タージマハル Tadsch Mahal

P1010072.jpg

「タージマハル」 Tadsch Mahal、Alea、R.Knizia作、 3-5人、12歳以上、75分

 アレアのゲームの中でも屈指のわかりにくさと楽しさを内包する不思議ゲーム(笑)
 とりあえず、3回はプレイしてみてください。そうしないと勝ち方も明確な目的もつかめたもんじゃありません。

 と言う訳で結構大変なゲーム? の割に飽きずにプレイできるのがクニツィアマジックなのかも。

 さて、クニツィアなのでテーマ性は大分薄いです。カードが、コンポーネントがそうなっているだけです(言い切りやがった)
 基本的にカードを各プレイヤー順番にプレイして、次の手番の最初に(重要)カードに描かれているアラビアンな人達+象の最多を取ることを目的とします。トップを取ってラウンドから下りたら(もちろん、それ以上カードはプレイできない) その時点でトップのそれぞれのチップ、象はエリアチップ(後述)をもらえます。さらに同一のチップを2つ集めて使うと特殊カード(使い捨てではないもの)がもらえます。プレイするだけで+2点とかいうのもまであるから結構強いです。けど、全体で1枚ずつしかないから取り合いです。無ければ他人からなのです。
 そして、チップをもらったプレイヤーは自分のコマ(アラビアンなお城)をボードに配置できます。どこでもっていう訳じゃなくてラウンド毎に地域が違います(写真じゃ分かりにくいですが、色別に分けられているところ) エリアには先に書いたエリアチップがあり、エリアチップには特産品が2つ書かれています。これも集めたいものの1つ(つまり得点源)になります。1つの地域1ラウンドです。
 そうやって、全ての地域でプレイが終わると決算になります。
 多数のゲームをやっているので、決算もそれらしく、各特産品のトップが得点を得、さらにボード上のお城の連結ボーナスなんてのもあります。なんか、コンポーネントをめいっぱい使いました的なゲームなんです。それゆえごちゃごちゃするのです。分かりにくい所以はそれなのです。

 これ以外にきらりと光る部分はカードの補充。1ラウンドで2枚だけという少なさもアレですが。
 カードの補充では、補充できるカードが全員分表向けられて置かれています。ただし、置かれているカードは4人なら7枚、5人なら9枚と微妙に足りません。さらに全て表向けられているということは補充の順番にすごい響きます。
 補充の順番はラウンドから抜けた順番、つまり、ラウンドでカードのプレイを止めた順番なんですよ。

 つまり、チップを早々に諦めてほしいカードを補充するか、カードのプレイを頑張って、次はしゃがむか、それとも運良く1枚のカードのプレイでチップとカード、両方とも手に入れてしまうか。
 この辺りが非常に悩ましいのですが、カードの補充は他のプレイヤーのカードのカウンティング、次のラウンド以降の流れの読みなど、大分先見性、つまり経験が必要になってきます。この辺りが、初プレイの時では大分難しいです。いや、何回プレイしても難しいですが、そこがこのゲームの一番楽しいところなので是非頑張ってほしいところ。

 正直、最近カタンをプレイし始めたとか、アレアって何? っていう人には勧めにくいゲームではあります。
 とはいえ、ゲームをし続けて、楽しむポイントなどが分かりだした頃にすると結構面白いゲームです。結構ファンも多いんじゃないでしょうか?

 そう言う意味でマニアックよりなゲームですねぇ(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告