トランスアメリカ Trans America

P1010039.jpg

「トランスアメリカ」 Trans America、Winning Moves、F-B.Delonge作、2-6人、8歳以上、30分

値段、テーマ性、丁寧さ、インスト、待ち時間、再プレイ (青≫良 緑≫微妙 赤≫否)

 個人的に思っていることですが、Winning Movesってこのゲームで一気に有名になったと思いませんか? これ以前のゲームって何か思いつきますか?
 実は所持していたりするのですが、「プライスレス」とか。いや、なんて言いますか、すごい方向性変わったゲーム会社だなぁと(苦笑)
 ついでになりますが、ここのゲームはある意味「冒険している」ゲームが多いんじゃないかと思っています。いや、複雑とかコロビニ風(苦笑)っていう意味ではなくて、やけに単純すぎるけど大丈夫? みたいな。

 さて、このゲームもそんな冒険ものゲームです。そして、大成功を納めたゲームでもあります。
 概要は……写真わかりやすいなぁ(苦笑) 大分前のですけども。
 各プレイヤー手札として5色のカードを持っています。いわゆる目的地カードです。
 ここで写真と見合わせればすぐに分かると思いますが、その都市間を棒で繋ぐゲームです。最も最初に全ての都市を連結させたプレイヤーの勝ちなのですが。
 で、手番にすることなんですが、これも単純。「棒(線路)を2本配置します」
 そう、それだけ。これでゲーム終了まで持っていくのですから良くやったものです(笑)
 ただ、配置ルールには少しあって、自分の拠点(見えにくいけど、ボード上に立っている円柱)に繋がっている線路じゃないと棒を配置することが出来ません。でもって、山は2つ置いて通ったことになります(ちょっと語弊がありますが2本分費やさないと引けないのです)

 このゲームで多分一番複雑と思われる得点計算。いや、……えーと。むー。
 いやね、得点計算は減点式で、誰かが全てを繋いだ時点で、自分のカードで達成できていない(繋がっていない)都市との距離がマイナス点になります。で、一定のマイナス点を超えた時点でゲームが終了…… ってそう難しくないか。

 このゲーム、ガチなアブに見えて実はそうではなくて、相手がどこにつなげたがっているかという読み合いになります。だって、他のプレイヤーが近くまで引いてくれた自分引く必要ないじゃーんってところなんだもんよ。
 とはいて、このゲームの欠点。浅いんです。
 これ以外の戦略って何か思い浮かびます? 山の使い方とか都市への引き方(これは慣れたら見えてくると思うけども、大して影響はしないんじゃないかと)
 そんなことよりも他のプレイヤーの引きたい都市の読み合い。それですか。

 うーん、この浅さによって余りプレイされ続けることが無いのですよね。とはいえ、たまにプレイすると楽しいのですが。ちなみにこれの後継のトランスヨーロッパが発売されていますが、まんまと乗車券に飲まれた模様。うーん、単純なのはこういうところが弱点なのよねぇ。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告