シルクロード Die Seidenstrasse

min008_20100314183848.jpg

「シルクロード」Die Seidenstrasse、Schmidt、H.Kommerell作、3-7人、60分

 こちらはコレクターが近くにいないとできないようなゲームかもしれません。というより、うちの場合、存在すら全く知りませんでした。後々、確認するとプラッツで向かし回ったことがあったようなんですけどね(苦笑)

 カードを使った双六ゲームです。すっごい簡単に言うとね。でもね、それで、「所詮双六」 とか思わないでほしいですね。ちなみにうちはサイコロで進ませるような双六があまり好きではありません(笑) けど、フォーミュラ・デーは好きですが(矛盾)

 ルールですが、ただ、駒を進ませるカードを使って、自分の駒を進ませるようなソロプレイではありません。自分の駒を進めるんですが、使ったカードは自分の前に公開しておく必要があります。これを捨て札にするにはそのカードを自分のターンを使って他のプレイヤーに使用する必要があります。
 つまり、自分に有利なカードは他人にも有利になることがあるんですね。さらに自分の前には最大3枚までしか公開できないと言う制限があります。
 こうやって進めて、複数あるチェックポイントを超えたプレイヤーが出た時点で小決算を行います。この小決算を繰り返して得点を稼ぎます。

 ここで、注目というかポイントとなるカードの内容ですが、10歩進む代わりに前に公開している限り得点が入らなかったり、自分の順位に関係するカードだったり、他のプレイヤーと一緒に進むなら多く進めるなどの実にバリエーションに飛んだカードがあります。
 こうなってくると完全にソロプレイではなく、ぐちゃぐちゃ絡み合ったパーティープレイになります。このあたりがミソですかね。やっぱり。

 さて、プレイ内容ですが、メンツは千石さん、奈Ra県民さん、Shi.Ma.Chuさん、キトウさん、叶さん、うちです。
 ぜーんぜん覚えていないのですが(汗)、序盤は千石さんとうちが共に行ったり帰ったり、ほとんど誰も飛び出さないようなのろのろとした展開。全部でおおよそ5箇所ほどチェックポイントがあるのですが、第3チェックポイントで大きな動きがありました。トップ3人が突出して前へ進んでいます。普通のゲームならここら辺でトップグループが形成されるんですが、そうならないのがこのゲーム。他人にカードを渡す対象が下位に集中するため、ぐんぐん追いついて、第4 チェックポイントの小決算では逆転してました。そこで唯一前のトップグループにいたShi.Ma.Chuさんがそのまま、トップグループにからみついていたので、第5チェックポイントでは誰も進めてくれなくて、後ろにおいていかれるおいて行かれる(苦笑) 一人孤立していました。
 他のプレイヤーが協力して先に進めているんですが、しかし、ここで新たな問題が。最後の決算だったんですが、みんな勝ちたいために最後5マスぐらいになって足踏みする足踏みする(笑) その間にShi.Ma.Chuさんが大きな差(チェックポイント一つ分)を詰めてくる詰めてくる(苦笑)

 最後のデッドヒート?に終止符を打ったのが千石さん。得点は全体的に拮抗していたので、誰が勝利かわからない状態でした。
 決算すると、叶さんがぎりぎりのところで勝利でした。
 妙なところに妙な面白さがあって、心理部分でゲームのバランスが取れいているという妙なゲーム(珍品?)でした。こういうバランスの取り方もあるんだなあと感心させられるゲームでした。いろんな意味で発想の新しいゲームです。見かけたら嫌がらずプレイしてみることをおすすめします。見た目ではわかりませんよ~
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告