。あ、手札は1枚ね。
 まあ、そんな感じで、最後までやるゲーム。タイは共に脱落の、次のプレイヤーの得点となると言う。

 ま、バリバリのパズルですよ(笑)
 今回は、3人でプレイ。キトウさん、叶さん、うちです。

 手札が1枚の意味はすぐにわかりますね。パズル何で考えるのに目茶時間がかかります。次の手番までに考えておけって方向で(苦笑)

 展開は、うちが序盤遅れて、逃げるキトウさん、追ううちという展開。まあ、最初に頭がうまく回らなくて、あんまり計算できなかったっていうのがあるんですが。
 ちなみにこの三人は結構ゲーム慣れしていて、なかなかプレイミスをやらないと…… いわばギッチギチプレイ(笑) 隙を見せる余裕無しです、ハイ。

 中央あたりが攻め終わった後半、なんとか巻き返そうと頑張りましたが、10点届かず。キトウさんの勝利。

 えっと、高い数字を引いたときは全力で自分の分を高くする方法を考える。ただ、他のプレイヤーやNPCと並ぶような得点ではどきどきです。というより、何故か引いてるという展開がよく(苦笑)
 結構NPCプレイヤーの得点を利用する配置があったんで、余計ギッチギチになった原因かもしれません。4人でやった方が軽かったのかも(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告