GM紹介 みさき工房

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。

■■■ みさき工房 ■■■

 3回目は名古屋を中心に活動されているみさき工房さんです。
 昨年に引き続き中型ブースです。
 こちらも好評だった旧作アクションゲーム タイタニックの再販を行う予定です。


■■■ アルケミストのアトリエ ■■■
プレイ写真



 実はみさき工房の旧作アルケミのアトリエは未プレイだったりするのですが、それの発展版という位置づけて問題ないと思います。
 ゲーム的に言えば、オーソドックスなセットコレクションのゲームです。

 PS、PS2、PSP、PS3でガストから発売されているアトリエシリーズはご存知でしょうか? それをボードゲームにしたものがこのゲームとなります。マリーのアトリエ、エリーのアトリエなんかで調べれば、雰囲気はより理解しやすくなると思います。
 プレイヤーは錬金術師となり、森、山、塔等に行って材料を集め、自分の工房に戻って調合し、様々なものを作っていきます。その中にはなんの役に立つのか分からないもの、どんな病気をも治してしまう魔法の薬なんかがあります。

 また、こういった薬の依頼は酒場を通して出てきます(この辺り、ファンタジー系の小説、漫画を読んだことあるかどうかが分かれ目かもしれません(苦笑) うちにとっては極自然なことなんですが(笑))
 プレイヤーはこの依頼を通じて勝利点、お金を手に入れ、より高度な依頼へと進みます。

 もちろん、森や山にはモンスターが出たりなんかして、危険がいっぱいです。
 そのために自分の仲間を雇うことが出来ます。一緒に戦えば、今まで行けなかったような場所へ行くことが出来、珍しい材料が手に入るでしょう。

 ゲーム中は病気マーカーというものがあり、これがラウンド毎、高度な依頼毎に減っていき、0になったらゲームが終了します。
 その時点でお金は勝利点に変換され、それまでに得た勝利点と足され、最も勝利点の高いプレイヤーが勝者となります。


 正直、うち自身アトリエシリーズは2つコンプリート、1つは現在進行形(半封印状態(苦笑)) でプレイしているので非常にゲームが分かりやすいんですが、ファンタジー小説をあんまり読まない、ゲームとしてプレイしない人にはあんまりなじみありませんね(汗)
 とはいえ、そんなに構えずともいいと思います。ほんと、そのままセットコレクションのゲームです。
 ただし、うまく立ち回れないと他のプレイヤーより早く、より良いものは作れません。時には依頼を放棄することも大事な条件になってくるのではないでしょうか。

 また、注目はきれいなイラストでしょう。
 ボードや箱のイラストは素晴らしいの一言に尽きますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告