ザウバーカクテル Zaubercocktail

P1010142.jpg

「ザウバーカクテル」 Zaubercocktail、Kosmos、A.Beenen、4-7人、10歳以上、30分

 ジャンルとしてはリアルタイム交渉ゲーム。実はこれでインストの6割終了(笑)

 で、レシピカードをめくり、今回のカードの価値を決めます。そして、各プレイヤーに10枚ずつカードを配ってプレイ開始です。
 手番は無く、リアルタイムで他のプレイヤーとカードの交換を行います。交換については多対多の交換となります。時によっては手札が減ったり増えたりします。
 で、「これでいいや」 と思ったプレイヤーからボード(箱もそのまま使います。箱の上にボードを置くのです)に自分のカラーストーンを置きます。このカラーストーンが3つ溜まったらラウンドが終了し、得点計算を行います。
 ここからが戦略のポイントになるのですが、手札から公開できるカードは2種類まで。そして、公開したカードのみ、捨て札となるのです。つまり、次のラウンドのために「貯め」を行えるのです。
 また、得点計算については、レシピカードに沿った得点の大きいプレイヤーから規定数しか入らないので、カードの交換を見つつ、今回の場は高そうだと思えば(大分難しいですが)、手を引いて次のラウンドにかけることも出来ます。

 あ、もちろん、ラウンドが終了したら手札が5枚だけ補充されます。

 こうして頑張りどころなど抜け目なくプレイできたプレイヤーが勝てる…… と思いたいのですが、プレイヤーによってはその豪腕と言うべき営業力で(笑)、毎ラウンドフルパワーで戦っている様な方や、手札がみんなバラバラの時にある程度の見限りを付けてギャンブル方、実は持っているのよ~ と他のプレイヤーの集めていそうなものを握り込む人など、多様な戦略をとれるのも楽しいところです。繰り返し遊ぶにはこの辺は良いかと思います。

 ただ、わいわいやる交渉が苦手、交渉自体が苦手という方には辛いかも。あと、じっくり考えたい人とか。
 まー、ザウバーカクテルという名前のごとく、適当な勢いでプレイするのが楽しいんじゃないかと思います。握り混みとかじっくりやりたいゲームでは無いかもねぇとか。

 結論的にパーティーゲームですね。わいわいがやがや。それを作者も望んでいるのでしょう。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告