UFO’s UFO's

min008_20100314182754.jpg

「UFO’s」UFO's 3~5人か? トリックアンドテイキング 30分ぐらい

 えーと、このゲームをしているとゲームのタイトルを忘れてしまいます。何故でしょう?

 それはともかく、ゲーム概要。
 トリックアンドテイク……と書けば、常連の方々には誰が持ってきたかわかるようになってしまった方に持ってきてもらったゲーム。確かアラン・ムーンの昔のトリックアンドテイクゲームって話で始めたような気がします。コンビじゃないからパーツは少ないよ(A&Aコンビ(アラン・R・ムーンとA・ヴァイスブルムコンビのゲームはパーツが多いことで有名)

 トリックアンドテイク(一般的なルールはコラム内の辞書参照) と言えば、得点方法が色々あります。一般的な最もトリックを取ったプレイヤーがトリック数+ボーナスを得るようなゲームや、先にトリック数を宣言してそれにあわせると得点を得るとか。

 このゲームの場合はちょっと特殊です。トリックアンドテイクに関するカードは1~15の4色です。ただし、10と12の全てのカードは同じ色をしており、カラーは自由に選択できます。
 ここでさらにトリックアンドテイクに関係の無いコンポーネントがあります。

 得点チップと切り札決定に関するカードです。トリックアンドテイクの前に切り札の決定をします。自らの得点を使った競りを行うのです。さらにトリックが多ければいいのか、少なければいいのかまで宣言できます。

 各プレイヤーは最初にトリックが多いのがいいのか、少ないのがいいのか、切り札は何色なのかをカードを裏向きに出して提示します。
 ここでスパイス。手番が来たときに競り上げ以外に「エスパイ」ができます。つまり得点を相手に払うことによって裏向きのカードを見れます。こうやってバッティングを見極めます(この「エスパイ」は奈Ra県民さんが最後まではまってました(そのフレーズに(笑))

 んで、やった感想なんですが、思った以上に面白いです。
 メインはトリックアンドテイクなんですが、トリックアンドテイク自身に10、12の味付け、切り札決定の競りと一粒で二度おいしいとはこのことかもしれません。唯一の難点とすれば、競りに熱くなってしまうと競りの出費を回収しきれないと言うところでしょうか(苦笑) あんまり頑張れないんですね(苦笑)
 メンツはこうしさん、奈Ra県民さん、ほむさん、astrudさんとうちです。
 えーと、うちとほむさんて何故に競り合いが好きなんでしょうか……(苦笑) ガンガン攻め合って競りすぎでへこむこと多しって感じです。
 というよりね、+とーの人が同じ色出してたら戦いますよ(苦笑) そりゃあね。
 ま、そんなこんなで、最初の競りに勝つ必要はなくて(勝ちたいけども)、ほとんど競りには勝っていない奈Ra県民さんが勝利。
 というより、「エスパイ」されまくって、得点がたまってました(笑) 恐るべし、勝ち方(間違い)
 まあ、そういうこともあるってことで。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
 ・04月08日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告