ワンスアポンアタイム Once upon a time

「ワンスアポンアタイム」 Once upon a time、Atlas、A.Rilstone, J.Wallace, R.Lambert作、2-6人、12歳以上

値段、テーマ性、丁寧さ、インスト、待ち時間、再プレイ (青≫良 緑≫微妙 赤≫否)

 このゲームは規定の終了時間というものがありません。すぐ終わることもあれば結構長丁場になることもあります。とはいえ、大体30分あれば終わると思う。多分。

 さて、中学校か高校の英語で習う「Once upon a time」 訳は「昔々……」 という訳ですが、このゲームをまさに現しています。
 昔々あるところに…… といえば? そう、昔話です。このゲームは昔話を作る…… いや造るゲームです。

 各プレイヤーには名詞と絵が描かれたカード、終了カード(各人別々)が配られます。
 終了カードにはあるシュチュエーションが書かれています。

 各プレイヤー手番にはカードをプレイしながら昔語りをします。お話を創作するのです。
 例えば、旅人のカードを最初にプレイしたとします。プレイヤーは「昔々あるところにお腹を空かした村人が森をさまよっておりました」 という風にです。
 この後、手番プレイヤーがまだ手札からプレイできるならプレイしても構いません。プレイするためにはお話を続けて、そのカードに描かれたものをお話に登場させなければいけませんけどね。
 出せそうに無ければパスをして次のプレイヤーになります。次のプレイヤーも同様にカードを出しながらお話を語ります。こうして、お話はあっちへいったりこっちへ行ったりします。そうやってカードを全てプレイし、ゴールカードを消化します。まあ、このゴールカードも結構無茶なシュチュエーションがあったり大変なのですが。

 このゲームは完全コミュニケーション、プレイヤー任せなゲームです。その辺はバランスなりなんなりは不要です。面白い物語を作って楽しみましょう。

 余談ですが、拡張カードも出ているぐらい人気のゲームです。まあ、相変わらず英語なので日本語シールがほしいところですが。ブランクカードも出ているので自分で作れと言うことなんでしょう。

 最後に過去に経験したプレイで一番すごかったものを紹介。
1人目「昔々……199X年、世界は炎に包まれた……」

 大変でした(笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告