キング・ルイ King Lui

P1010079.jpg

「キング・ルイ」 King Lui、Abacus、A.R.Moon, A.Weissblum作、3-5人、7歳以上、15分

 うちの好きなコンビ、ムーンとヴァイスブルムが作ったカードゲームです。
 まあ、いつもならコマが滅茶苦茶多いのですが、そこはカードゲーム。カードが多いです(とはいえ、アバカスの通常カードゲームボリュームですけど)

 テーマが何故かうちは大分気に入ってます。
 ルイ16世で栄えた時代。宮廷の料理はそれは華やかなものでした。そんな中でプレイヤーは宮廷のコックになります。ただ、このコック、ずるがしこいです。けど、律儀です。
 コックは料理を作ります。当然ですね(汗) 料理はルイ16世に出されます。けどね、コックだってお昼時にはお腹が空いているのです。ってーことで、王様に出す前にちょいちょい食べてしまいます。そして、余った…… ごほん。 コックが手を付けていない料理が王様に運ばれます。
 けど、相手は王様です。コックは王様以上に食べてはいけません。こっぴどくしかられてしまうのです。

 こうやって、上手く渡り料理を一番食べたプレイヤーが勝ちます。

 えーと…… そんなコックは大好きだ!

 さてり、ルールです。
 手番プレイヤーは山札から7枚ぐらい人数に応じてカードを引きます。
 そして、それらを種類別に分けます。
 後はスタートプレイヤーから順番にほしいカードの種類を全て取ります。上の写真だったら奥のカードになるのですが、パンを2枚取ったりできます。パンを 1枚だけっていうのはダメです。
 そうやって一回りしたら余ったカードを王様にあげます。王様のカードは手前のカードになります。ここに蓄積されます。

 これを繰り返して山札が無くなるまで行います。
 王様より食べては行けないのはもちろんのこと、他のプレイヤーが何を持っていて、どれを欲しているかを考える必要があります。
 どういうことかといいますと、例えばA君が肉を5枚持っているとします。写真でいうと王様は3枚しか食べていません(しかし、よく食べる王様だ) こういう時、めくられた7枚の中にある肉のカードは誰にもとってほしくない訳です。けどね、そうはいきません。例えば、Bさんが肉を持っていないとしましょう。そういう場合、場に肉のカードが出たら3枚ぎりぎりまでとり続けたらどうなるでしょうか? それに他のプレイヤーが乗っかってきたら……

 まあ、そういう訳です。カウンティングが結構重要。
 ちなみに王様以上に食べてしまうと、それは0点になる上、マイナス点があります。むむ。

 そして、他のプレイヤーの驚異になるものがまだあります。
 王様のペット、エメラルドちゃんです。アバカスのゲームを知っている人はピンと来るかもしれませんけども、エメラルドちゃんはドラゴンです。よく食べます(笑)
 山札にはエメラルドちゃんのカードが入っており、それを取ったプレイヤーはそのカードを使用して、王様が食べているカードを2枚捨てさせることが出来ます。まあ、王様がエメラルドちゃんのエサに…… 違う。エメラルドちゃんにエサをあげている訳です。

 そんなこんなで山札が尽きて得点計算。案外覚えていないもので、結構高得点を稼ぎ出すプレイヤーがいたり、数枚差で得点を失ったり。

 派手な面白さはありませんが、地味に面白い。そう言う意味でヴァイスブルムの力が及ばなかったのかもしれません(笑) 地味なムーンが頑張りすぎたとも(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告