魔界のコックさん In teufel kuche

P1010265.jpg

「魔界のコックさん」 In teufel kuche、FX Schmid、A.Randolph作、2-4人、7歳以上、30分

 ランドルフ節が炸裂したギミックブラフゲームです。

 各プレイヤーは各色の悪魔(コマ)を担当します。

 まず、最初に各プレイヤー4種類の料理を持ちます。蛇の姿煮? やクモの佃煮(そんなものない) と言ったお約束的な料理です。これらに密かに得点を決めます。得点は手元のカードホルダー(写真手前とか) に入れます。カードに数字が書かれているんですな。

 その後、ボードの小さい丸が書かれている場所に各プレイヤー順番に自分の料理を置いていきます。
 これで準備は終了で、手番が来たらサイコロを振って、自分のコマをスタート位置から出発させます。その途中料理を拾うことが出来ます。この拾う料理は誰のでも構いません。
 そうして、その料理をもって対岸の自分のゴールまで行けば、その料理の点数をオープンして、得点を得ます。

 基本的な流れは以上なんですが、そこはランドルフじいさん。ギミックとブラフが炸裂を始めます。
 まず、ブラフ。
 手元のカードには5.3.1.0があります。ゲーム終了条件は「誰かが10点になったら」ですので、自分のだけでは足りません。そういうことで他のプレイヤーの料理を取ることになるのですが、そこはそれ。
 如何に他のプレイヤーに0点の料理を渡すかというブラフが始まります。

 そのブラフにあいまったギミック。
 この料理を運んでいるのは悪魔です。悪魔は卑しいので、他のプレイヤーが持っている料理を取り上げることが出来ます。それを判定するのがボード中央の親方です。
 親方の背に当たる場所に写真ではかすかに見える赤いレバーがあります。あれ、しゅこしゅこ押せます。そして、あるタイミングでガシャン! と音を立てて親方登場です。
 戦いを挑んだ方は1回、挑まれた方は2回、そして挑んだ方は3回とどんどん押す回数を増やしていき、ガシャンっと登場させた方が負けなのです。あまりにもダメな料理っぽかったので親方にしかられちゃったんですね。

 しかもその悪魔はスタートに戻され、コック帽も没収されます。それでも負けちゃったら? それはあの世いき~ ということになって、ボードから取り除かれてしまいます。恐るべし、親方。

 ちなみに、0点の料理はミルクなのですが、これ、親方大嫌い。というか、神聖なものとして扱われているミルクは悪魔には毒そのもの。親方に一気に伸されてあの世行き。ばったばったとやっちゃう親方。最高です。

 こうして、相手に0を渡したいために大事そうにミルクを運んだり、そのつもりだったの誰も来てくれず、ゴール前をさまようことになったり、自分の5の料理を目の前でかすめ取られていったり、漸く運んだ料理がミルクだったり。

 まあ、言いように踊らせ、踊らされてください(笑)
 正直わいわい騒ぐパーティーゲームです。あんまり真剣にやっちゃダメです(苦笑) あ~ やられた~ ぐらいの某ショッカーの戦闘員ぐらいで(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告