GM紹介 高天原

※写真、ゲーム概要など提供して頂ける作者様を募集しております。もちろん、HP掲載済みの画像使用許可とかももらえたら嬉しいです。 atckt●spielplatz○gmail●com ●> . ○> @ へ変換してください。


■■■ 高天原 ■■■

 2007年から活動参加させてもらってます。
 以前は中型ブースでしたが、今回は小型ブースです。



■■■ 伊能大図 ■■■

IMG_0117.jpg

 昨年のTGFが初出となります。そういう意味で純粋な新作ではありません。
 ただ、ほぼ初回生産分が完売となっているため、再版となっています。変更点は写真手前のボードですね。全部手で作っていたのを今回は萬印堂さんに手伝って頂いています。

 さて、ゲームに移って、テーマですが、伊能忠敬 という幕末前期の方をご存知の方は多いと思います。正確な日本地図を世界で始めて作った人として有名ですね。
 そこで、日本地図を作る というのがテーマです。正確には伊能忠敬さんをプレイヤーが手伝っていくようなイメージです。

 システムとしては、サンマルコのようなプレイヤーによるアクションの分配、そして、アクションのプロットとなります。
 手前のボードにアクションカードを全員で配置していって、1人のプレイヤーが横1列を担当する という感じになります。
 写真奥が各地図タイルとなり、人を派遣したり(ポーンの配置)、測量を進めたり(キューブの配置)を行います。これらは全てアクションカードによって行われます。

 地図タイルが完成した際、得点が発生し、測量したプレイヤーに得点が入ります。

 これらを5ラウンド繰り返して、最も得点が高いプレイヤーが勝者となります。



■■■ 黒猫タロット ■■■

IMG_0118_20100512184957.jpg

 タロットカードを使ったカードゲームになります。
 各タロットカードには数字が振られています。
 これらのカードを混ぜ、各自に均等に配られます。

 手番プレイヤーは数字を1つ宣言し、持っているプレイヤーはカードを捨てます。

 ルールのほとんどはこれだけです。
 一応これ以外にちょこっとしたものは付け加えていますが、これでほぼ出来ます。

 ジャンルは記憶系になります。
 カードはタロットカードを使っており、紙箱版にはタロット占いについての簡単な解説本(ほんとに小さいコピー誌)が付きます。

 写真にはありませんが、絵がとてもかわいく、描いてくれた絵師に感謝感謝です。



■■■ 平城の四君 ■■■

 実はまだ現物が手元にないので、写真はありません。
 何故かプロトタイプのでさえ写真が残っていないのですが。。。

 平城はへいぜい と読みます。平城京のことですが、どうもへいぜいと発音する場合もあるらしく、そちらを採用してます。
 四君は当時の権力者 藤原氏の四兄弟を示します。兄弟で政治家やってる感じです(苦笑)

 ゲームはカードゲームで、手札をプレイして、カードを集め、集めたカードから得点するというハンドマネジメント系になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告