砂漠を越えて Durch die wuste

P1010075.jpg

「砂漠を越えて」 Durch die wuste、Kosmos、Reiner Knizia作、3-6人、10歳以上、30分

 後世に名作ゲームと思われるゲームとよく比較対象にされることになるゲームです。あ、いや、 2006年に出た「ハチエンダ」とかね。

 さて、このゲーム。3人がいいだとか、実は陣取りゲームじゃなくて先取りゲームじゃない? とか色々言われていますが、何よりもコマが蛍光色で各プレイヤーへの初期配布が非常に特徴的なところが印象に残っています。

 テーマはクニツィアさんなので割愛。いや、正直どうだってよい。だって、テーマが感じられないんですもの(苦笑)
 ゲーム中に目指すのはヤシの木とヤシの木を自分のコマで繋ぐこと。繋いだらボーナス点が入ります。
 あと、ボードのそこらじゅうに散らばっているオアシスタイルを集めること。これらも得点です。もちろん、繋いで移動する(浸食する?)必要があります。そして、最終のボーナスになる囲い込み。
 これは、まあ、コマで囲い込んだエリアの大きさによってボーナスが入るんですよ。

 さて、ざっくり割愛していますが、写真で見える蛍光色のラクダコマ(手前の紫やら水色やらクリーム色やら、ピンクのアレです。あれは、1人のプレイヤーの所有物じゃありません。
 写真に目をこらすと、ボード上のラクダの上に何か乗ってやしませんか? あれ、人です。あれがプレイヤーなんです。プレイヤーは各色のラクダに1人ずつ乗っているコマをボードに置いています。乗っている人は人によって1色です。つまりはこれがプレイヤーカラー。ラクダは各プレイヤー共通カラー(全部使います)

 ルールを逆に言っている気がしますが、気にしないで前述の「繋ぐ」。
 手番に出来るのはラクダコマをストックから取って自分の色のコマが乗っている同じ色のラクダに繋ぐこと。ただし、他のプレイヤーの同じ色のラクダとは接さないという制限付き。まあ、1ターンに1つしか配置できないので地道なプレイとなります。ちょっと先に見えるオアシスが案外遠い(見えにくいですが、ボードは6角形のマスで区切られています)
 そう、何故遠いのかと言えば、自分の担当するラクダの色は4色もあるんですね(プレイ人数によっては5色) こちらを頑張れば、他のプレイヤーにあちらを締められ、両方頑張れば、片方しか取れない上、他の場所を締められたり。

 そう、「締める」。
 得点はヤシの木とオアシスがメインです。土地もありますが…… これも重要なんだけど、後述。
 オアシスはタイルなので取られて終わりなのですが、ヤシの木は「接する」だけで良いのです。これがちょいと困る話。ボードには6角形の升目がびっしり書かれている訳ですが、それはつまりヤシの木に接する場所が6つあることになります。6つもあるならと甘く見る事なかれ。先ほど書いた「同じ色は接することが出来ない」 上にヤシの木にたどり着いたプレイヤーがヤシの木を囲みだすんだ。これが。
 まあ、当然っちゃ当然ですが。
 えとですね、例えばうちが後1歩でヤシの木にたどり着くとします。けどね、あなたが先の手番。1つヤシの木の隣に置いてしまえばうちの歩数が3歩になります。配置しますか? と聞かれて「いいえ」と答えるプレイヤーは少ないと思います(苦笑) まあ、こういうことがそこらで頻発するのですね。やってやられて殴って殴られ(苦笑)

 どんどん前に戻る訳ですが、「同じ色は隣接しない」というルールのために、初期配置が大分重要になります。得点をただ稼ぎ出すゲームですので、他のプレイヤーとはできるだけ喧嘩したくない。けど、プレイできるボードは狭い。あと、色が4色もあるので、初期配置の順番によっては他のプレイヤーと同じ色のラクダが近くなっちゃうこともあったり。初期からきゅいきゅい言いますです。

 最初に3人がいいとか書いたのはこのため。比較的ボードに余裕が出来ますから。けどね、それ以上に狭いのが楽しいのだ。多分。

 後、最後にエリア。
 これが実はバカにならなくて、ボードの外枠をつかっていいと来ています。さらに1マス何点とかいう点の入り方をします。広い方が当然飛躍的に高くなりますわね。
 ボーとしていたらざっくりエリアを囲い込みで独占されて大量得点 とかいうオチがそこら中に落ちています。ちなみに囲い込んだら、その中にあるオアシスタイルも全てその人の得点になるのだから結構な魅力を秘めています。
 まあ、それでも「ヤシの木から遠い」 上、「邪魔されやすい」 のでこちらも結構頑張る必要があったり。

 この辺の戦略っていうのは初期配置の状況次第。最後の1色か2色置く辺りから激しい攻防戦。こっち置きたいけど、けどあっちの方が。そういう誘惑がいっぱい。けど、その誘惑を断ち切るような他のようなプレイ。そういった、陣取り系だけど、狭くて、譲り合うより「俺が俺が」的なノリを楽しむのが良いところかなぁとか(分かりにくい)

 いや、今回はうちの苦手ゲームですから、ここは1つ(汗) <変な書き方、テンションなのはね(滝)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告