ホーラムロマナム Forum Romanum

「ホーラムロマナム」 Forum Romanum、Kosmos、W.Kramer作、3-6人、10歳以上、60分

値段、テーマ性、丁寧さ、インスト、待ち時間、再プレイ (青≫良 緑≫微妙 赤≫否)

 初めてプレイした時の衝撃は未だに忘れていません。
 すげー、やべー。このアブストラクト、超すげー!!
 もう、なんていいますかやべぇの一言でした(笑)

 感動を無理矢理言葉(っていうか、ほとんど擬音語だ(苦笑))に表してないで早速解説をば。
 ガチなアブです。あと、陣取りと我慢の仕合と適時打です。

 ボードは7×7(だったと思う)の升目に区切られており、写真のように太線で7箇所に分けられています。
 そして、得点チップがそれらを囲むように置かれており、各プレイヤー自分の色のコマを持っています。

 手番には自分のコマを空いているマスに置くだけです。そうやって、縦・もしくは横・もしくは1エリア、もしくは最も長い斜め線のいずれかにコマがいっぱいになったら所有権の計算が行われます。
 この得点方法もすごい絶妙なのですが伏せ。プレイした時の感動はその時に取っておいてください。

 さらに、手番途中で足らなくなる自分のコマ。そうです、全て埋まるようには用意されていないのです。コマが手元から無くなった次の手はボード上のコマを取って、次の場所に置き直すのです。これが決算前のエリアだったり、ラインだったりする訳ですから動かし憎いにもほどがあります。基本的に1マスは3回決算の対象になります。多いところなんか4回です。それを決算前に動かさないといけないのですから、 1手の先読みで置いた間違いがどれくらい遅れを生じさせるか分かったもんじゃありません。

 とこのゲームが好きで、面白いとはいえ、やはりこの手のゲームの弱点とされるのが長考。
 このゲームは確かに長考しやすいです。ので、メンツを良く選ぶ必要があるのではないかと思います。例えば長考が大好きな人、長考しがちな人と長考が嫌いな人、長考で待たすぐらいなら適当に手番を行う人がいるとは思います。もちろん、こういう方々で一緒にゲームは出来ないと思います。まあ、やるなら砂時計でも用意してプレイになるのでしょうが。
 個人的には長考は理解できない長考(例えば、序盤での長考とか誰が見ても明らかに良い場所がある手番での長考(打った後に考えてほしい))をするプレイヤー以外であれば誰とでもプレイできますが。だけども正直見た目以上に軽くこのゲームをしたいって言うのがありますけども。

 とりあえず、アブストラクトが好きでも嫌いでもプレイしてほしいゲームです。とはいえ、手に入りにくい上、高額、さらに特別箱が大きく、重いと来ているのですからいくらこのゲームが好きでも手が伸びにくい(っていうか伸ばす場所がない)のが現実なのですが。
 うちは大きくて高額なので手が出せずじまいです(汗) Franch-KOSMOSの方なら大分小さいのですが、より手に入りにくいと言う(汗)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告