ワーウルフ Warewolf

「ワーウルフ」

 これは大昔にレポートに書いたけど、今回も書きます。
 今回は以前のトランプを使ったパターンではなく、ちゃんとしたゲームを使ったワーウルフ。メーカーはどこかわからないけど、正方形のカードです。ワーテルローのオオカミ……違うな、なんかそんな邦題がついていたはず。

 ちなみに豆知識。このゲーム、近年(と言ってもおじいちゃんですら生きていないぐらい前)、大流行したのがアメリカ。その前はヨーロッパ全土、その前はスペインと出所がよくわからないゲーム。ヨーロッパの伝統ゲームという位置づけなんだそうで。そんなだからルールにバリアントが大変多く、どれが本物かわからない状態(苦笑)
 このあたりは、bone5さんが詳しいんじゃないかと思います。
 ちなみに製品版は網一種類あって、ダビンチゲームズから出ているワーウルフ。こちらも違った感触で面白い。

 で、話はもどって、今回のワーウルフ。久々(ほぼ初めて?)プレイヤー参加です。このゲームも必ずGM(ゲームマスター)が必要なのね。
 ルールを簡単に(物語風?)
 各プレイヤーは村人となります(カードを1枚ずつ配り、村人、ワーウルフ、占い師などに役割分担します(他プレイヤーにはシークレット)
 例会は村になります(笑)
 この村に何匹かのワーウルフ(人食い人狼)が紛れ込みました。残念なことにワーウルフは人に化けるのが得意で、すでに何者かと入れ替わっています。もちろん、入れ替わった人はすでにこの世にいません。
 ワーウルフは夜にのみ人を食べ、活動し、昼には人間に化けて村で暮らしています。
 さあ、村長は困りました。すでに1人目の犠牲者が出てしまいました。どうすれば、この村は助かるのか。夜は寝ないで昼はぐっすり寝て夕方に目が覚めたとき、思いつきました。毎日夕方に一人ずつリンチをかけて殺してしまおう。 それがワーウルフならラッキーだ。
 ってなことで、毎日村民会議を開き、誰をリンチにかけるか話し合います。
 さあ、生き残りをかけた村長会議が始まります。

 初日、まず皆眠りにつきます。机に顔を伏せ、軽く机をたたいてください。GMの呼び声にワーウルフだけ、机をたたきながら顔を上げ、殺す相手を決めます。そして、眠りにつき、占い師が起こされます。誰かを指さし、GMにワーウルフかどうかたずねます。眠りにつき、今度は全員目を覚まします。GMがワーウルフに指名された人に死を告げます。そのプレイヤーはゲームから除外され、言葉を話すことができなくなります。こうして何もしないうちに一人が夜に殺されます。村長会議が毎日行われ、必ず一人殺されます(話し合いや投票など) その後夜となり、同様のことを繰り返し、昼に一人、夜に一人脱落していきます。
 早くワーウルフをリンチして殺してください。全員が死んでしまう前に。

 ってな具合です。
 このゲームの面白いところは話し合いにあります。今まで何度もGMをしてきていますが、ワーウルフの行動はかなり怪しいです(笑) いつもうるさい人が急に黙りこくったり、静かな人がしゃべりまくったり、なんか固まってたり(笑)
 初対面のプレイヤーばかりでは少々難しいかもしれませんが、例会なんかでは特に面白いんじゃないでしょうか?

 さて、今回、全員参加でプレイしました。夕方に始めたので人数が少し減って、15人+GM。
 このゲーム、村人側にも特殊な能力を使えるプレイヤーが混じるんですが、ルールがわかってしまうので割愛。
 とりあえず、大きな流れとして、うちが適当にあおって罪のない村人がばたばた死んでいく状況に(苦笑)……すいません。ワーウルフではないんですけどね(苦笑)
 というか、ワーウルフしてみたい…… と、愚痴はいいとしてすすめます。
 うちの勘があまりにも当たらないので、途中から「珍しく」生き残ってるガミが取り仕切ることに。えっと、彼のキャラクター上(人間のね)、よく殺されます。あ、うちも。
 まあ、こんだけ場を仕切ったら人間側だと思われても仕方ないか……
 で、ガミの勘がさえてました。ざっくりと一人目(ワカノさん)を的中。(全3人、ワーウルフがいました)
 しかし、二人目ははずしてしまいます。
 残り6人、ワーウルフ2人という状況で、とうとう占い師が自分であることを明かすガミ。ワーウルフの標的になることは必須です。ですが、その前に叶さんがワーウルフだと、見たといいきり、殺して大正解。この夜にガミが死ぬことは必死です。しかし、起きてみると違うプレイヤーが殺されています。このとき、何故ガミでないことに気づかないうちでした(この辺が悔しいところ(謎))
 次にこちらが一人外し、最後の朝を迎えました。そして、叫ぶガミ。「俺を殺せと」
 ここで、あるカードの説明をしておきましょう。キューピッドというカードがあります。このカードはゲーム開始直後に誰と誰の魂が同じかを決めることができます。このつながった魂の二人はお互いつながっていることがわかります。(ちなみに、これは正式ルールとは少し違います)
 このカードで指名された二人はまだ残っているんです。そして、占い師なので生き残っているガミ。そして、殺さないワーウルフ。
 わかりましたね? ガミと魂が一つになっているほむさんがワーウルフなんです。
 こうして劇的な占い師の死を持ってワーウルフを殺し、村に平穏が訪れ…… 生き残ったのが二人なんですけどね(苦笑)
 最後の展開がかなり盛り上がって面白いかったです。この手のゲーム、ゲームに参加してこそ面白いものだと理解しています。このレポートを読んでもその 1%も伝わっていないんじゃないかと思えるぐらい…… なに? 書き手が悪い…… おっしゃるとおりで……はないですよ。書けないって(苦笑) やってみてくれって(懇願)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告